早速ハローページの区のデーターリストを購入してやった

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...
復活した後輩のブログ

復活した後輩の競馬予想ブログ

泥沼の競馬予想

ということでスピード感のある実行に勝るものはないと思っているので・・・

早速4.3Kくらいで私の店舗のある区の法人と個人のCSVデーターを購入してやった。

見てみたら横浜市の一つの区で法人でも3000くらいあるし・・・

個人でも7000名くらい登録されているのね。

個人のデーターが乗っているという事は未だにNTTの固定電話を使っており、ハローページに掲載されちゃうような情報を出している方なので、それなりの高齢層なんだろうな。

ということは昼カラとか普通のカラオケ飲食店の営業に向いている対象かもしれない。

まだ地域で絞ってはいないがそれでも結構ありそうな気がするよな・・・

ふと考えてみたんだけれども・・・

ハローページに掲載されているという事は若年層ではないと思うのだよな。

場合によっては貧困ビジネスの対象になったり、保険屋さんとか価値があったりするデーターのような気もするが・・・・

逆に近隣ならDM撒いてみてもいいかもしれないね。

ハガキ型DMでもいいかもしれないけれども・・・・

昼カラをやってくれる優秀なスタッフがいれば昼カラメインで夜につなげる形で営業してもいいんだけれども・・・

それをやるなら個人宅に昼カラ売りでDM投げたいよな・・・

まあいずれにせよ緊急事態宣言というか時短営業終わった後になるけれども・・・・

ひとまず大元のリストを手にするという作業まではやったので・・・

次は絞り込みリストの作成と、FAX番号の調査だな・・・・

何件あるかによるが・・・

区で3000件なので・・・

自分のリストで絞ったら100件もないかもしれない。

まあエクセルのフィルターかけてみてになるかな・・・・

それと、スタッフのデフォルメのアニメキャラをココナラで依頼して作って・・・・

ずっと店舗で流しているパワーポイントのプレゼン資料をもっとすっきりさせたい。

これもココナラで実施しようと思っているが・・・・

人間なんでもまずはやってみて効果を見ないと駄目だよな・・・

そんでもって、こないだBARで話をしていた時に・・・・

ドラクエか何かのすれ違い通信で集客をしていたバーテンダーさんの話を聞いておやと思った・・・

すれ違い通信でどこでBARをやっているなんてプロフィールを記載したら意外に集客できて今でも常連のお客さんがいるようなのだ。

昔、ドラクエの地図を交換するDSのすれ違い通信があったが・・・

あれでメタルキングしか出ない階が存在するマサユキの地図ってのがあったんだけれども・・・

確かあれ、川崎のコインロッカーか何かにすれ違い通信オンにした端末をぶち込んでいただけのはずなんだよな・・・

そしたら物凄く多くの人があの地図を手にすることができたのだ。

それと同様で、ニンテンドースイッチとか何かで強いコンテンツのすれ違い通信は存在したりするのだろうか。

だとしたら最寄りの駅のコインロッカーに私もすれ違い通信をオンにして持ち主のプロフィールを書いて放っておけば多少集客できるかもしれない。

電池がどのくらい持つかと、ただ人を雇ってビラ配りするより、駅のコインロッカーでそれに興味がある人に絞って収穫できるので・・・

馬娘とかですれ違い通信があるなら・・・・

それをやらなければ駄目だよな・・・

ただ・・・

そのためにスマホ1台買うのはあほらしいが・・・

いや・・・

充電期間を考えると2台で交互にになるんだろうな・・・・

広告塔となってくれて、馬娘の馬の内容は私は分かるはずなので・・・・

人雇ったり、DMを配ったりするよりは安くていいんじゃないだろうか。

何しろ、コインロッカーの一日300円とかでいけるのだから。

強いコンテンツに乗っかってすれ違い通信営業と集客なんてのもありなんじゃないかと思う。

でも自分に興味がないコンテンツだと厳しいよな・・・・

これは誰かに聞いてみた方がいいが、今人気ですれ違い通信をしているコンテンツがあればこれはやってみるべき。

強いコンテンツを把握していない弱みがあるが・・・・

まあでも考え方としてはこれも面白いと思うのだ。

となると・・・

まとめると現状の黒字化するための集客戦略としては下記のように思う。

まずは手にしたリストでFAX営業

次に昼カラで良いスタッフがいれば、ハローリストに載っていそうな固定電話を使っている個人宅にDM送付で昼カラ営業

多分、高齢者が多い

次に、近所でいつも予約しないと入れないフード店があるので、ここで店名義で出前の交渉、これは無理だとしてもうちのスタッフがお土産を取りに行く戦略で店名を覚えてもらい、継続購入で認知度を上げる。。

かつある程度購入期間を続けたら、もし人気店で入れない客が居たら紹介してもらい、うちでならお土産をスタッフが引き取りに行くのでと断らなければならない客を回してもらう交渉をする

その代わり、つまみ類はすべてそこのメニューを置かせてもらい、うちの飲食店でそこのフードを食べれるようにする。

ある程度関係性ができれば紹介してくれたり、来てくれる可能性もあるので、地域の一番店だし、そこに顔を覚えられているスタッフもいるので入り込みやすいと思うのだ。

そして次にすれ違い通信のようなもので人が通ったら自分の情報が見れるようなコンテンツがないか、ゲームがないかの調査とあればそれをやる。

ニンテンドースイッチとかならあり得りそうなんだけれどもな・・・

これはBARなどで人の情報収集かな・・・

モンスターハンター何かだったらやった事ないがコンテンツとして強そうなのだけれども・・・

できれば競馬系のアプリの方がいいが・・・・

すれ違い通信アプリとか友達検索系の何かでも良いかもしれないな・・・

駅のコインロッカーに置いたままにすればよい宣伝方法を何か考えるというか、調べたい・・・

人間知恵を出そうと思ったり、情報発信していると意外に閃きやヒントなんかあるもんだね。

やはりやらなきゃ駄目だ、何事も・・・・

本当はここにTwitterやインスタグラムなんかも必要なのかもしれないが・・・

店の状態を考えるともう少し年齢層が高くないとなと思うのだ。

上手くいったら同様の方法で他の店舗もやればいいだけの話だし・・・・

そのノウハウで0から自分で新しく店を構築するというのも悪くないかもしれない。

まあ、まずは結果次第と時短営業終わらないとタイミングの問題で駄目かもしれないが・・・・