真実なんだろうなと思う事は多い

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...
復活した後輩のブログ

復活した後輩の競馬予想ブログ

泥沼の競馬予想

人間、皆自分のために生きているので、行動や発言には必ずと言っていいほど意図がある。

変な話、ワクチンを3回打たないと海外からの帰国に制限がかかるのも、ワクチンを打つ事によって利権が生まれる人物がいるからだと思うのだ。

その自分の都合のため、規制や制約を作る。

同様に最近輸入牛の話がなかなかリアルだなと思うのだ。

ヤフーニュースで載っているが・・・・

日本では政治家、官僚、企業の多くが「今だけ、金だけ、自分だけ」という考え方をしているため、一部の有力者たちのせいで、世界中の最も危ない食材が輸入される「有毒作物・最終処分場」の様相を呈しているそうだ。

日本の国内では「エストロゲン」という成長ホルモンは、牛の飼育には使えないそうだが、アメリカが怖いから、輸入肉については「検査している」というけれど、検査を「ザル」にしていて、日本はちょうどいい『危ない食料の最終処分場』になっているそうなのだ。

アメリカでは“成長ホルモン”の使われていない「ホルモンフリーの肉しか食べない」という人が増えていて、大手スーパーマーケットのウォルマートなどでも、そういったホルモンフリーの肉の置き場が拡大していっている模様

一方で日本ではそういった成長ホルモンを使った牛が他に出せないからとバンバン輸入されるらしい。

アメリカやオーストラリアで、牛や豚を育てるときに餌に混ぜて使われる「ラクトパミン」という成長促進剤があり、これは発ガン性だけではなく、人間に直接に中毒症状を起こすものだそうだ。

EUはもとより、中国もロシアも台湾も「こんなアメリカの肉など食べられない」といって輸入を禁止しているのに、日本だけはそれらがバンバン入ってきて安く売られてる。

誰かの利権で知らない人がどうなってもいいというのは昔からあるけれども、分かりやすい魔女狩りをするよりはこういったものをちゃんと調べた方がいいと思うのだよな。

円安になっているので、ちょっと高くても和牛を食べるのが正しいんだろうね。

飲食店の肉もそう考えると怖いかもしれないよな。

物事には他人の意図が絡んだ何かが必ず存在するよな。

それが何かを考える必要はあるかもしれない。

安いアメリカ牛が輸入されるのは他では売れないからというと結構リアルな話だと思うのだよな。

ブログ村

↓応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村

リンク




競馬予想について
たまに問い合わせメールが来るので・・・

リンクを貼れば、そのまま回答できるように再度記事として記載しておこうと思う。

よくメール…

N島の糖質カットダイエットブログ

N島の糖質カットダイエットブログ

営業の会ブログ
ただのレセコン営業マンから独立を
副業支援ブログ

↓N島があなたの副業支援します

老後2000万円不足問題解決のためサラリーマンの副業開始を無料相談いたします

シェアする

フォローする