神奈川県時短営業協力金注意点と情報と組み合わせと時間と・・・・・

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...
復活した後輩のブログ

復活した後輩の競馬予想ブログ

泥沼の競馬予想

ようやく神奈川県の第3弾時短協力金が2月5日に振り込まれた・・・・

令和2年12月7日(月曜)から12月17日(木曜)までの協力で私は申請を2020年12月29日にしたのだが・・・・

一度書類の期限切れで再申請したとはいえ・・・・

実施から約2か月・・・

これ・・・

大手でコスト大きいところだと間に合わないよな・・・・

逆に第4弾は令和2年12月18日(金曜)から令和3年1月11日(月曜・祝日)で12日に申請したのでかなり早期に申請したが・・・

これはどのくらいになるんだろうな・・・

そして1月12日から2月7日までの第5弾の申請は2月8日から始まるみたいだが・・・・

私は早朝から栃木で仕事しているので申請遅れそうなんだよな・・・

これ明日再度、必要事項を確認してスムーズに申請できるようにしておかないとな・・・

第4弾や第3弾が通っていれば比較的通りやすい気がしている・・・・

ただ・・・

2月8日から3月7日までの第6弾・・・

情報弱者を削ろうとし始めたのか・・・

しれっと別の登録を神奈川県でしてそれを掲示して申請しないと対象にならないとか実施の三日前にいきなり書かれていた・・・

感染防止対策取組書の掲示という奴

ネットで店舗を登録しPDFを印字して店舗に貼っていないとならないらしい。

PCやスマホがない方は直接役所にとは言うけれども・・・

いきなり2月5日の金曜日に告知されて土日に役所やっていないと思うんだよね。

これ酷いね・・・

情報弱者の小さい飲食店を弾くための施策かなと思えてしまう。

今まで記載がなかったのと急に三日前に言われても間に合わないところ結構出てくるんじゃなかろうか・・・・

高齢者の小さなスナックなんかは気づかないし、ネットが使用できなければ登録間に合わないと思うんだよな・・・・

知らないという罪には罰を与えられるということか・・・・

にしても・・・

本日打ったDMが届くはずなんだが・・・・

当日は反応0・・・・

完全無反応だけは避けたいんだけれどもなあ・・・・

まあ、そうなったらそうなったらでそれも一つの結果

何が悪かったかを考えて次の一手を打てばいいだけの話・・・

飛ぶように売れるって話だったんだけど、価格設定かな・・・・

まあでも自腹でやってみるという経験は重要なので・・・・

ひとまずは2週間くらいは様子見かな・・・・

で次はジビエで考えていたんだけれども・・・・

よくよく考えれば組み合わせって無限大だよね・・・

ヤフーニュースを見ていたら・・・

また一つヒントが落ちていた・・・

このお店自体も100日後に死ぬワニの丸パクリなんだけれども・・・

でもそれでいいという事だよな・・・

冒険家・植村直己は、「冒険で死んではいけない。生きて戻ってくるのが絶対、何よりの前提である」と生前に語った。世の中の冒険家はゴールすることが何よりも大切なのであり、これがまた難しいのである。 アメ

これを自分がやろうとしているジビエのペットフードのOEMで同じことすりゃいいんじゃないかと思うのだ。

1000日後に生産中止になるジビエペットフード・・・・

考え方としては間違っていない気がするんだよな。

まあ、希少性を上げるためにもう少し日にちは削ってもいいとは思うが・・・

永続的にヒットする商品なんかコーラみたいなものくらいなんだから・・・・

いずれにしてメニューや商品は変わらなければならない。

ずっと楽な状態を放置させてくれるほど世界は甘くない。

だとしたら最初から寿命を決めておいた方がいいんじゃないだろうか。

ナタデココも、ティラミスも、タピオカも・・・

寿命を決めていないから死期も早まるんじゃないだろうか・・・

いや・・・

何も流行物だけではないよな。

人間も何かすると決めていないただ生きていると、いつまでにどうするという期限を切らないと人としては死んでいる気がするんだよな。

これで、組み合わせとしてはジビエ×歯科業界×100日後に死ぬワニというトリプルのかけ合わせの発想はできたわけだ。

後は箱作りと加工だ・・・・

どう考えてもクレジット決済可能なネットショップは必要なわけで・・・・

ベースを使ってもいいんだが・・・

人が作ったプラットフォームは生殺与奪を握られている危険があるんだよな・・

その分、自分で作ったワードプレスのページは独立国家のような物・・・・

誰からも侵害されないし、手数料も安いが・・・

メンテナンスや労力がなあ・・・・

まあこんな当たるかどうかも分からない発想を私より先に実行する人なんていないと思うので、焦らずに詰めていきたいが・・・・

まずはやってみたい。

世の中何が当たるかなんて分からないし・・・

少なくとも、絶対に赤字になると思っていた飲食店だってやってみたら、意外に面白かったり、延命措置を国が講じてくれたりすることもあるわけだ。

やらなければ分からない。

なんでも是が非でもすべきなんだよな・・・

そしてその経験がエピソードになり、他者に話せるネタになる。

本当に何もしない人が一番話していてつまらない。

今じゃなくて過去を生きているんだよな・・・・

最近ようやくトークが分かってきたんだけれども・・・

話がつまらないのは相手に興味のない自分の話をするからで・・・

今を生きていないと、過去の栄光の自分の話をしがち・・・

そんなの誰も興味がなくて、トークの主体は相手と今の話

自分の話なんかいらないんだよな。

男性向けには過去のエピソードや情報の提供でいいときもあるが・・・

それでも、それだけだとつまらない。

主体は相手で、相手の今の話だよね。

そんなことを思わされた。

よくよく考えれば、うちの飲食店の酔客も・・・・

過去は自分はこうだったんだと話よくされるんだけれども・・・

いやさ、今のあなたはどうなのよと思ってしまう時もある。

今駄目じゃ、過去どれだけ凄かろうが未来も老化というもっと駄目になる要素しかない。

前進感あるために何かをしているなら話は別なんだが・・・・

だからこそ、何かをやれるならなんでもやるべきだと思うんだよな。

過去の自分で生きないために。