競馬で儲けている人

スポンサーリンク

レンタルサーバーを借りてのワードプレスを使ったブログだと・・・

IPアドレスが出たりするので固定サーバーからだと騙りが判別できるのもいいけれども・・・

それより何を検索したかが分かったり、日々どのキーワードを検索してきたりどこから来たりするか分かるのがいいね。

で、本日のタイトルはそう検索されていたので・・・・

それについて記載しようと思う。

競馬で儲けている人、競馬で儲かっている人・・・・

少なくとも私はそう言った人を3名は知っている・・・

一番よくお会いするのがNスポ記者でもある「ぷほるすさん」だろう。

昨日も酒席をご一緒したのだが・・・

5年連続勝ち越し中。

ぷほるすさん

考え方は共通するところも結構あるけれども・・・・

よくお会いする方の中で5年連続勝っているのはこの方だけ。

負け方の復習としてししゃもさんを教えてくれたのもぷほるすさんだった。

かなり参考になるので、これは競馬で儲けようとか、勝とうとか思ったら何度も見直した方がいい。

負け方のすべてが記載されている。

50万円のししゃもさん

いつのまにか復活されていたようで(そしていつの間にか消されてました2018年4月)・・・・

見てみたら相変わらず必敗法を繰り返していらっしゃる・・・・

古い日記の方が負け方としては詳しく記載されているのでこの買い方が必ず負ける方法なので買い方を絶対に真似しないようにしなければならない。

私はししゃもさんにかなり感謝しており、おかげで負け方をより避ける事ができるようになったと思っている。

できれば社会復活を完全に行っていただきたいが・・・・

メンタルの若さがそれをさせないだろうなあ、13年前のスロットニートだった私がそうだった。

買い方や予想の仕方、レース選択とマネジメントができないとどうやっても可能性がないだろうなあ・・・

せめて100万馬券とかを浅く買う方がマシだとは思うけれども・・・

堅い馬券に追い上げで、当たればレートを上げている・・・・

最初のBET金額も一定ではないし・・・・

今すぐナウどうにかしたいと、負けを受け入れ未来に種を繋げないと・・・・

より絶望が近づいてくる。

以前にも記載したけれども・・・

勝ち方と負け方はセットで考えるべき。

徳川家康の遺訓にもあるが・・・

勝つことばかりを知りて、負くること知らざれば、害その身に至るとある。

勝ち方ばかり追ったって勝てない。

陰と陽、光と影・・・

物事は表裏一体で・・・・

一方だけに比重を置けば盆はひっくり返る。

勝ち方を追いながら負け方をよける。

この二つのバランスを取り綱渡りをしなければ・・・

カイジの電流鉄骨渡りで一方に体重を置いて星になるようなもの・・・

勝ち方も追わなければならないが・・・・

負け方を知り、負け方を避けないと・・・

勝ち方に追いつく前に横腹に槍を突き立てられることになる。

競馬の儲かっている人の特徴としては・・・

私が知る限り・・・

レートが一定である事。

BETするレースごとに賭け金を上げたり下げたりしない。

1回転がしをするにしてもその1回目のBETは一定じゃなくては駄目だ。

後は・・・・

オッズに注目した買い方をしている事・・・

どれだけ優れた予想をしても・・・・

単勝1倍台を買うようじゃまず負ける。

以前に私に競馬の勝ち方を教えてくれたととさんだが・・・・

2年前の有馬記念のこの画像をくれた方・・・

これが勝てる買い方だ・・・・

どこがと言われるとこの買い方を私ができないので説明は難しいが・・・・・

購入金額も的中時にオッズの高いと上振れが起きるように・・・・

BET金額も均一・・・

でこの方もスペックが普通の方とは違うので・・・

競馬始めて3年でもう負けなくなったそうだ・・・

以来何十年も勝ち越し続けている・・・

今でも覚えているのが・・・

この方の的中率を聞いたら・・・・

2%という回答が返ってきた・・・

言い換えれば的中率2%で勝てる買い方をしているという事だ・・・・

そして・・・

一番重要なのはオッズ切という概念・・・

差が出やすい3連単だけを買っていらっしゃると言う話・・・・

低いオッズは買うと負ける。

どれだけ予想が優れていようとだ。

この考え方が重要になる・・・

そして・・・

これも考え方としては重要だと思うのだけれども・・・・

的中率×オッズ>100であれば負けないと言う話・・・

では的中率はどうやって算出するのか聞いたところ・・・・

それは過去の自分の実績値の統計らしい・・・

まあ・・・

そうだよね・・・

ただ・・・

それは非常に面倒で手間のかかる作業なので・・・

基本的に誰もやらない・・・

ここの篩にかけられて・・・・

大体が脱落・・・・

統計値を取って、負けている数値・・・

勝っている数値を見て原因を追究し・・・・

負けている条件を回避し、勝っている条件だけを抽出して・・・・

的中率と合成オッズを掛け合わせて100超えだけを買っていればそれは負けない。

競馬で儲かっている人はこの手間をかける。

勝とうと言う意志や情熱が・・・・

行動に昇華させる。

大体楽して儲けられる事などない。

ギャンブルは一番楽じゃない・・・

精神的にも受け入れる事、許すこと、ネガティブにならない事・・・

セルフマネジメント、資金マネジメント、確率の偏りによるテストを受け・・・

控除率という恐ろしく高い壁を飛び越え・・・

それにパスしなきゃならない・・・

だから、ギャンブルで勝てる人、ギャンブルで儲かっている人というのは・・・・

社会的にも必ず上手くいく。

何しろ社会生活で必要な物すべてが求められるのだから・・・

そうじゃなくても社会生活はできるのだけれども・・・・

社会生活はできてもギャンブルで勝てる人はほとんどいない・・・

だが、ギャンブル勝っている人は多分社会生活もできる。

競馬で勝っている人は参加者の3~5%だと言われている。

それもすれすれで勝っている人篩にかけたら・・・・

1%くらいじゃなかろうか・・・・

まともに勝っている人は・・・・

勝率9割の選択を書いたプロギャンブラーnobuki氏は・・・・

ハッピー思考というポジティブな考え方の持ち主・・・

メンタル最強と自身でも記載されている・・・

勝率9割の選択

新品価格
¥1,111から
(2018/1/3 12:12時点)

実際にカジノで勝ち続けた人なので・・・・・

何を言っているか不明かもしれないが・・・

分からないってことは結果的に勝っている人の思考を理解できないという事だ。

儲かっている人や勝っている人は考え方が違うし・・・

一番重要なのは賭け方だ・・・

それと何を信じるか・・・

何を信じる事を自分で選択するか・・・・

私は今年が楽しみだ・・・

ようやく勝ち方と負け方の回避し方のバランスが取れたと思う。

数字の裏付けもできた・・・

ただ・・・

今年だけとんでもない偏りを頂戴する可能性は否定できない。

が、2年連続はありえないと思っている。

2年連続偏ったら・・・・

それはもう偏りではない。

絶対を結果に・・・

今年最初の競馬は三日後だ・・・

ロケットスタートを決めてやりたい・・・

初心者が回収率100%超えをする方法目次に戻る

コメント

  1. ライ より:

    あけおめチャン

    …私も何気に、15年以上、馬券の年間収支はプラスなんですが(笑)

    重賞に熱くなって張り倒してる人らは、まず破産するからね、馬券ギャンブルは

    ローカル開催の穴馬券を幾つか取るだけで楽勝なんですよ

    函館
    中京
    小倉

    が私の頼みの綱

    福島が次点

    東京、阪神、新潟は、まぁ儲からない。札幌も苦手。京都も難しいね…。

    結局、ライ的な結論は、夏競馬最高ってことね。

    夏場の下級条件戦の穴馬券

    ?これが本当のお宝レース

    以上

    • N島 N島 より:

      15年以上勝ち続けるのは凄いですね。
      不可能かもしれませんが、夏競馬だけに絞ったら最強そうですね。
      まあ、楽しくはなくなりそうですけれども・・・

  2. K野 より:

    いつも拝見させていただき勉強させていただいております。

    見ていると1日1~2R 場合によっては、やらない日もあるとの事ですが、何を基準にRを選択されているのでしようか?

    当然軸馬、オッズ等々でRを選択されていると思いますが、この辺りのプロセスを記事にしていただければと思います。

    企業秘密かもしれませんが、書ける範囲で書いてもらえれば参考になります

  3. itotakumi より:

    今年もよろしくお願い致します。
    ライさんが書かれているように自分が得意な条件を把握する事が大切ですね。
    仕事が対人援助職でまずは自分を知る事からと言われていて、自己覚知という言葉で表されるんですが、結局何事にも通じると思っています。
    オレはローカルはあまり買わず、主要競馬場が勝負です。特に東京ですね。

    • N島 N島 より:

      自己覚知面白いですね。

      孫子の話と同じで、敵を知り己を知ればというのも分かりますよね。

      己すら分からないのだから、敵を知るのも難しいですよね。

      私も得意分野の抽出は分かったので・・・

      後は淡々とこなすのみです。

      今年はスタートダッシュを切りたいものです。