JRA騎手ランキング回収率別

スポンサーリンク

さてと、引き続き騎手のランキングを記載したいと思う。

まずは、今年の6月1日時点のリーディングを掲載する。

勝ち鞍騎手ランキングの実績

ランキングの21位までになる。

前年度と比較してみると、大体上位の顔ぶれは変わらない。

リーディング上位にいても勝率等は大分ばらつきがあるようだ。

と言う事は勝ち鞍が多かったとしても、勝率が低く回収率が低い可能性は十分に考えられる。

いわゆるたくさん乗っているだけというケースも考えられる。

上記で見ると内田騎手の勝率がかなり低いと感じるのだ。

まあ、勝率なんかも1つの結果だけれども、良い馬に乗っていれば高くなるし、かといって配当が低ければ回収率が下がるので負ける。

あくまで参考程度でリーディング上位で勝率が低かったら騎手に問題があって営業が上手いだけかもしれない。

ということで・・・

リーディング騎手ごとに回収率をあげていってみたいと思う。

まずは去年も1位だったルメール騎手から

こちらは全体の単勝回収率でみると80%

お次がデムーロ騎手

デム様だ。

こちらの全体の単勝回収率は91%

これは素晴らしい成績

重賞だけ、特にG1だけ1番人気を否定して馬券を買うと大幅プラス。

恐ろしい騎手だ。

そしてリーディング3位の騎手は・・・

川田騎手

こちらの単勝回収率は83%

そして4位が戸崎騎手

戸崎騎手の単勝回収率は75%

5位は今年のダービージョッキー福永騎手

福永騎手は単勝78%の回収率・・・・

還元率を下回る感じだ・・・・

でもって6位の内田騎手・・・・

これは酷い。

単勝回収率が69%・・・・

あまり買いたくないと言えるかもしれない。

そしてリーディング7位の田辺騎手

デムーロ騎手以外で唯一の単勝回収率90%台

と思っていたら松若風馬騎手も90%台だった。

素晴らしいの一言だ。

特にダートの特別レースだけ、1番人気を否定すれば回収率100%超える。

回収率だけで言えば日本人騎手NO1なのではないだろうか。

お次はリーディング8位松山浩平騎手

こちらの単勝回収率は82%

ルメ様よりも上にいる。

特にダートの方が上手いようだ。

そしてその後の9位は北村友一騎手

こちらの回収率も立派な物。

回収率87%だ。

そしてリーディング10位の藤岡祐介

まったく上手いと言うイメージはないが・・・・

単勝回収率89%は数字的には立派としかいいようがない。

そして、最近はかつての栄光が見えないが岩田騎手・・・

単勝回収率は75%になる・・・・

そして・・・

一番有名な騎手と言えば、この方だろう・・・

武豊騎手

単勝回収率は内田騎手と同じで69%

これは酷いと言わざるを得ない。

そして丸山元気騎手・・・・

個人的には毎回騎乗ミスするし、実は私個人の回収率においては最悪レベルの騎手・・・・

なのにデーターは立派でダートのみなら回収率100%を超えている。

全成績でも89%と優秀

信じがたい・・・・

これだからちゃんとデーターってみないと駄目なんだよなあ・・・・

そしてお次が松若風馬騎手

これも衝撃的だったのだけれども・・・・

単勝回収率92%ってデム様と同じ・・・

けれども騎乗数と勝ち鞍が少ないのでそのまま鵜呑みにはできないが、相当立派な数字だ。

そして・・・

石橋脩騎手・・・

これはゴルフが上手いゴルフ営業で騎乗数が多いのかもしれない・・・厳しいと言わざるを得ない数字・・・

単勝回収率は71%・・・

勝率も6%と酷い・・・・

人気馬の石橋脩騎手は消しかもしれない・・・・

そして・・・

個人的に辛いと思っていた幸騎手

これも70%と・・・・

リーディング上位では危機的数字だ。

そして・・・

藤岡康太騎手・・・・

これも単勝回収率71%と結構厳しめの数字・・・・

そして武豊の再来と呼ばれた個人的にもなるべく避けたいあのお方

三浦騎手だ。

単勝回収率67%・・・

特別レースに至っては46%・・・

重賞やG1では迷わず消したい騎手だ。

そして、今年ベストパートナーのテイエムオペラオーが亡くなったあのお方

和田騎手

こちらは回収率77%

このリーディング順位にしてはかなり健闘

そしてお次はこの方

以前は芝のG1で酷い騎乗を何度も見て悪いイメージがついていたが・・・

平場の鬼で関東のダートにおいては田辺騎手に次ぐのではないかと思えている。

回収率は全体で84%あり、ダートに限れば94%

相当優秀な数字だ。

そして、以前は1番人気を否定して単勝を買い続ければ浮くと言われたこの御方。

大野騎手

やはり、優秀な数字

全体でも回収率85%あり、芝に限れば90%

この騎手も相当上手いと言える。

リーディング上位騎手じゃないと大穴1回で回収率が跳ね上がるため、ランキング21位までで見ている。

無論、これ以降に浜中騎手や池添騎手がいるが・・・・

回収率100%は当然超えていない。

回収率別騎手ランキング

上記の成績を加味して・・・・

勝ち鞍の数と回収率別でみると、上手い騎手のランキングは下記の通りになる。

あくまでも回収率の騎手ランキングだ。

1位 ミルコ・デムーロ 騎手

これは文句なしだ。特別レースのみで回収率100%超えているし、全体で91%もあるのに1000勝ジョッキーまであとわずか。

本当に実力がなければこの数字は出せない。

2位 田辺裕信 騎手

こちらも1000勝近くて単勝回収率90%台。1番人気と芝を否定すればダートで単勝回収率100%を超える。

3位 藤岡祐介 騎手

まったくイメージがわかないが、回収率89%と勝ち鞍数は間違いなく上位。

イメージとデーターの違いを思い知らされる。

4位 北村友一 騎手

下手ではないとは思っていたけれども回収率は立派な物。回収率87%は見事だ。

勝ち鞍も500勝を超えているし、結果的に上手いのだろう。

5位 丸山元気 騎手

個人的にはいつも騎乗ミスしているイメージだが、回収率は89%でダートに限れば100%を超えている。

勝ち鞍がローカルが多く、少ないのでちょっと順位を落としたが、回収率だけで言えばデム様に匹敵する。

6位 松若風馬 騎手

こちらは回収率92%とデムーロ騎手と全体で同じなのだけれども勝ち鞍がまだ200勝と少なく、減量騎手だった時の大穴馬券等が影響を与えていると見て、順位を下げたが純粋な数字だけ見れば1位と同率。

芝が上手いタイプで1番人気の芝を否定すれば100%超えるんじゃないだろうか・・・

7位 北村宏司 騎手

これは回収率84%とかなり高い数値だし、平場のダートに限れば回収率94%

1000勝超えているし、真の実力者かもしれない。

ただ、大舞台でどうも一歩及ばない事が多い。

平場で勝つ競馬とG1で勝つ競馬は違うと言う事だろう。

8位 川田将雅 騎手

こちらも1000勝超えていて回収率が83%と抜群の安定感

9位 大野拓弥 騎手

勝ち鞍が少ないので下げたけれども回収率85%は立派な数字

ダートよりも芝が得意のよう。

10位 松山弘平 騎手

この騎手も回収率82%と数少ない80%超え騎手

2018年6月1日時点で500勝まであと1勝に迫っており、実力があると言える。

そして、肝心のルメ様は回収率80%なので・・・・

十分上手いとは思うけれども、イメージほどではないとデーターを見る限りは言える。

回収率で見た騎手ランキングで考えると・・・

本当に上手い騎手が見えてくるかもしれない。

初心者が回収率100%超えをする方法目次に戻る