夢の対決と言ってもいい2020年ジャパンカップ(JC)とは言えギャンブルは連続性に殉じれるかだよな

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...
復活した後輩のブログ

復活した後輩の競馬予想ブログ

泥沼の競馬予想

さて、本質的には期待値を稼ぎ続けるという前提があるのだけれども・・・・

ギャンブルはやはり連続性だよなとと思うのだ。

昨日、2連勝できて一息つけたので・・・・

後輩の予想でオッズ的に降りようかと思っていたレースがあった・・・

が、ふと立ち止まって見て・・・

ギャンブルは連続性が重要で、連勝しているのだからと思い直して勝負・・・

なんとか久しぶりに3連勝できた。

20201128東京1R的中

20201128阪神1R的中

20201129阪神1R的中

単勝3連勝中で・・・

ここ最近の厳しい状況に復讐するかのように連勝を伸ばして欲しいところだが・・・・

こればかりはなんとも言えないんだよな・・・

まあ、そんなわけで夢の対決と言っても過言ではない2020年のジャパンカップ(JC)で、今年は有馬記念よりもこのジャパンカップが最高峰のG1レースになりそう。

ただ、Nスポの記者の予想を見ていると・・・・

皆すんなり三強で決まるとは思っていないようで・・・・

印が結構ばらけているイメージがある。

確かに・・・

3強対決でいいレースが見たいというのもあるが・・・・

だがしかし、そこはギャンブルだ。

純粋にスポーツとして楽しむ前に私はギャンブラーであることを再度思い出したのだ。

で、考えてみたんだが・・・・

本当にこのレース3強同士で決まるんだろうか・・・?

よくよく見ていると、相手関係も結構強いハイレベルな対戦相手。

キセキも復調気配でジャパンカップは逃げ馬が結構勝ったりするのだ。

よくよく考えてみれば、古くはカツラギエースや・・・・

マーベラスクラウンやレガシーワールド、ホーリックス・・・・

キタサンブラック、タップダンスシチー等・・・

先行馬が結果的に有利な気がしている。

そう考えた時に・・・・

冷静になってみて、確かに1番人気がずっと勝っている今年の秋のG1・・・・

古馬混合のG1も牝馬がずっと勝っており、牝馬の連続性も途切れていない。

もちろん、連勝や記憶づくめと言った連続性もある

だが・・・・

その続いている流れで・・・・

我々は3強同士が物凄くいい競馬をするという思い込みを刷り込まれていないだろうか?

冷静になって考えてみると・・・

アーモンドアイかコントレイルかデアリングタクトが勝つのじゃないかと思いこまされているが・・・

本当にそうなのだろうか?

ずっと連勝しているという連続性が上位に来るかもしれないが・・・・

競馬が大きく荒れるときというのは思い込みで過剰人気が発生し、想定外の事が起きるときに大荒れが発生する。

記録の樹立が続いているのれでれば、G1史上初の大荒れでも、ジャパンカップ史上初の高配当の大荒れでもいいよな・・・

なんとなくだけれどもローテーションとしてデアリングタクトが有馬記念ではなくJCを選択したため・・・・

競馬ファンを増やしたり売り上げを増やしたいJRAの意向もあり、アーモンドアイとコントレイルは無理やり出走している感は否めない。

菊花賞の消耗を考えると、コントレイルはきつそうに見えるし・・・

無敗の3冠馬が次のG1で勝った試しがないのだよな。

おそらく菊花賞でピークにもっていくので、走れるようにするには間隔が短いのだと思うのだ。

ディープインパクトは有馬記念だったので、一か月以上調整ができたが、シンボリルドルフは最初からJCを目標にしていたにもかかわらず3着に敗れている。

となると、どうしてもデアリングタクトに引っ張られてJRAの意向で無理やり出走してきたように見受けられ、危なさを感じる。

ダービーまでは信じがたいほど強かったが、秋口から凄味が減ってきている気がしていて、無理使いが響くのではないかと思うのだ。

流石に無敗の三冠馬なのでそれほど変な競馬はしないと思うが・・・

状態が悪ければ相手が強いと負ける事は十分考えられる。

アーモンドアイも、フルで出し切っての中3週・・・・・

しかも調教師のコメントが物凄く嫌で・・・・

国枝調教師は相手と競うというより、自分の走りに集中して最後の競馬を楽しんできて欲しいというコメント・・・

いや、この大舞台のこのメンバーで楽しむはちょっと余裕がありすぎるコメントだなあと・・・・

これから引退し、繁殖入りしてまだまだお金を産む金の卵・・・・

こんなところで故障をさせるわけにもいかないだろうから・・・・

絶対に無理はしないと思うのだ。

となると、ノリにノッテいれば話は別だが・・・・

加減しながら勝ち切れるほど甘い相手ではない。

馬の気持ち次第で勝ちには行くだろうが・・・

本気を感じないのが物凄く嫌だよな・・・

それだと、他の牝馬となるとカレンブーケドールかデアリングタクトしかいない・・・

まあ、牝馬の連続性が崩れる可能性も十分あるが・・・・

ただ、今年は異常に牝馬が強いのと・・・・

来年はアーモンドアイの代わりと国枝調教師が言っているカレンブーケドールが物凄く良く見えてきた。

JCは先行する馬が有利だし・・・

案外これなんじゃないだろうか・・・・

後輩のコメント見ると、ちょっと私の本命のデアリングタクトが心許なくなってきた・・・

あと、ちょい齧りの競馬ファンたちが斤量53kgでデアリングタクトが圧倒的に有利とか言うのを聞いて・・・

違うと感じ始めているのもあるんだよな・・・・

本命をカレンブーケドールに変えようかなと思ってしまっているくらいだが・・・

津村騎手はG12着はカレンブーケドールで何度もあるんだが・・・

勝ち切れていない。

それがネックだけれども・・・

チャンスだと思っているなら出せるものは出すと思うのだ。

また、キセキも復調気配で人気薄で前に行きそう・・・・

ジャパンカップは前残りが多いと思うので・・・

案外これもいいんじゃないかと思えてきた。

3強に抗うのもいいかなと・・・

ジャパンカップ史上最大の配当は3連単で30万位・・・・

馬連は230倍・・・・

これを超える配当狙いとしたいが・・・・

2400mの府中のG1は実力がはっきり出るからなあ・・・

ちょっと無謀かもしれないと思うけれども・・・・

ただ・・・

アーモンドアイの位置取りも気になるが・・・

デアリングタクトもコントレイルも後ろからの馬・・・・

人気馬が差しに固まっていてマークのし合いになる時が荒れるとき・・・・

アーモンドアイが後ろを気にして、位置取りを後方にしお互いに仕掛けが遅れれば・・・・

前が止まらないことも十分想定できる。

となるとトーラスジェミニ?となってしまうが・・・

流石に重賞取っていないのは弱すぎる・・・・

なので逃げるのは多分トーラスジェミニだが・・・・

2番手、3番手がカレンブーケドールとキセキになると思うのだ・・・

これが直線入り口で抜け出して後ろを抑え込むような流れになるかもしれないと思うのだ。

ただ・・・・

連続性もアーモンドアイを指し示しているんだよなあ・・・・

メインの重賞を4連勝中のルメ様で・・・・・

8冠馬になって記録樹立で9冠馬の記録を樹立するかもしれない。

そして牝馬で連続性にも合っている・・・・

史上初だしな・・・・

まあ・・・

無理のないオッズ切でカレンブーケドールかキセキが頭になったら美味しいオッズの馬券でも買うかな・・・

買いすぎないようにしたが・・・・

競馬ファンとしてはここで馬券を買わないのはありえないよな・・・・

さて・・・

楽しみで仕方がない。

15時40分に向けて・・・

いそいそとお酒の準備をすべきかもな・・・

それで祝杯となったら飲みに行ってしまうけれども