神奈川県時短営業協力金の第7弾~第10弾

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...
復活した後輩のブログ

復活した後輩の競馬予想ブログ

泥沼の競馬予想

がまるで進捗がない。

おそらく、色々急に決まっているので・・・

行政も大混乱していると想像するに難くない。

補正予算の申請が通ったかも分からず・・・・

第7弾の申請に至っては私は4月5日の初日に申請し・・・・

200番台の申請番号にも拘わらず・・・・

いまだに2次審査中から進まない・・・・

第6弾までであればとっくに承認下りているはずなんだけれども・・・・

一か月と2週間近く経過しても進捗がないのが・・・

何かが滞っているということだなと思うのだ。

結構混乱しているんだろうね・・・・

第8弾に関しても4月23日の初日に申請して100番台・・・

これもまだGWを含めた3週間なので承認が下りなくても仕方がないのだけれども・・・・

これも2次審査中から一切進まない・・・

そして・・・

4月20日から5月11日までの第9弾の申請に関しては・・・・

売り上げに応じた補償となるらしく・・・・

申請のフォーマットができるのに6月の末日くらいになるとの話・・・

これ・・・

資金ショートする店舗結構あると思うんだよな・・・

また、5月12日から5月31日までの第10弾も同じく6月末に申請開始とのこと・・・・

第7弾の3月8日から3月31日までの期間の時短営業の申請が第7弾で・・・・

申請より一か月半くらい経過しても入金されず・・・

そしてそのまま・・・・

4月1日から4月19日までの第8弾、4月20日から5月11日までの第9弾、5月12日から5月31日までの第10弾・・・・

実質、3月8日から2か月間ほとんど日銭商売の飲食店において売り上げがない状態になる・・・

これ資金的にかなりきついだろうなと思わされるのだ。

でも仕方がないんだよな・・・

派手に利益が出るところはその分出ていくお金が大きいのも必然

そう考えるとジョージソロスの名言ではないが・・・

まずは生き残れという言葉がよく分かる。

生き残ってさえいれば優位性が存在する。

そう考えるとウォーレンバフェット氏のゆっくり金持ちになりたい人などいないよという言葉も後から響いてくる。

急ぐなということなんだよな。

急ぐと無理が生じる。

飲食店の経営なんかも今すぐたくさん儲けようとしなくていいんだよ。

ちょっとの利益がずっと続けばそれでいい。

まあ、もう緊急事態宣言も有名無実化しえしまっているので・・・

さすがに6月以降は休業要請とはもう出ないと思うんだよな。

私が行っている飲食店もここがと驚くようなところがもう限界なのか普通にお酒を出して夜まで営業をしている。

飲食店が限界に近付きつつあるんだろうな・・・・

でも考えようによってはチャンスなんだよな・・・

かつての集客力のあった店舗が潰れれば・・・

生き残った方や新しくできた方が有利になるのは必然・・・・

今の私の現状では厳しいけれども・・・

多少緩んで、人の部分で集客できるようになれば・・・・

チャンスも回ってくると思うんだよな・・・・

まあ6月以降は営業することになるだろうなと思いながら・・・・・

ひとまずは流れを見定めたい・・・

とてもオリンピックが開催されるとは思えない様相になってきたし・・・

そうなると、経済損失が大きく・・・・

現金がより必要な流れになるやもしれないんだよな・・・・

なんとかオリンピックをという流れで、何かの間違いで6月以降も休業要請が出てくれると助かるのだけれども・・・・