テレビが廃れ、パチンコも廃れる時代の変化・・・

その時に良くて永遠に続きそうに見えても・・・・

物事には始まりと終焉がある・・・

よくよく考えれば・・・・

昔からそうだよな・・・

車ができて駕籠屋が存在しなくなり・・・・

橋ができて徒歩渡しや船渡しという職が存在しなくなった。

そして、あれほど絶対に見えた広告塔であるテレビも人が見なくなる時代がくるとは・・・

パチンコも人間の欲を刺激するものでなくならないと思っていたら・・・

本気で無くなるな・・・・

結局、射幸心が人間の欲なのにそれを抑制したらそりゃ誰も打たなくなる・・・

最近衝撃的だったのが・・・・

パチンコ屋で台の取り付けとか設備の配線とか設置とか・・・・

そういった業者の大手が4月で会社を清算するらしい・・・・

どんなに悪いと言われていても、ずっと業界を支えてきた会社がなくなると言うこの事実・・・・

信じがたいよなあ・・・・

オリンピックが終わればP業界も規制が緩和し、上向くと言われているが・・・・

そこまで持つ人がいるとは思えない・・・

少なくとも・・・

規制が緩和されて復活するまでにはまだ時間がかかる・・・

その前にこないだの麻雀漫画アカギの採血麻雀ではないけれども・・・・

出血多量になれば二度と蘇ってはこれない・・・

今、パチンコ業界は本当にそんな状況だよなあ・・・

逆に言うと、テレビの話も・・・

今でこそyoutubeが強いけれども・・・・

どう考えてもその次まで見据えていないと・・・

広告も厳しいと思われる・・・

まあ、私自身がSEO対策や露出を上げるブランディングの方法を模索しているように・・・

個人商店や飲食店なんかも私同様だろうしな・・・

物事には始まりと終わりがある・・・

パチンコもそうだし・・・

もしかしたら競馬もそうかもしれないよなあ・・・

昔アニメに商品広告を入れるのが流行したけれども・・・

今もそうなんだろうか・・・

外に出ない人が若い人が増えていると言う現状では・・・・

先を見据えた事考えなければならないんだろうな・・・

まさかなあ、パチンコ業界がこんな事になるとは・・・・

15年くらい前のスロッターだった時には夢にも思わなかった。

そしてパチンコの射幸心の抑制は、一般遊技客に深く刷り込まれていて・・・

今更規制緩和がされたところで深く根付いたパチンコによる勝てないイメージは払拭できるとは思えない。

国はすごい・・・・

泣く子と代官には敵わぬとはよく言ったものだ。

私ももう大分打たなくなったし・・・

すでに勝とうと思い打ちに行くことがそもそも少ないしな・・・

6号機は規制の幅が広くなったとは言うけれども・・・

負ける恐怖を植え付けられた人々には受け入れられないだろうなあ・・・

以前にも記載したけれども・・・

引きの弱い人からホールを脱落していき・・・

今まだ4パチや20スロを打つ人は淘汰された中で生き残っているヒキのオリンピック代表みたいなものだものな・・・・

そんなヒキ強の強化合宿選手相手に凡人が戦って勝てるはずもないよな・・・・

うちの会社も同業他社が解散した場合と大分類似してきた・・・・

長くない気がしている・・・