競馬youtuber[大根おろし]とは何者?再度詳しく調べてみた

スポンサーリンク

さて、以前に記載したのがこの記事・・・

競馬youtuber大根おろしについて

再度調べてみた。

あなたは競馬YouTuber[大根おろし]は知っているだろうか?

前回はケイタササグリについて触れたが、今回はこの大根おろしという競馬YouTuberについて触れていこうと思う。

まず基本情報から
・ 登録者数 97357人(2018年11月21日現在)
・ 年齢40歳
・ 動画編集力 お世辞にもいいとは言えない
・ 多分ギャンブル中毒・・・

というような・・・

なんというかさえないおっさんのようだが、その人間臭さや、ダメさが見ていて面白いと感じる方が多いのか登録者は10万人近い競馬ユーチュバーとしてはかなり有名な人物だ。

一時はとある事件の前までチャンネル登録者は10万超えていたが、ある事件をきっかけに登録者が減少している。

彼は大学時代から競馬ファンであり、結婚資金の500万を賭けての勝負(嘘か本当かは定かではない)などなど、企画力もあるようだ。

前述の通り、ある騒動があり(後で触れる)過去の動画はほとんど消されてしまい、記憶だけで話を進めてしまうのだが、彼のスタイルは10万20万もの額を基本的には穴馬狙いで馬券種は複勝1点勝負が多い。

そして競馬雑誌でのインタビューを受けるなどの情報を自身のブログなどで綴っていることから、ある程度競馬に対してのロジックは学んでいるものと感じる。

動画配信初めの方は、競馬愛があり、紳士的な態度で動画を投稿している。

そういった真摯な態度で配信していたからこそ、マナーやモラルの無い競馬ファンに憤りを感じていたり、胡散臭い情報商材や競馬の予想有料メルマガに対してあまりいいイメージをもっていなく、時にはかなり批判をしていた。

このような競馬愛はユーザーにも伝わり、大金を掛けハラハラさせるスタイルも相まり、youtube内での登録者数は徐々に右肩上がりだった。

そう、初めの方だけは・・・

現在の大根おろし氏はどうなっている?

2018年 11月25日現在の動画投稿数は、なんと7本。

ほとんどの過去の投稿を削除している。

そしてあげられている動画も低評価が圧倒的に占めている。

大根おろし氏に何が起きたのだろうか?詳しく説明する。

冒頭で述べたとおり、大根おろしは胡散臭い情報商材や予想屋を否定的に捉えている。

それは消されてしまったが、動画内でも触れているし、自信のブログでも触れている。

強く批判しすぎて、とあるYouTuberを引退させてしまったこともある。

登録者数が多いということは影響力があるということ。

普通なら発言には気をつけなければならないと思うのだが…

そういった配慮のなさが少しずつ露見していく。

そして忘れもしない2018年10月7日。彼は最低なことをしでかす。

なんと、有料予想を始めたのだ。

これによってユーザーの反感を買い、2チャンネルやまとめサイトでも大きく取り上げられた。

あれだけ否定をしておいて、とあるユーチューバーを追放してまで貫き通してきたことを急に掌返ししてきたのだ。これには私も不快感しか感じなかった。

彼は自信のブログでこう綴っている

Twitterには書きましたが恥を忍んで有料予想を始めました。
僕のTwitter引用になりますが
僕が一時的の予定だとはいえ有料予想を始めることにガッカリさせてしまった方、本当に申し訳ない。
批判しまくった有料業者にも会わせる顔がない。
だが、馬券生活者になって競馬の地位を向上させ、競馬ファンを増やすという極太の信念だけは曲がることはない。良くも悪くも伝説になる。
 
一年間育てた分身予想に確信がもて、大金で起動させ一気に馬券生活者になりたいという衝動がおきたわけです。
軌道に乗ったあかつきには、少しでもオッズの低下を防ぐために有料予想は止めるし競馬が人生の中心になったとき、YouTubeとブログも引退しようと考えております。
 
厚かましくも僕の人生の結晶、分身予想はここで参照ください

引用元:https://www.競馬の大根おろし.com/entry/2018/10/07/102023

動画内でもこの有料化について触れている。

【競馬】大根おろし有料予想について軽くふれる

なんというか。本当に言い訳ばかりである。

>競馬ファンを増やすという極太の信念だけは曲がることはない

とブログで述べているが・・・

「どの口が言っているんだ?」

と思ったのは私だけではないはず・・・

動画についても少し触れるというタイトルに対しても疑問を覚える。

「しっかり触れろよ!と。」

youtube登録者数も増え、ツイッターのフォロワーも3万に近くいる。

自身のブログも月間10万PVほど。

有料予想に走らなくても十分に収益化できたはずだと思うのだが、肝心のマーケティング力に難があったと思われる。

お金が欲しいことは当然だし、競馬ファンに自信の情報を提示し、その代わりに広告収入という形で収益化をする。

全く問題はない。

競馬予想の有料化もブランディングができているなら本来なら全く問題はない。

競馬予想を聞いたとしても自身の選択が広がるだけで馬券を購入するのは自分なわけなのだから、外れた!勝てない!というのは間違っているし、例えばほぼ言われたことだけしていれば年トータルで300万勝てるというのなら月に十万以上競馬予想に投資してもいいくらいだ。

だがそれができる人は有料予想などしない。

優秀なライバルを作る可能性もある。そのうえ手間ばかりかかってしまうからだ。

なのでもしも「当たらない予想」だったとしてもなにも問題はない。

購入した人がそれに満足していればいいだけなのだから。

ただ、それらを全力で否定していたのに、手のひら返しはどう考えても大大大問題だ。

さまざまな御託を並べているがその背景の核には
「お金がほしい」
という気持ちが大半を締めているだろうと周りは絶対に思ってしまう。

これは本人が直接言ったことではないので、予想になってしまうのだが

1. 自身の人気の高さに欲をかいてしまった
2. 思った以上に収益化ができておらず、動画配信の資金がなくなりかけていた
3. youtubeの広告費が変わらず生活することが当たり前になってしまい、広告を外された時点で生きていけなくなったので、収入がないと破産する

のいずれかだろう。

現在では、詐欺師呼ばわりしていた某ユーチュバーにも馬鹿にされ、収益化の要になっていただろうyoutube広告も外されてしまっている。

それどころか収益化の支えになっていた過去動画すら削除せざるを得なくなった。

真相は定かではないがきれいさっぱりなくなっている。

ただ、この件でかなり心が消耗しているのか現在の動画では過去ではあり得なかったような、[ユーザーを楽しませる]動画ではなく[ユーザーを恐れて方向性を見失っている]ような動画を投稿しているのが一目瞭然だ。

完全な裸の王様である。

他人を叩いてきた潰したきて人間は自分がそうされるリスクがある事も想定しておかなければならない。

よく思う、コンビニの冷凍食品のボックスに入ってみた動画が不謹慎だとか・・・・

人のちょっとした愚行を不謹慎と騒ぎ立て追い込む不謹慎狩りもそうだけれども・・・

人を不謹慎で魔女狩りのように叩いて狩っている人間は・・・

自分がそうなった時に袋叩きに合う覚悟をもって臨むべきだ。

実際に、何十年も生きてきて立小便等の厳密に言えば軽犯罪を犯していないと言い切れる人間がどれだけいるだろうか。

人に奢られたことがないと言う人もいるだろうか?

これも額面によるが内容によってはなんらかの規制に引っかかる。

この日本と言う国は規制だらけで、何をしても何かの規制に引っかかるようにできている。

日産のゴーン氏のように、いよいよとなれば潰そうと思えば潰せるように作られているのだ。

だから、自ら大数の正義の前で我慢してきた攻撃性を表に出して積極的に不謹慎狩りをすべきではないと私は思っている。

やるなら、それが自分の身に起きた時に腹を切る覚悟は必要だ。

覚悟もない人間が、守られた安全の壁の内から他者を攻撃すべきではないだろう。

大根おろし氏は正直あまり賢くない。

ケイタと違い、仲間の協力を得る術はなく、たまたまの先行者利益を既得権益として貪って自分以外は消えるべきクズとしてやってきた経緯がある。

他者も良くしてWIN-WINになろうと言う発想がない者は必ず滅ぶ運命にある。

そして動画の登録者数も徐々に減ってきていて、「もう終わりだね」というようなアンチと「昔のような配信をしてほしい」というようなファンの二極化が進んでいる・・・・

それについては申し訳ないがまったく同情ができない。

この結果は誰でも予想できた展開だからだ。見えている地雷を踏みに行くほどのよっぽどな事情があったのだろうか?

いずれ本音をポロッとこぼしてくれる瞬間を待っている。

意外にメンタル弱いなと思えてしまうが・・・・

メンタルの強さは知能に比例すると私は思っている。

もう少し鍛えるべきだろうな・・・・

まとめ

今回は、YouTuber大根おろし氏について有料予想事件をメインに補足情報や私が思う部分を付け足して、記事としてまとめさせてもらった。

現在の大根おろし氏は絶賛迷走中なので今後どう巻き返すのか?それともこのままフェードアウトしていくのか?展開が気になるものである。

今はこのようにダメな方に向かっていってしまってはいるが、初期の頃は純粋にユーザーの反応を楽しみ、自分も楽しみ、競馬への愛もユーザーに届いていたはずだ。

当時の気持ちを思い出し、初心に帰って動画を配信してもらえることを切に願う。(初心に帰りすぎてまた有料広告や情報商材の悪口が始まったらそれはそれで面白いかもしれない。むしろぶれていないというか・・・)

というより、むしろ詐欺だというのを前提にして有料予想をしてもいいのでは?

それくらい開き直るのもまた面白いと感じる。

けれども個人的にはかなり人間性に疑問を感じている。

何度か記載したが私もyoutubeの動画配信をしている。

N島の競馬大勝負

一度作りたての頃、私は大根おろしにコメントを残した。

あわよくば紹介してもらいたい野心があった事は否定できない。

当時では大きな差があったので彼にはメリットがなかったが・・・

長期的に見れば、私もそれなりに登録数を増やしていけると思っていた。

そういった細かい他力を集約すれば、庇う人間も出てきただろうし、困った時のセーフティーネットと言うか保険にもなるはずなんだが・・・・

あろうことか・・・

彼にコメントを残した数日後、いきなり謎のアカウント停止を喰らったのだ・・・

今までに1度だけだが・・・・

その瞬間確信したのは、未来の自分の動画と僅かでも競合になるかもしれない芽は早めの潰しておこうと言う自分さえ良ければいい人間の行動原理で・・・・

当時のチャンネル登録が100人くらいの私のような弱小のところは放っておけばよい物だ。

ところが彼くらいの力のある所から運営に通報が行くと、アカウント停止とか普通に頂戴するのだね。

大根おろしの動画と何が違いますか?と送り返したらすぐ復帰できたけれども・・・

ただ、動画初心者が動画ソフトを使い編集をする。

何も分からない状態で10時間とかかけて僅か5分の動画を作ったのに、そういう人の努力とか関係ないと言う発想が気に入らない。

下心で近づいてきたというのは否定しないけれども、応援や協力をしないにしてもそれをわざわざ嫌がらせをする人間性にずっと疑問を感じており、人としては大根おろしをかなり疑問を感じている。

なので、今回の件は必然が起きたと私は思っている。

今後の動きに注目だが・・・・

あれだけの低評価RUSHでは何をしてももう駄目だろうね・・・

ギャップと言うのは悪いから良いに変わるときは大幅のプラスになるが・・・

あれほどホワイトを気取ってきて、ブラックでしたとなったらねぇ・・・・

もう駄目だろうね・・・

人間は信用がすべて・・・

一貫性がすべての生き物だ。

一度損なわれた信頼は二度と取り返せない。

だから自ら率先して人を叩くような真似はしてはならないのだ。

やるなら覚悟と目的をもってすべき。

そう思うが・・・・

今後はどうだろうね・・・

あの汚い文字のテロップ予想やり続けるんだろうか・・・

ただ・・・

これも一つの教訓だと思うのだが・・・

私も12年勤めた会社に辞表を叩きつけるまではうっすらと分かっていたけれども自分事としてちゃんと理解していなかったけれども・・・・

今ある、安定は決して未来も約束されたものではない。

リスクのある物はいつかリスクが顕在化することがある。

大根おろしはyoutube広告の広告費が未来永劫あるものという勘違いの元生活してきた結果・・・

生活ができなくなってしまったと言う事なのかもしれない。

必ず今ある物が絶対的に約束されたものではないと思い、リスクヘッジの行動と保険はありとあらゆる方向にかけておくべきだろうな。

アフェリエイターもよく言っているが、生殺与奪を握られない一番安全な媒体はレンタルサーバーと独自ドメインのブログだそうだ。

彼ももっと文章が書けた方が生き残る術もあったかもしれないが・・・

反面教師として今後も注目していきたい。