競馬の回収率計算方法と回収額

スポンサーリンク

さて、色々見ていたら誤った情報が氾濫しているなと思ったので、上記の記載。

競馬の回収率計算なんてもの調べる人いるのかと思ったんだけど、サジェストで出てくるって言う事はそういう事なんだろう。

で、試しに回収率計算で上位に出てくる方のページ見てみたら・・・・

間違ってはないけれども正しくはない情報が・・・・

だったら再度私が競馬における回収率の計算方法を記載したいと思う。

競馬における回収率計算方法

さて、一般的には回収率の計算方法は総ベット金額を100%と考えて、その内的中票に投入した金額に倍率をかけた物との比較になる。

例えば、1万円購入して、500円的中してそれが50倍だった場合・・・・

回収金額が500円×50=25000円

25000円÷10000円=2.5=250%と計算される。

500円1点勝負で50倍が的中した場合は25000円÷500円=50倍=5000%だ

ただ、これはあくまでも結果としての回収率計算になる。

既に何度も記載しているが、競馬における想定の回収率は期待値によってあらわされる。

そして競馬における期待値とは「的中率」×「合成オッズ」で構成される。

上記の25000円の例はあくまで結果なので、購入前にはどのくらいの回収率になるかの想定がされていない。

的中率の数字が正確な数字であれば、期待値=回収率になる。

なので、想定回収率を出すためにも、結果としての回収率ではなく、想定回収率を計算しなければならない。

そのために、合成オッズを算出する必要がある。

合成オッズに関しては下記の記事から見てもらえればと思う。

馬券点数と合成オッズ

結果としての回収率は偶然の可能性があるからだ。

想定回収率と結果の回収率がほぼほぼ一致してこそ本当の回収率が上がる馬券の買い方だと思うのだ。

なので、想定回収率を出すことで、的中した際に総BETが何倍になるかを知るためにも合成オッズを算出しよう。

例えば馬連で3点購入したとしよう

1頭軸で3点流して、それぞれ10倍、15倍、20倍だった時・・・

こうすると上記の合成オッズの計算の場所で算出すると合成オッズは4.61倍

つまり約4.6倍の馬連を1点購入するのと同じになる。

で、的中率がどのくらいか?

これが個々によるのだけれども・・・・

自分の予想方法で軸がどのくらいの確率で来るか、軸が来て3点選択して的中する確率はどのくらいかは自分の予想と結果の統計を取らなければ算出できないけれども・・・・

的中率が20%だった場合・・・・

4.61×0.2=0.92でこの買い方をするとそもそも想定回収率が92%になってしまう。

なので、的中率が下がったとしても、10倍のオッズを切ってもうひとつ上位のオッズを拾う事で想定回収率を上げることを考えた方が良い。

例えば、上記の10倍のオッズの的中率が8%あった場合・・・

これを購入しないと的中率は12%になる。

この場合15倍と20倍の2点を購入すると、合成オッズは8.57倍

8.57倍×0.12(12%)=1.02

102%の想定回収率になる。

仮に3%の的中率がある40倍の買い目を買ったとしたら・・・・

合成オッズは7倍

的中率が7倍×0.15(的中率12%+3%)=105%

想定回収率は上記になる。

いずれにしても自分の的中率を把握しないと計算はできないのだけれども・・・

結果の回収率の計算は最初に記載したが、想定の回収率計算を行ってないと、自分がどういった馬券を購入しているかが分からない。

そもそもの想定回収率で100%を超えている馬券のみを購入すべき。

何度も言うように、競馬における回収率を100%超えさせるためには・・・・

合成オッズ×的中率

これが期待値であり、この期待値がそのまま想定回収率になる。

想定回収率の計算方法は上記で、的中率は自分の予想軸の結果の集計で算出する。

ただ、これも繰り返しになるが・・・・

予想方法にブレない軸がないと、ただの結果の集計になってしまう。

タイム理論など、数値化できて比較できる何度予想しても同じ結果になる予想方法でないとならない。

これで想定回収率を算出できるが、そもそも集計を取っていないと的中率が出せないため、あまり意味のない計算になってしまう。

あと、分母が上がれば上がるほど・・・・

回収率は下がっても回収金額はあがる事もあるので、回収金額も意識するようにした方がいいかもしれない。

リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする