ギャンブル運は引き寄せられない・・・か

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...

さて、ギャンブル運とかヒキとかツキ・・・・

常にマイナス補正がかかっているような気がするが・・・・

でもそれは偏るだけであって・・・・

ある日の連続性ですべてを巻き返せるんだけれども・・・

人はそれが待てないのでギャンブルで生き残れないのだよなあ・・・・

本当に海の波のようなもので・・・・

引き潮の時にすべてを持っていかれてしまい・・・・

満ち潮の時に戻ってくるだけの物を投じれないんだろうな・・・

とはいっても・・・

やはりイイヒキを常にしているなと思う人は多く・・・

とても平等とは思えないし、平均すればプラスマイナス0とも思えないんだよな・・・

けれども・・・

運はコントロールできないが・・・・

満ち潮が来ていることを感じる事はできるんじゃないかと思う・・・

けれども、そんな感性が正確であればとっくに億万長者・・・

自分の感覚は当たらない・・・

そう思っていないと根こそぎ持っていかれる・・・

だからこそBETは常に一定で・・・・

基本引き潮を満ち潮が来るまで待つのだよな・・・・

そんなわけで・・・・

本日はプロギャンブラーのぶき氏の話・・・・

私よりもおそらくギャンブルの才能が溢れており・・・・

15年間勝ち続けていた実績を出している人ならば・・・

多分、意味不明でも言っていることは正しいだろう。

もしかしたら言葉も真意も正しくても・・・

聞いている私が解釈を間違えるかもしれないが・・・・

でも、世の中自分が解釈を間違えているかもしれない・・・

それなのに、発信元を間違っていると言う勘違いをする可能性があるよな・・・・

常に自分も間違っているかもしれないと言う視点も重要で・・・

これがないと前進も成長もない。

さて・・・

そんな中15年勝ち続けたいわゆる結果を出した人は運をどうとらえているのか?

その言葉にこんな言葉があった・・・

15年間ギャンブルをし続けることは、運を凌駕して必勝の域へ達します。

その結果、たどりついた答えが「運は引き寄せられない」という結論でした。

なるほど、言い変えれば運はコントロールできない。

そういう事で負の偏りは受け入れざるを得ない。

その状況下でどう捌くかが技術なんだろうな・・・

状態を感じると言うか・・・・

ギャンブルを続けることは技術ではないが、やめることは技術だとポーランドの諺にあったっけな。

ノブキ氏曰くは運は流れている物で、それこそ並みと同じで平均するとプラスマイナス0と言っている・・・

このセリフ・・・・

かの雀聖も言っていたな、そういえば・・・・

この記事で記載したが・・・・

努力とか工夫とか、逆に技術的ミスとか、そういうことをのぞいて、純粋に運不運を考えてみると、一人の人間のバランスシートは、結局プラスマイナスゼ...

となるとだ、深くギャンブルを齧った実績のあるものが同じことを言っているのだ。

おそらくそうなのだろう。

そう考えると、引きの良し悪しも捉え方だけとも考えられる・・・

けれども・・・

どう考えてもタイミングの良し悪しはあると思うのだよな・・・

このタイミングでひかなきゃダメな時に引けないとか・・・

どうでもいい時に引くとか・・・・

けれどもそれ自体を引く確率と頻度は皆同じって事なのか・・・

タイミングの違いだけで・・・・

そう考えると確かにそうかもしれない・・・

ヒキは操れないし・・・・

常に一定だと認識し覚悟すればより感情がブレなくなる。

競馬に関してもどうも負に偏っているように思えて仕方がないんだけれども・・・

違うのかもな・・・

いや、一定だと私が認識を変えれば私から見える世界も変化するかもな・・・

そして、もう一つノブキ氏の言葉で思ったのが・・・

運は記憶を持たない。

これはルーレットは記憶を持たないと相通じるものを感じる。

そして、運は過去について語られ未来ではないとされている。

その台詞が運が良かった人、悪かった人だけが存在し、語られるのは過去の運についてだけです。

運が悪いとされる人は、効率的に動く努力を怠っていた結果、悪運を招いている可能性もあります

。たとえば、ネガティブな言葉を発する人の周りには、ポジティブな人が離れてしまうため、ポジティブなことが起こりにくくなります。

逆に運が良いとされている人は、実際に実力があるだけです。

なるほどな、私も運が実力だと思うけれどもそういうことなんじゃないだろうか。

それとこれもそうだなと思う台詞が・・・・

「扉を開ける前に勝負を決めよ」というのが僕のモットーです。

ブラックジャックのプロは、運の波を時間軸と金額幅とでグラフ化して把握し、マネジメントしていきます。

最大落ち幅の統計を出して、たとえば「最大軍資金の57.8%まで落ちる」と把握してから勝負に入ります。

仮に軍資金100万円が60万になろうが、「運はそろそろ上がる頃だな」と感じるだけで、メンタルや勝負方法はブレません。

絶え間ない努力により、情報収集と判断し続ける経験で、運を凌駕して運を超えていきます。プロは運を気にしません。

ここなんだけれども・・・

そうなんだよね・・・

馬券を張る前から勝てる馬券しか買っちゃいけないんだが・・・・

勝てる馬券だけ買っていても回収率100%超えない時もあるんだよな・・・

それがレンジなのかもしれないが・・・

メンタルや勝負方法を変えると確かに駄目なのは否定できないし・・・

レートを一定という考え方も一緒だと思うのだ。

私もそうだけれども、理論値として勝てる勝負しかしていない。

だからこそ継続していれば回収率その内100%超えるだろうと楽観視しているが・・・

けど・・・

大体は忍耐できないのだよな。

過去に10年以上通じていたものが私が気づいた瞬間通じなくなるとは考えづらい。

上半期ベースでは収束してくれるのではないかと思っているが・・・

どうだろうね・・・

でも、勝負の席に座る前から勝負を決めておけというは私も今なら分かる。

勝負は運の前の準備で決しているんだよな・・・

だからこそ、初動とスピードだよね・・・

それと行動・・・

来週あたりは満ち潮になってくれないかなあ・・・

まだ今年に入ってラッキーというのがあまりないし・・・

そろそろいいの?と聞きたくなるくらいツキまくって連戦連勝したっていい・・・・

BETが一定であれば必ず引き潮の地獄を味わう代わりに満ち潮の恩恵も味わえるはず。

まあ、そろそろ全部都合よくなることがあってもいい時期だ。

それを一恩恵受けてしまえばもう大丈夫なんだけれどもね・・・・

必勝に気づいてから1年半・・・・

そろそろ楽させて欲しい・・・・