競馬予想について

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...

たまに問い合わせメールが来るので・・・

リンクを貼れば、そのまま回答できるように再度記事として記載しておこうと思う。

よくメールで競馬予想はどうしているんですかと届くことがある。

私はその都度回答しているのだが・・・・

私は自分で予想はしておらず、大学の後輩で競馬で食っている人物の有料予想を購入している。

2017年の秋口私は検証を繰り返した結果競馬における私なりの必勝法論を確立した。

そして2018年は大楽勝宣言をしたのだが・・・・

結果的には勝つ事は決まったが、全然楽勝じゃなかった・・・・

けれども、もう私はおそらく競馬で負ける事はないだろう。

まず、2018年12月11日現在、ひとまず競馬が後3週しかないので2018年度の勝ちは確定している。

これから年末まで毎週連敗しても浮くことが確定している状態なのだ。

まあ、見ていただければ分かるとおり開催されていた期間で94日間購入してのこの数字なので安定感は間違いなくフロックでもなんでもない。

開催で見れば負け越す事の方が多いのだが、勝ち方と言うのはこういう事。

それはいつものこれを詳しく読んでいただければと思う。

初心者が回収率100%超える方法

でもって2018年12月28日の最終が終わった時点での回収率は1%減・・・・

低い期待値を買いすぎてしまった。

274戦97勝で回収率100%超えているので、フロックではない。

まあ、2018年はこれとこの馬券でほぼ勝負ありで勝ち確定。

2018年1月20日中京2R アルベルティーヌ

2018年1月21日 中京6R メイショウテンセイ

2018年2月18日 小倉1R ソウルセイバー

2018年10月8日東京6Rムルシェラゴ

上記の馬券でほぼほぼ勝ちを決めることができたのだが・・・

私の予想が巧いとかメールが来たりするんだが・・・

別に私が上手いわけではない。

上記の初心者が回収率100%超える方法でも記載したが・・・・

物事はすべてを自分でやってはいけないのだ。

自分より優秀な他力を使う事。

これが一番大事で、自分が得意じゃない事は自分でやってはいけない。

今更0から自分で予想を研究するよりは、自分より予想が上手い他人の予想を活用し、研究し・・・

買い方を極めた方がよっぽど回収率が上がる。

なので先ほども記載したが、私は予想の精度が突出している後輩の有料予想の配信を受けている。

けれども勝てば官軍、実績がすべてだ。

2018年はもう勝ちが確定していると言う実績、結果がすべてだ。

その後輩について詳しく知りたい方はこの記事を読んでもらえばいいかと思う。

我が優秀な後輩についての記事

そしてその後輩のブログを見ていると・・・

結構トラックバイアス記載しているんだよな・・・

優秀な後輩のオリジナルブログ

後輩は馬の心肺能力を図るためラップタイム理論で予想をしている。

なのでクラスごとに毎回同じ予想結果に落ち着く。

これがどういうことかタイムなどで予想したことがない人にはわからないかもしれないが・・・・

安定感と精度が高くなる。

まあトラックバイアスを知るためには見ておいた方が良いだろう。

私が対価だしている後輩の予想ページ

上記が私が購入している後輩の予想ページではあるが、普通の専門誌などの予想に比べたら個人的には精度が高いと思う。

毎週ちゃんとしたレース回顧も来るし、実際に私が勝ち越せているのは上記の予想にフィルターをかけて有利なところだけを拾い、不利なところを避けているからだ。

そのまま買っても、普通の人よりは収支が上がると思うが、私は勝ちたかったし、他に勝てそうだと思える予想を見た事がない。

まあ、実際に私が勝っていると言う実績がある。

物事は結果を起点に考えるべきだし、結果が出ているのを疑うのはナンセンスだ。

2017年の年末に勝つと宣言して実際に2018年勝ちこした。

結果がすべてであり、結果が望む結果であればその人が行っている行動はすべて正しいと私は考える。

何しろ間違っていたら結果も望まぬ方向に進むからだ。

それに私はyoutubeでも勝負レースを全レースアップしているし、全動画を見れば嘘じゃない事が分かるだろう。

むしろ、当たりも外れも掲載しているが、上記のyoutubeで上げた勝負レースだけで普段の私の遊び馬券を排除していればもっと回収率は上がっている。

重賞レースとかG1とかで多分収支を5%以上落としていると思うのだ。

また、LINE@でも直前に勝負する馬を呟いている。

この予想を一度体感してしまうと、ラップ理論は最強だと思えてしまう。

正確にはそこに枠とコースと脚質を絡めていると思うのだけれども・・・・

ただ、ラップ理論は何が凄いと言うと・・・・

馬の心肺機能を数値化しているので、走るメンバーの相手関係も分かる事だ。

同じ馬でも弱い馬と走れば好走するし、強い相手と走れば凡走する。

ラップ理論で心肺機能を数値化し、その比較で物差しとして比べるとどの馬が強くて期待値が高いかが見えてくる。

その高い期待値のところの馬だけ買っていれば回収率は必然的にあがる。

まあ、私のように実際に勝っている人間が存在する予想の基準が知りたければどうぞといったところだが・・・・

競馬で勝とうとしたら茨の道だ。

マネジメントで苦しくて仕方が無くなる。

断腸の思いや、塗炭の苦しみを覚悟しているのであれば・・・・

勝ち組に入るという地獄への門を叩きこちら側に来ることを歓迎する。

私の苦しさ分るだろうなあ・・・・

やり始めたら・・・・

でも勝つって事はそれだけ苦しい事なんだよな、精神的に

競馬やギャンブルは楽して勝てるものではない。

徹底したセルフマネジメントが必要だし、忍耐力が必要。

期待値が高いところだけを拾って、期待値が低いところを避ける。

上記の私のように的中率35%くらいあったとしても、15連敗当たり前。

それを受け入れて、もう駄目なんじゃないかという連敗もぐっと我慢して延々と期待値の高いところに同じBETを続け・・・・

ブレずに張り続ける

それしか勝てる方法はない。

けれども、こちら側を覗いてみたいなら・・・

上記リンク先すべてを見てみて欲しい。

初心者が回収率100%超える方法と後輩との両方だが・・・・

どこかで私は競馬で勝ち続ける事の苦しみを共有したいのだろうな。

多分、物事は詳しくなればなるほど、同じレベルで理解している人の絶対数が減少し、自分の言っていることが伝わらなくなる。

その孤独が嫌なんだろうな、共感を求めていると言うか・・・・

なので伝わる人を求めてこんなことを記載しているんだろうなと思えてしまう。