罠の罠かもな・・・・

スポンサーリンク

ちょっと前にこんな記事を見つけた・・・

この記事

よく迷惑メールで送られてくる遺産とか何億とか受け取ってくださいと言うあれだ。

返信があるのは1億通のメールに対して1000通らしい。

反応率は0.001%か・・・

でも反応する人いるのね・・・

それはいいとしても・・・・

上記のは贈与と受諾があれば契約として成立するので・・・

もし受け取れない場合は裁判を起こせるという事らしい。

後はメールが書面として認めるか否かになるのだけれども・・・・

法律の概要は明治政府が作った物であり・・・・

あれから100年以上たてばツールも変わる。

まだ係争中らしいけれども、メールは書面なのではないだろうか・・・

で、送り主が分かれば上記メールを書面として認めさせることができれば贈与を受け取る権利が生じるらしい。

ただ、裁判を起こすためには訴訟する相手の住所が必要になる。

それが分からないと話にならないし、なかなか特定はできないとは思うけれども・・・・

特定出来たら訴訟を起こして口座差し押さえまでできれば面白い。

ひっかかったふりして捨てメアドを登録すれば権利は発生させる事ができるかもしれない。

世の中結構イタチごっこというか罠があって・・・

昔与沢翼氏のような儲ける方法を売って利益を得ていた人物が人のメアドに対してかなりの高額を支払っていたのだが・・・

そういえば、まだオプトインアフェリエイトってやつでメアド獲得すると金になるってあったな・・・

こういうのを潰すことになると思うんだけれども・・・

アプリで捨てメアドというアプリがある・・・

これなかなか恐ろしくて・・・

勝手に捨てメールアドレスを作ってくれるアプリらしい。

こういう迷惑メール対策と訴訟の権利だけ獲得するのに使うのもいいが・・・

オプトインアフェリエイトを自分でやって捨てメアドでメアドを作りまくればいいんじゃないだろうか・・・

となると、オプトインも消滅する時期も近そうだけれども・・・

この捨てメアドを使って、新規とかメアド登録したらお得のある飲食店で使用すると言う使い方をしている人が多いみたいだけれども・・・

これも飲食店的には困るだろうな・・・

となると・・・

もうメアドの価値が崩落している事を意味している。

やはり・・・

これからはLINEなんだろうなあ・・・

LINEはなかなか捨てLINE作れないし・・・・

そんなこと思いながら・・・・

最初のリンク先の記事・・・・

これって、そうやって返信する奴のメアドを取得する奴を増やしたくて・・・・

詐欺メール側がそんな事件があったとねつ造したんじゃないかと・・・・

そういう罠なのではないかという気がしてしまった・・・・

大体・・・

恐ろしい事に民事の裁判なんて・・・・

負けても支払わないと言う必殺技がある。

刑事事件ではないし、強制執行するのにも費用が掛かるし・・・・

100万位の勝訴では多分、回収するのと手間暇考えると割に合わないのだ。

つまり・・・

100万程度だと泣き寝入りすることになるのが裁判・・・

私はそんな認識でいる。

強制執行は痛み分けするために手間暇かけてやる、第三者の仕事のための作業になってしまうと思うのだよな・・・・

まあ、迷惑メール返信ギャンブル・・・

捨てメアドのアプリ使ってやってみるのも面白いかもしれない・・・

訴訟ギャンブル・・・

どうだろうね・・・