あけましておめでとうございます

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...
復活した後輩のブログ

復活した後輩の競馬予想ブログ

泥沼の競馬予想
N島出版のkindle本

N島が出版した営業本

本年度もよろしくお願いいたします。

さて、飲んだくれながら年末のTV番組で思ったのだけれども、時代は変わったなと。

格闘もやらないし、笑ってはいけないもやっていない。

なんか本当にTVCMの枠が減っているのだろうな。

予算がない番組しかなく、観る気がしないのだ。

井岡一翔の試合は見たが、結構優勢に見えたのだけれどもまさかの引き分け

対戦相手のジョシュアフランコという選手、衝撃的に強かった。

普通あれだけ井岡にパンチ貰っていたら手数が減ったりとか、足が止まったりするものなのだけれども、最後まで強い打撃を打ち続けていた。

スタミナが半端ない。

最初の1Rで井岡の勝ちを確信して、慌ててBET365に張ったのだけれども、無効試合でBETがそのまま戻ってきた。

ただ、判定でドローとは言え、対戦相手のポイントが上回っているジャッジをした審判にちょっと疑問を感じるけれども。

確かに手数は多かったが、ヒットで言えば井岡の方が有効打が多かった。

まあ負けなくてよかったし、これで負けたら仕方がないと思えた試合だったからよかったもののちょっと消化不良

再戦して欲しいが、どうなるだろうな。

そしてBET365を見ているとテニスの試合って元旦からあるのね。

ユナイテッドカップと言う試合をやっているのだが、この後ジーズーベアスVSクズマノフ・ディミタルの試合がある。

見た感じは見なんだけれども、人気がある方のフェイバリットがこのジーズーベアスで2018年に同じハードコートで1戦1勝

普通ならランキングも上だし、ジーズーベアスが勝ちそうに見えるんだがオッズが1.7倍

まだ1勝0敗じゃ分からないと思うんだよな。

なので見

それとフルカズ・ヒューバートVSブブリク アレクサンダーの試合もフルカズのオッズが1.3倍で3勝1敗なのだけれども・・・・

その1敗が今回と同じハードコートなんだよな。

ハードコートに限れば1勝1敗

ちょっと1.3倍に張れるオッズではないなと思うのだ。

なのでこちらも見

どちらかと言えば翌日の試合が気になっている。

まだオッズが出てないので分からないのだけれども、

フリッツ・テイラー・ハリー VSズベレフ・アレクサンダーの試合

これは買いたいと思うのだ。

フリッツ・テイラー・ハリーはランキング9位なんだが対戦成績が2勝4敗

今回のハードコートで1勝2敗なんだよな。

そしてその1勝も辛勝のため、ズベレフ・アレクサンダーの方がハードコートに限ればちょっと上なんじゃないかと思うのだ。

ただ、気になるのがフリッツが連勝中でズべレフが連敗中で調子が悪そう。

まあオッズ次第だいよな2倍以上つくならズべレフを買った方がいい気がしている。

もう一つの明日の試合で買いたいのがチチパス・ステファノスVSゴフィン・デビッド

チチバスは連勝中で好調そう

一方ごフィンの方は連敗中

ハードコートに限っても3勝1敗

負けたのも5年前だ。

それ以降は結構な差をつけてチチバスが勝っている。

これは確勝級だと思うので張りたい。

オッズが何倍つくかが重要だが。

そしてもう一つ買いたい試合がある。

ナダル・ラファエルVSデミノー・アレックス

ナダルはランキング2位で、過去対戦成績3勝0敗。

ハードコートでも2勝0敗だしこれは負けないだろうと思うのだ。

まあ、この考え方で結果がどうなるかを見たい。

にしても、最近の詐欺メール結構巧妙だよね。

インフラを使った詐欺メールがよく届く。

元旦から物凄い詐欺メール来るんだが・・・・

アマゾンや郵便局、国税庁、楽天、イオン

そこから短い期限の本人確認の連絡が来まくるんだよな。

これ知らなければ引っかかる人結構多いと思うのだ。

一度危うくログインしかけた事あるしな

10年くらい前だけど。

年始から詐欺グループも正月休みなんだろうな。

自分のPcからやると怖いのでネットカフェとか言って、偽情報を打ち込みまくってやろうかなとか思うものな。

昔で言うネズミ返しじゃないが、詐欺返しみたいな。

なんか詐欺対策で嘘情報を延々と勝手にいれ捲るアプリと言うかソフト作ってもらいたくなる。

それ売れないかな。

正義好きの人は買ってくれそうな気がするんだけれども。

ココナラで募集してやってみるかな。

そんなにお金かからないならやってみて結果を見たい。

コメント

  1. ギャンブラー より:

    明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

    今年はどんなドラマが待ち受けているのだろうか。