2018年有馬記念観戦での見どころはこれだっ!

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...

さて、2週間前と迫ってきたので・・・・

2018年の・・・

今年の有馬記念の観戦しどころを記載しようかと思う。

まずは現地観戦をしようと思っている方はこちらの記事を読んで欲しい。

有馬記念現地観戦の心得

現地観戦をしようと思っている方は必見だろう。

ダービーよりも中山競馬場は狭いため、混雑が半端ない。

予備知識なしで行くのは自殺行為と言っても過言ではない。

2018年有馬記念の見どころ

この記事でも記載したが・・・・

個人的な大きな見どころの一つとして・・・・

ケイタササグリの2018年有馬記念1000万円1点勝負馬はキセキ!?

ヒールな顔立ちと話し方で一躍競馬youtuberとして有名になったケイタの有馬記念復活1000万円1点勝負だろう。

ケイタやゼロイノベーションと言う怪しさMAXの会社を知らない方はこちらを読んで欲しい。

ケイタササグリ(ギャン僧)とは一体何者?どこよりも詳しく再度調べてみた

それと間違いなく障害の王者オジュウチョウサンの走りがどうかだ。

ファン投票で堂々3位

ただ、個人的にはこの記事でも記載したが武豊とオジュウチョウサンのコンビで奇跡を狙っているが・・・・

正直厳しいと思われる。

有馬記念のオジュウチョウサンは迷わず消すべき理由

正直とても来るとは思えないが、話題性はあるし武豊が本来義理事で断れないはずの馬クリンチャーを断ってオジュウチョウサンに乗ると言うのはJRAの政治が働いたと言えるくらいだ。

たしかに、今年の有馬記念出走予定馬は下記の通り・・・

この内3頭は除外になる予定だが・・・・

メンバー的にはちょっと小粒感が否めない。

もう一つの注目は1番人気想定のレイデオロの走りだろう。

これは枠が重要で・・・・

有馬記念は大外枠がかなり不利・・・

ウォッカも何度も大敗しているし・・・

大外引いて勝ち切るのは難しい。

おそらく上の記事で記載したがケイタササグリがキセキの複勝に1000万円入れるとして・・・・

秋の3冠キセキがきて三度奇跡は起きたと言うシナリオと・・・・

ダービー馬の意地を見せるかレイデオロと言う形で最強馬がレイデオロと証明されるか・・・

障害の王者オジュウチョウサンの走り・・・・

ここまでが見どころだと思うのだが・・・・

2018年有馬記念の予想

さて、まだ気が早いが有馬記念の予想をしたい。

まずはなにはともあれ枠が重要で・・・・

大外枠はほぼ苦しい。

枠で予想は変わってくる。

ただ・・・・

全盛期の能力で言えば勝負になりそうな馬は・・・・

サトノダイヤモンド

シュヴァルグラン

マカヒキ

上記3頭は能力的には足りているが・・・・

マカヒキとサトノダイヤモンドは馬に往年の力と言うか・・・・

勝とうとか走ろうと言う意志を感じないのだよなあ・・・

そしてJCの2着でキセキは実は強かったので・・・・

普通にレイデオロとキセキは勝つ可能性が上位の馬ではある。

ただ・・・・

個人的にはレイデオロに勝たれては勝つ馬券としてはどうにもならないし・・・

キセキはケイタが話題性を持っていくだろうから、むしろ真っ向勝負。

ボウマン騎手騎乗のシュヴァルグランは叩き3戦目で仕上がっている可能性もありこれは怖いんだが・・・

ちょっと軸にするには心許ないのだよな・・・・

かといってマカヒキも人気を考えると手が進まない・・・・

なのでちょっと足りないが・・・・

個人的には凱旋門賞帰りのクリンチャーとミッキーロケットが面白いと思っている。

勿論内枠が条件になるが・・・・

クリンチャーに物凄く惹かれるのだ。

何しろ重馬場の京都記念は強かったし、年末の中山の芝は馬場が凍結防止剤などで重くなりがち・・・・

凱旋門賞で通用していないので重い芝がそんなに得意なわけじゃないかもしれないが・・・・

間違いなく京都記念は強かった・・・

そして4歳で先行できる馬でおそらく人気薄・・・

誰が乗る想定かが重要だけれども・・・・

武豊はオジュウチョウサンだし・・・・

特別レースでまるで買えない三浦皇成じゃなければ・・・・

外国人騎手なら持ってこれるんじゃないかと思うのだ。

理想はレイデオロに大外引いてもらいたいが・・・・

クリンチャーは4歳馬でまだ成長できるし、キセキが勝った菊花賞で先に仕掛けての2着・・・

天皇賞春ももう少しうまく乗れば勝っていてもおかしくはなかった。

休養明けを2戦してだし疲労もそれほどなさそう・・・

偶数の内枠引いてくれればクリンチャーを狙いたい。

有馬記念は荒れるのか?

さて、過去の傾向を考えると有馬記念は荒れるのか?という回答に対しての私の回答はYESだ

小回りで中山の2500mという特殊なコース。

かつてはマイラーが勝つ事も出来たトリッキーなコースで有名だ。

最近は堅めだが・・・・

これを見て欲しい。

過去の結果だが堅い時はとことん堅いが・・・・

5回に1回ぐらい馬連で万馬券が出ている。

ファン投票で上位の馬同士が走ってその結果になるのだ。

日本の競馬ファンの人気の精度はかなり高い。

勝率は人気通りなのだから、普通ならファンの人気のある馬同士が走れば堅くなりそうなものだが・・・・

小回り直線の短い急坂の中山競馬場・・・

勝とうとすると大外回るコースロス・・・

ディープインパクトの国内唯一の敗戦。

結構逃げ先行馬が有利なレースでもある。

ダイユウサクが内を掬ってメジロマックイーンに勝ったり・・・

大逃げしたメジロパーマーが逃げ切ったり・・・

後ろからの馬は余程強くない限りは厳しい・・・

そう考えるとキセキなんか絶好のようだが・・・

これも枠次第だろうな・・・・

内を掬える好位の差し馬で内枠の馬・・・・

それが穴をあけると思うのだ。

G2で強かったり、ローカルで無敵の先行馬なんかもよく穴をあける。

穴だったら人気を落としたブラストワンピースか・・・・

宝塚を度外視すればしぶといパフォーマープロミスあたりもいいかもしれない・・・

比較的G1の中では荒れるレースなのは間違いないだろう。

夢を買うにしてもいい年越せるような夢を見たい。

なので有馬記念の有利な脚質はやはり逃げ先行なんだろうな。

デム様が神懸って勝ったヴィクトワールピサもマクリ逃げだし・・・

古くはマヤノトップガンも逃げ切り・・・

ハーツクライも先行抜け出し逃げ切りだし・・・・

荒れる想定で狙いたい

2018年有馬記念の日程

さて、今更だけれども・・・・

一応有馬記念の日程を記載しておく。

今年の有馬記念は12月23日の日曜日中山11Rの予定だ。

おそらく15時40分発走のはず。

もし現地に行くとしたら最寄りの駅が船橋法典になる。

現地観戦の心得でも記載したが・・・

行は船橋法典駅でいいかもしれないが・・・・

帰りは西船橋駅を選択した方が無難だ。

ちなみに船橋法典はJR武蔵野線の駅で通称ギャンブル線と呼ばれている。

のぼりの終点駅である「府中本町」駅周辺には東京競馬場と多摩川競艇

京浜東北線との換駅である中間の「南浦和」駅には浦和競馬場

「船橋法典駅」に中山競馬場

西国分寺駅乗り換えれば立川競輪ウィン立川

南浦和駅京浜東北線乗り換えれば大宮競輪場・川口オートレース

直通先の京葉線南船の周辺には船橋競馬場・船オートレース

とどこかの賭場に繋がっているのだ。

西船橋から総武線を使って帰るのが良いだろう。

2018年の有馬記念に関して現時点で私が思うところはこんなところだが・・・

まずは枠が出ないとな・・・・

そして荒れ狙い・・・・

前に行く馬を狙いたいが果たして・・・・

クリンチャーに何故かリスポリとかホワイトとかないよなあ・・・