まずは生き残れだよな・・・・

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...
復活した後輩のブログ

復活した後輩の競馬予想ブログ

泥沼の競馬予想

さて、最近思うんだけれども近隣の飲食店が閉店するようになれば、自分の店は生き残りやすくなるよなと・・・・

内外装までしてやろうと思う店舗が少なく、撤退をしてくれるようになれば必然的に生き残りやすくなる。

補助金が麻薬となって営業しなくなった高齢の店舗がもういいやと撤退してくれないかなとか思うけれども・・・

飲食店の基本は兎にも角にもランニングを落とす事だよなと思わされるのだ。

自宅兼の店舗じゃないと廃業率の壁は超えられないと思うのだ。

飲食店を開業してからの生存率は、2年で50%、3年で30%、10年で10%らしい。

私のところは補助金のおかげでひとまず2周年の50%は乗り越えられるし、3年の30%もまあ生き残れると思う。

けれども10年は難しいかもしれない状況。

なんとか、仕掛けを打って10年もつ店舗にしなければならないが、やはりすべてにおいて言えるのが人だよな。

そういえば・・・

こうコロナが流行って規制がある状態だからこそ、敢えて居ぬきの物件で要請無視して荒稼ぎをし、協力金貰える状態になったらそちらにするという手もありだと思うんだよな。

協力金対象じゃない店舗なので要請に応じれません的な。

まあコロナの環境の影響もあると思うので・・・・

人が外に飲み歩くのが当たり前になってからどうなるかだけれども・・・

チラシを何度も配布して認識や過去のお客さんの発掘を行いたいよな。

そしてつまらなければ客は来ないので、土曜日に集めるよにして、土曜日もスタッフを多めに入れようと思うのだ。

後は単価を2周年のタイミングであげようと思うのだ。

そうしないと赤字を脱出することが難しそう。

利益をどうやって上げるかが重要で、人数を常に集めるのも難しいとなると、単価を上げるしかないよなあ・・・・

まあジョージソロスの言葉を考慮すれば、まずは生き残れ、儲けるのはそれからだとあるからな。

生き残りを重視して他が撤退するのを待つべきなんだろうな。

近隣のスナックに平日市場調査に行くのもありだと思うし。

それもやらなきゃな。

ブログ村

↓応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村

リンク




競馬予想について
たまに問い合わせメールが来るので・・・

リンクを貼れば、そのまま回答できるように再度記事として記載しておこうと思う。

よくメール…

N島の糖質カットダイエットブログ

N島の糖質カットダイエットブログ

営業の会ブログ
ただのレセコン営業マンから独立を
副業支援ブログ

↓N島があなたの副業支援します

老後2000万円不足問題解決のためサラリーマンの副業開始を無料相談いたします

シェアする

フォローする