あぶく銭なんてこの世にはありませんよ。銭に関するかぎり、みんな、それなりの苦労をしているんです 阿佐田 哲也

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...
復活した後輩のブログ

復活した後輩の競馬予想ブログ

泥沼の競馬予想

投機格言・ギャンブル名言・格言・金言

あぶく銭なんてこの世にはありませんよ。銭に関するかぎり、みんな、それなりの苦労をしているんです 阿佐田 哲也

ご存じ雀聖と呼ばれた「麻雀放浪記の著者」

麻雀は運の奪い合いという思想をもっている。

麻雀をしていて「朝だ、徹夜だ」という言葉からとったペンネームらしい。

20年ほど前に少年マガジンでやっていた「哲也」もこの方の作品がモチーフになっている。

これも確かにそうかもしれない。

楽して儲ける事は悪のような風潮が世の中に存在しているが・・・

どれだけ楽そうだったとしても、その楽なシステムを構築するのにどれだけの苦労があっただろうか。

表面的なことではなく、目に見えない部分にも想像を働かせたい。

純粋に楽に儲かることなど確かに存在しないだろう。

あぶく銭と最初に言った人間は、ギャンブルをまだ理解していないのかもしれない。

といっても私も理解しているかと問われると疑問だが、ずっとギャンブルばかりしているのだ。

確率は宗教でしかないし、収束せず偏るものだと本気で思うような哲学ができ始めた。

統計と確率はまったくもって別物だといいたいが・・・

ギャンブルで勝つためには相応の努力もしているし、徹底したセルフマネジメントもしているはず・・・

そう考えたら労力の対価としてはむしろ安いのかもしれない・・・

そういった意味ではあぶく銭なんてものは存在しないという話も頷ける・・・・