ビジネスもリスクを抑えられるギャンブルだよな・・・

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...
復活した後輩のブログ

復活した後輩の競馬予想ブログ

泥沼の競馬予想
N島出版のkindle本

N島が出版した営業本

どうせギャンブラーなんだから捉え方をすべてギャンブルと考えれば楽しめるかもなと思い始めた。

そんなわけで諸々考えているというか行動していることを記載し、整理しようかと思っているのと誰かの何かのヒントになれば・・・

人の思考や行動や結果を見る事で閃きが降りてきたりするものだし。

さて、最近なんでも実行すると決めてやっているが・・・・

やはり行動がすべてだなと思わされるのだ。

というのも、完璧な計画を作ろうとすると事前準備に時間がかかりすぎて・・・・

行動にいかないのだよな・・・

結局、できない理由や障壁が無限に湧いてきて・・・・

戦う前に無理だ止めようとなってしまう。

だからこそ・・・

豊臣秀吉の墨俣の一夜城ではないが・・・・

骨組みができたらもうつき進むべきなんだよな・・・・

骨組みを作りながら、防戦し肉付けしていく・・・

必要な事は差し迫った状況になってからやればいいのであって、まずは動き出さないと準備段階の装飾の重さで一寸たりとて進まなくなってしまう。

0から1が1番エネルギーを使うのだから・・・

例えば祭りの山車ではないが・・・

それこそ大八車の状態で何もない車輪と荷台だけのところから山車を動かし始め・・・・

動いている山車の上で装飾をしていくのが本来正しい在り方なんじゃないかと思うのだ。

サラリーマンの経験は社会の仕組みを知るにはいいが・・・

自分で何かをやろうとしたらサッカーのルールを熟知してバスケに挑むような物なんだよな・・・

そもそもルールが違う。

動き出すことで選択肢が広がるというか・・・

占いで言えば二択のタロットカードのような物・・・

右か左かを選択して捲るという行動を起こさないと・・・

次の選択肢が与えられないのだ。

だからこそ面倒な事こそ先にやるべきなんだよな・・・

割に合おうが合わないとしても・・・

自分で赤字が見えている飲食店を経営しなければまったく選択肢になかったことが多々増えている。

経験を買うという発想は本当に重要なんだなと今さながら思うのだ。

というのも、国の補助金がどれだけ凄い物かもわかったし・・・

補助金ビジネスの優位性も脳髄に叩き込まれた。

これをやろうと思うと・・・

発想が逆転し、世の中で実際に行われている事との照合も可能になる。

私の会社も補助金に寄生したビジネスをやっていたんだが・・・

やりかたが杜撰すぎた。

ただ、それでも補助金を貰えたりしていた。

よくこんな方針で潰れないなと思うんだけれども、それでも潰れないくらい補助金ビジネスが美味しいという事。

つまり、買わせる側に補助金を取得させそこに物を売るというビジネスは物凄く生き残りやすいのだ。

自分の会社でよく潰れないなと思いながら会社が回っていたのはこれをやっていたからであって・・・・

結果がそれを証明している。

自分の能力が足りなくても補助金ビジネスのスキームをまんまパクれば結果も同様になるはず。

そう理解した瞬間・・・・

世界の境界線が変わった感じがしている。

なんというか・・・

進撃の巨人で言えば街を囲っている壁が外側に動いていく感じ・・・

以前に記載したマトリョーシカの1つ大きなマトリョーシカの空間を手に入れたというか・・・・・

ということで・・・

やったこととやろうとしていることを記載しようと思う。

まずは、1月に内の店でとある化粧品会社の経営者がイベントをやってくれるので20人くらい来てくれるみたいだが・・・・

青山ひかる氏という歌手が来てくれるらしい。

カラオケで検索すると9曲くらいはいっており、こちらは主催者がペットの兄弟つながりで縁ができたとのこと。

そのイベントを私のやっているような場末のスナックで行ってくれるのだからツイている・・・

丁度いい箱がなかったとのことだったけれども・・・・

ただ・・・

近所の方もいるので集客のチャンスでもあるし、ツイているよな・・・・

異常なまでに清掃しておかないと・・・・

まあこれは大して儲かる話ではないし儲けるよりも機会を得た事がありがたいので・・・

只のラッキーだけれども・・・・

自分が売ろうとしている物を横浜市の新しい生活様式の補助金を申請したらあっさり通ったので・・・

そちらの申請をし、まずはDM送付用の素材を現物から手にしたいと思うのだ。

厚労省から自宅近隣の歯科医院のリストをエクセルで落とし込んで・・・・

この私が補助金で買う物をDMで補助金で手にできますと謳ってA4で送付しようと思っている。

デザインは大丈夫だとして、オプションで設置費用と補助金申請のお手伝いをつければいい。

メールアドレスがあれば大体コロナ系の補助金は難しくない。

社労士や行政書士や中小企業診断士ではないので代行入力してしまうと違法になるがやり方を教えるのは違法ではない。

FAXはcimfaxでテストもOK

固定電話はお店の固定電話で自分の携帯へ転送サービスを工事費2000円と月額500円でつければいい。

ただ、NTTもやってくれてしまって・・・

転送サービスを受けるためにはご利用住所とその固定電話からの申し込みが必要らしい・・・

そしたらお店の登録適当過ぎて、私が名義変更したら住所が違っていてまさかのすぐに申し込めず・・・・

仕方がないので開通の通知を再度送付してもらい・・・

まるで別の住所に驚愕しながら・・・

これで転送サービスはOKで固定電話を手にいれた・・・・

で郵便局に屋号で口座を作りに行ったら税務署の証明が必要とか言われ・・・

そもそも個人で口座作っているのに住所がうんぬんかんぬん・・・・

サラリーマンだから責任取りたくないのは分かるが、やらない理由探しを続けるのはやめて欲しい・・・

税務署に入ったら屋号変更届など存在しておらず・・・

納税地異動届で代用したら今度は郵便局が事例がないと難色を示す・・・

だとしら、私の条件で手にできる証明書を具体的に指示しろと言ったら一応通ったので・・・

これで屋号の口座も作成できる。

そして12月28日から神奈川県の飲食店の休業補償第3弾の申し込みが始まるので・・・

これも先に申請して赤字の補填にし・・・・

第四弾の一日鵜売り上げの4倍から8倍の補助があるやつも申し込まないとな・・・

そして生命保険の代理店も無資格で行えるので・・・

それをやりながら・・・・

コロナ消毒サービスの社長さんに話を聞きに行き・・・・

コロナ消毒定期体実施中のA1ポスターをその年の年号入れて自分の屋号で印刷し、それをサービスで付与・・・

価格も分かりやすくすればいいし・・・・

歯科医師会の会報になんとかそのDMを同梱してもらえないかを・・・

私が送り込んだ事務員さんと会食した決定権者にお願いしてみようと思うのだ。

特典をつけなければならないが・・・

黙って1700部歯科医師会の信用を利用して配布できるのは強みになるし・・・・

やろうとしている事はコロナ対策なので世論にも社会貢献性もあるので・・・

無理がある話ではないと思うのだ。

会社の仕事もそれで歯科医師と接点を持てれば一石二鳥だしな・・・

これも補助金で消毒できるし・・・・

勿論、自分で現場に行って消毒しては駄目なので・・・

今暇になっているパチンコ業界の時の業者を使えばいい・・・

消毒など噴霧するだけなので誰でもできるし。

もしくは知っている人材紹介の社長さんに誰でもできるバイトを取りまとめてもらうか・・・

そのバイトは信用できる業者に管理させて現場行かせて篩にかけてもらえばいいし。

1件じゃペイできないが、1日2件回れるぺーで取れば採算が合うだろうと思うのだ・・・・

消毒も床面積で取っているところが多いが価格が分かりづらい。

だからこそ決まった金額をガチっと取ればいいんじゃないかと思うのだよな。

消毒したところも定期消毒実施のポスターがあればパフォーマンスとして安心感がある。

しかも補助金付きで、補助金の手配の手伝いまで私でやるのだから・・・・

いけると思うんだよな・・・

やってみないと何とも言えないが・・・

やったとして、全部経費は店宛にして・・・

補助金等は所得になってしまい税金かかるのだから・・・

その経費にしてしまえば自腹0でノンリスクで挑戦できる。

かかるのは自分の手間と時間だけ・・・

だからこそ・・・

やるべきなんだよな、ビジネスギャンブルを・・・

打席に立ってフルスイングするべきなのだ。

いまのところ私の打率はフルスイングで0割・・・

ただ・・・

運だけで当たる事もあるが、やらなければ絶対に当たらない。

打席に立つ事が重要なのだ・・・・

人と組もうと思っても0からだと難しいよな・・・

モチベーションやベクトルが合わない・・・

協力は必要なのだけれども・・・・

それは一人で骨組みを作ってからの話なんだよな・・・

そんなことを思わされるが・・・・

まずはやってみよう・・・・