dreamers Message for you

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...
復活した後輩のブログ

復活した後輩の競馬予想ブログ

泥沼の競馬予想

さて表題のタイトルは結構好きな黒夢という昔のビジュアル系バンドの曲「spray」の歌詞

というわけでちょっとまとめて返信をしない事が某読者様にあるのだけれども・・・

まだまとりまりきっていないのでブログ記事で発信をしようと思い本日の記事

ちょっと前に書店で見かけたのだが・・・

キメラゴンという人物をご存じだろうか?

現在17歳で通信制の高校で学びながら六本木ヒルズか何かに住む実業家だ。

この実業家が執筆したビジネス書が書店に並んでいるんだが・・・

この考え方というのがやはりほとんどのビジネス書と共通しており・・・

読んでいて私自身のマインドもそちらに少しづつ近づいてきたなと思えたので、もしかしたらDOの連続性の連環の先に望む世界があるのかもしれない。

元々どう考えても本気で世の中実力主義だと思っている私にはサラリーマンはまるで向いておらず・・・

役職者が自分より優秀じゃないと指示に従えない病を抱えている。

逆に優秀な役職者がどういう者かを知ってしまっているので、もう会社員をずっと継続する事は私には難しいんだろうなと思えるのだ。

時代もそんなことを許すような甘い時代ではなくなってしまったし。

サラリーマンを継続するのはそれも才能が必要だが・・・

そもそも忍耐してもいい事はないんだよな・・・

宣言してしまい、恥をかきたくない気持ちを利用してやらざるを得ない状況に追い込むとは、分かっていてもなかなかできる事ではないんだよな・・・

何しろ面倒くさいし、やはり行動だけが前進のための一歩と分かっていても苦行が嫌だと思ってしまうのだよな。

ただサラリーマンは優秀じゃなくても生き残れる戦場なので・・・

やり方次第では無能で役員になることも可能だし、何もしないでぶら下がる覚悟を決めて生きていくこともできる。

ある意味、救済措置に近いシステムとなっているんだが・・・・

サラリーマンが割に合わないと記載されている本にも、中間層の結果を出すサラリーマンがぶら下がることを決意したサラリーマンを落ちないように支えており、頭が支えているので出世をするわけでもなくサラリーマンとしての恩恵をまるで受け取れないと記載されていた。

まさに一番割に合わないサラリーマンのポジションだな自分がと気づいてしまったのだ。

だとしたら、生殺与奪を握られ、一番割に合わない生き方を選択するのは間違っているんじゃないかと思うのだ。

だからこそ、なんでもやってみるべきだと思うのだ。

まあキメラゴンという人物が生き残ったのは中学生の事業家という他者との差別化できるポジションを持っていたからなんだよな。

圧倒的若さや圧倒的高齢等でもない限り・・・・

注目を得るための優位性は手にできない。

だからこそ私の場合は手数を打ち、行動をして、経験を発信し、縁やチャンスを掴むしかないんだよな・・・

そんな中・・・・

金融庁の報告書に端を発した「老後2000万円問題」が衝撃を与える一方、コロナ禍でますます先行きは不安に……。「将来は不安だが、投資をするのも怖い」と人々が考えるのは当然だ。 そんななか、30代で資産

この記事にもあるようにやらないことリストって大事なんじゃないかと思うのだ。

ギャンブルの勝ち方も考え方は間違っていないが、負け方を学び、負け方を避ける事

まさにやらないことリストと共通してはいないだろうか?

つまりやらない決断を決めていけば集中して物事を行うことができると言う物。

ということで私もやらないことリストに定年までサラリーマンを続けるという事を入れようと思う。

そんな中、打ち合わせをしてきた内容をまとめていたのだけれども・・・

私は繰り返しになるが歯科業界はかなり良い業界だと思っている。

周囲が職を失ったり、生活できないとか言っている割には・・・

患者が少ないとは言え長くやっているところは特段日々の経営に困っているようには見えない。

不景気に強く、個人事業主なので院長に会えば大体決済権者・・・・

そして、ニッチなので大手の参入がなく・・・・

パチンコ業界と違って超優秀なライバルを見かけない。

一人親方も多数存在し、決してなくなることはなく国が支えてくれる。

そして結構どこの会社も人が辞める離職率が高い未成熟な会社ばかりなのに潰れない。

こんなに良い業界なんて存在しないと思うのだ。

ただ・・・

何年かに一度来る仕事上の逆風の嵐が昨年の秋口から続いているんだよな・・・

やることなすこと裏目で仕事上物凄く嫌な思いをすることの連続なんだけれども・・・・

過去は全部こなしてきたが・・・・

最近の歯ちょっと続きすぎてヤバイ・・・

私が悪いという感じはしないのだけれども・・・

ちょっとしたことが変なクレームになったり、言いがかりつけられたり・・・

これも何かのメッセージだと思うので・・・

急いで自分でどうにかしないとまずいよと言う警告なのかもしれない・・・

会社の方針発表会の時の財務諸表おぞましかったしな・・・・

まあ、そんなわけで・・・

私が何かをするとしたら歯科業界以外考えられない。

こんなに生き残れる可能性を感じる業界は他にはない。

で、丁度明日からDMを600枚打ったのが届くのだが・・・

反響0はつらいので・・・

多少は返信や問い合わせがあるといいなあ・・・

まあダメで元々なんで・・・

これで駄目でも懲りないのだけれども・・・・

そんな中、話を聞いていて面白かったのがジビエだ。

これをちょっと視野に入れている。

元々うちの飲食店にいた美人スタッフが今はジビエの飲食店にいるんだが・・・

こないだ食べたら、肉は堅いものの脂がなく結構美味かったのだ。

ジビエを歯科医師に売れないかとそこで思ったのだ。

勿論、食用でもペットフードのブランドを作ってでもいいかなと思っている。

なんとなくペットフードのブランドでジビエってそんなに難しくはなさそうな気がするんだよな・・・

友人の転売ヤーで法人化した友人もアマゾンでペットフードの出品もできるみたいだし・・・

ネットで検索するとジビエのペットの食いつきがいいとか毛ヅヤが変わるとかも記載されている。

で、ジビエの何がいいかと思うと・・・・

まじは大義名分があることなんだよな。

害獣を駆除する事で農家が助かる。

そしていただいた命を無駄にしない。

食べる人やペットにとってヘルシーである。

売りて良し、買い手良し、世間良しの近江商人の三方良しだと思うのだ。

これに協力しているという名誉になるような特典をつければよりいきなりステーキの肉のステージみたいのを考えておけばいいんじゃないかと思うのだ。

これに関してはおいおい考えるとして・・・・

で、歯科医師への通販の食用とペットフードでいくとして・・・

私に必要なのは通販サイトだよな・・・

自分でPAYPALとかクレジットカード決済の買い物かごとか導入したホームページをワードプレスで作ってみたが・・・

如何せん、これに関しては私にスキルがない事が分かった。

なのでココナラで他でも転用できそうな決済通販サイトを作成依頼してみようかと思う。

これもお店の経費として切ればいい。

可能であればお店のホームページと共に来年の国の小規模事業者持続化給付金を申し込めばいい。

そして、もしジビエが駄目ならその決済サイトで箱だけ作って違う物を後日売ればいいだけの話なので・・・・

まずはやらなきゃ始まらない。

でもってペットフードや食品を販売するには何かの許可が必要なんじゃないかと思うんだよな・・・

これもまあ調べるとして・・・

ペットの方であれば法律上は器物にあたるので言うほど厳しい許可は必要なさそうに感じる。

あとは人の食べ物と犬と猫の食べ物で駄目な違いを調べなければならない。

塩分だったり、チョコレートは駄目とかあったはず・・・・

で問題は加工をどうするかだけなんだよな・・・

歯科医師という売り先は見つけてある。

アマゾンという販路もある。

そしてジビエを狩猟している人とのつながりもある。

後は、狩猟した獣肉の加工をどうするかだけなんだよな・・・・

まず、禁猟期間と言う物もあると思うので・・・

どの時期に何が獲れるのか?

ジビエの肉の種類と提供時期が必要。

そして狩った獲物の価格だよな。

どの種類の獣肉がどのサイズでいくらなのか?

後は関東圏への送料と送付方法

常温なのかクール便なのか・・・・

後はどのくらいのペースでどのくらいのボリュームの獲物を狩れるのか

後は保存可能期間と賞味期限と消費期限

包装形態が小分けなのかシール張ったりできるのか。ラップで包むだけなのか・・・・

後、味と加工方法が重要だ。

加工所をネットで見ると狩ってから1~2時間以内じゃないと食肉加工してくれないらしい・・・

腐食しちゃって責任とれないからかもしれないが・・・

一番重要なのは食肉加工をどうやっているか

その過程でこれはペット向けではないという部分があればそこだけ変えてもらえればいいので・・・

それほどハードルが高い事はないんじゃないかと思っている・・・・

色々同時進行したいところだが、これはまだそんなに急がなくても大丈夫そうな気がするんだよな・・・

まずは情報収集で、ひとつずつ問題を潰していけばいい・・・

後はドックフードやキャットフードを人間が試食していると思うんだが・・・

私も買ってきて実食する必要があると思うのだ。

それで薄味なのか違いを知れればと思う。

まずはコンビニでペット缶を見て原材料等を確認し、覚悟を決めて酒のアテにしながら味を確認しなければならないかもしれない・・・

そう考えると、手っ取り早いのが獣医さんに聞くのと、ワードプレスの決済サイト作れる人探す事かな・・・

そういえば大学の友人が元獣医大学中退だったな・・・・

当時の友人がいればつなげてもらえるかもな・・・・

嫁を私が紹介したという事もあるし邪険にはできないだろう。

そんな進捗を連絡しながらも記事にしつつ・・・

誰かの何かの刺激になればなと思っている。

まずはDOしかないよな、凡人は・・・・