競馬の勉強法

スポンサーリンク

さて、どうも競馬の勉強の仕方を検索している人がそれなりにいるので・・・

競馬の勉強方法を記載したいと思う・・・

下記が私の勉強法だ。

競馬の勉強法

まずなのだけれども、いきなり競馬の勉強法を話す前に前提を記載したいと思う。

多少長くなるが、どう学ぶかを考える上では必要になってくるので少々お付き合いいただきたい。

私の大学受験をした時の話とまったく同じなのだが・・・・

思い起こせば今から20年前・・・

高校三年生の秋・・・

私は大学受験を残り3か月に控え・・・・

気持ちがいいほど何も勉強していなかった。

周囲が受験勉強と言うのも、皆見栄張って勉強していると言っているだけで実質はゲームしかしてないんだろうとか本気で思っていた。

実際はまったくもって違ったけれども・・・・

ところが故あって、それなりの大学に入学する必要に迫られた。

というか、そう思い込んでしまっていた。

そこで、勉強を始めようと・・・・

参考書の1ページ目を開いて、読み始めた。

ふむふむと・・・

ところが2ページ目に差し掛かった時・・・・

ちょっと待てと・・・

残り三か月しかないのに、今更教科書読んでもどう考えても間に合わないよなと・・・・

無駄にしかならないと思い・・・・

望んでいる結果と、その望みを叶えるにはどうなっていなければいけないかを考えた時・・・

今でもあるのかもしれないが、当時は赤本と呼ばれた大学毎の過去問集が書店に売っていた・・・

この赤本の問題が解けるようになっていれば受験に受かるよなと・・・

つまり、出題される問題さえ解ければいいんだ。

この問題が解ける事(よく私が使う言葉の結果とも言い変えられる)を起点に、遡及するように勉強すればいいんじゃないか?

つまり、いきなり分からなくてもいいから問題を解いて、知らない事を覚えていこうという・・・

天井から地面に戻ってくるような無謀な勉強法を始めた。

当然最初はちんぷんかんぷんだったが・・・・

参考書1ページから読むよりは遥かに効率がいいと・・・・

無理やり解けもしない問題を解き続けた。

当時はPCもなかったから赤本の解説と、数少ない参考書にかかれたところを探して覚えていった記憶がある。

結果として、私の参考書はほぼすべて赤本と言ってもいい。

おかげでどうにか納得のできる水準値の大学に現役で入る事ができた。

この、結果を起点に考えるという考え方・・・・

仕事でも同じなんだけれども、納期から逆算するという考え方だ。

求める結果のために必要な仕事を細分化していくと言ってもいい。

これが勉強法にも仕事にもギャンブルにも必要な考え方で・・・・

こう考えないと過ちを犯そうとした私と同様に・・・・

教科書の1ページ目から何冊も読むことになってしまう。

断言できるが、これでは目的は達成できない。

結果と言うか、ゴールが見えていれば、どうやったってスタート地点にはつけるが・・・

スタート地点からゴールに向かうと、たどり着けるとは限らないのだ。

それこそ・・・・

漁を行う時の網の返しと言うか・・・

入口は広く出口は狭いため出れないのと同じだ。

ゴールからスタートには行けるが、スタートからゴールにたどり着くのは至難の業と言う話。

で、何が言いたいかと言えば・・・・

受験勉強も仕事も同じなのだ。

結果(納期)を起点(スタート地点)に物事は考えるべきで・・・・

そうじゃないと求める結果にならない。

ということは競馬においてはどうだろうか?

競馬における結果とは?

真のスタート地点はどこか?

それは競馬で回収率100%超えている方法だろう。

そして、その方法を求めて0からスタートしても手にはできない。

1番いいのは自分が望む結果を出している人を探し出し・・・

その人の模倣をすること

ただ・・・・

そもそも回収率100%を出している人を探すことが難しい。

多分、競馬youtuber等で100%超えの回収率を表にまともに出せているのは私しかいない。

そもそも直前でLINE@でリアルタイムで買い目を呟いてのものなので・・・

嘘偽りのない結果を出しているのは私だけだろう。

他に探しても・・・

ケイタも大根おろしも大黒もNET777も全員どう考えても負けている。

ケイタは派手なので一瞬勝っているように見えるかもしれないが・・・

あれは勝ち負けにこだわっていないから負けていてもどうでもいいし、勝つ気もない。

目立てばいいだけ。

馬券で勝つ気などさらさらない。

セルフブランディングでもっと違うところで果実を手にしている。

なので、一般の競馬ファンが勝とうと思ったら・・・

表舞台で探せるの私だけだと思うんだよな。

まあ、それでも結果出しても信じたくない物は信じない人はいるし・・・

毎年ウォーレンバフェットは終わったと言い続けている人もいるわけだからな・・・

冷静に客観的に事実だけを考えたら・・・・

LINE@で買う馬直前に呟いて・・・・

的中馬券も挙げて・・・

回収率100%超えの画像も挙げていれば・・・・

勝ちを証明できている。

ところが、他で勝っていますと言いながら回収率100%超え続けている画像を出せるやつは見ていない。

それはそうだろう・・・

負けているのだから出せるはずがない。

そんな私が競馬の勉強法を記載するが・・・

結果を起点に物事を考えろと・・・・・

これは本気で私が勝つために学んだことなので・・・

何度も読んだ方が勝てるようになるとは思う。

初心者が回収率100%超える方法

結構ガチで負けを削る考え方だし、勝つための考え方書いているんだけどね・・・

分かる人は分かるから回収率上がりましたってメールくるけれども・・・・

あとは・・・・

競馬名言

投機格言

N島のおススメ競馬編

この辺で基礎を学ぶことかと思うけれども・・・・

正直言ってしまって競馬で勝つ勉強方法と言ったらギャンブルで勝つ方法と同じなんだよな・・・

期待値を稼ぎ続ける事。

これは不変の法則であり原則。

つまり、パチンコでもスロットでも株でもFXでもバイナリーオプションでも競馬でも・・・・

期待値を稼ぐことを繰り返す以外にない。

で、競馬における勉強とは、言い変えれば競馬で期待値を高くする方法だ。

その勉強方法を知りたいのなら・・・・

まずは私が高校生の受験の時にやったように参考書や予想本やコースや調教師や血統や本なんか読んでたら間に合わないし・・・・

それはスタートからゴールに向かう行為で・・・・

辿り着けない可能性がある。

だからゴールから考えるべきで・・・

乱暴な言い方になるが、競馬において一番重要なファクターはオッズであり・・・・

それは買い方なのだ

BETの仕方

賭け方、張り方と言える。

嘘偽りなく、過去の私の競馬の勝ち方を教えるとしたら・・・・・

予想なんかどうでもいいから良い買い方をしろと言う事だろう。

トリガミになるような馬券は最初から買ってはいけない。

予想の精度を磨くより買い方の精度を磨いた方がよっぽど結果が出る。

まずは負ける買い方をやめる事。

そして負ける買い方を知り、それを避ける事だ。

それを学びたければ上記回収率100%超える方法を繰り返し読んでもらいたい。

兎にも角にも回収率100%超えるようになって分かったが・・・

買い方が下手な人が多すぎる・・・

予想レベルはそれほど差をつけることはもはや難しい。

ただ・・・

ターゲットのように競馬ソフトを使っていない人が勝つには単勝しかないし・・・・

複勝は買った時点で負けが確定する。

そもそも複勝で勝てるとか書いてある嘘情報が多すぎるから皆ゴールにたどり着けない。

競馬で学ぶのもまずは買い方を勉強しよう

そして勉強は結果を、ゴールからスタートに遡るように学ぼう。

そうじゃないと求める結果を手にするための勉強にならない。

まあ、私が記載していることの真偽も判断がつかなかったり・・・

理解できないようだと・・・

勝つまでの道のりは遠く厳しく・・・

まだ1合目にも達していないと言えると思う。

須田鷹雄氏も言っていたが・・・

間違った信仰の筆頭が的中率崇拝主義だ。

的中率を求めれば回収率が下がる反比例の関係になるし・・・・

的中率100%は物理的に存在しない。

100%に近い物を狙っても、不慮の偶然の壁を越えられないのでどうやっても回収率100%は難しい。

中には奇跡的に高的中率で回収率100%超えている・・・

そういう人もいるかもしれないが・・・・

1000回勝負したら間違いなく回収率100%を割り込む

つまり期待値を稼いでいないのだ。

ということで・・・・

競馬の正しい勉強法は結果を起点に学ぶこと

そして、一応私が知る限り、表舞台に出てこない回収率100%超えの方は複数いるが・・・・

検索してまともに出てくるのは私くらいだ。

何が客観的に正しいかを考えて、信じる物を選択すべきだろう。

確かに本当に勝っている人は基本的に表舞台に出てこない。

出る必要がないからだが・・・

私はぼろ負けしていた時代からずっと表舞台にでているからなあ・・・

脇役くらいにしか目立っていないが・・・・

ケイタにはなれないね。

見る人が見れば分かる名脇役だったとしても・・・

ともかく・・・

競馬を勉強しようと思ったらまずは買い方だ。

予想は大した結果に結びつかない。

そして間違った情報が多すぎるので・・・・

疑いようのない事実を探そう。

それは相手が自分から見て望む結果を出していると証明している事。

言うのだけは誰でもできるが、指定した時間に証言した結果を証明しているか否か。

そして競馬学ぶと分るけれども・・・

勝とうとしたら競馬が楽しくなくなり、苦しいばかり。

理不尽に耐えながらぐっと忍耐の連続

買いたい馬も買わず、機械的に期待値が高いかどうかだけで勝負をし、そこに思い入れや感情はなくなる。

感情が動かない事は感動がない事だから・・・・・

つまらなくなるのは仕方がない。

楽しかったものを学習することでつまらなくなる。

なかなか矛盾なんだけれども、答えが分からないから楽しいのかもしれないと思ってしまう。

それでも学ぶのなら・・・・

私の記事「初心者が回収率100%超える方法」を繰り返し読むことをお勧めする。

これはリアルにガチなので。

上記が私が思う競馬の勉強法だ。

役に立つ人が存在することを祈りたい。

まあ、書いてある事実践すればやっていなかった人なら間違いなく回収率上がるけれどもね・・・

人間、分かっていることを実行に移すのがどれだけ難しいか分かるかもしれない。

聞いたことをやらないのが9割9分と言うしな・・・・

私もそう思うから・・・・・

逆にやると言ったら必ずやろうとしているけれども・・・・

コメント

  1. 風助 より:

    今回の更新の内容が秀逸すぎて、何度も読み返してしまいました。

    自分の、馬券の買い方が、この更新がきっかけで変わると思います。

    ご教授、本当にありがとうございます。

    N島さんは、仕事もかなりできる人なんじゃないですか?

    勉強ができる人と、頭のいい人は、別物ですよね?

    まぁ、N島さんは、勉強もできるし、頭のいい人だと思いますけど。

    • N島 N島 より:

      コメントありがとうございます。

      お役に立てたのであれば何よりです。

      仕事は新卒の時は死ぬほどできませんでしたが、今は仕事ができないと言われたことはありません。

      記憶力と頭の良し悪しは仰る通り別だとは思いますが、確率的には勉強ができる人の方が頭がいい確率は高いと思ってます。

      お褒めいただきありがとうございます

  2. 150%を目指す より:

    回収率100%を超えるのは確かに大変ですが、年間黒字100万円を超えるのは、その頂がどこにあるのかさえ分からないほどの困難な道のりですね。
    だからこそ、競馬は面白いのですが。
    純粋に馬券だけで生活できるようにして行きましょう。

    • N島 N島 より:

      回収額で黒字100万はレートによるので何とも言えませんが・・・
      回収率を105%超えていれば難しくはないと思います。
      卍氏は回収率102~103%で億勝ちなので・・・・
      競馬生活は精神的に持たないと思うので目指してはいませんが、持っているコンテンツ次第では可能かもしれませんね。

  3. 和秀 より:

    ときどき ブログ 動画は よくみてます。
    競馬は つくづく 買い方だと いかに 100%
    超えることが難しいギャンブルかと

    • N島 N島 より:

      Twitterの件メールを送っていただくのは問題ありませんが、内容によっては可能かどうかは不明です。

      問題ないようでしたら動画の件やってみます。

  4. 和秀 より:

    ツイッター 無言フォローしています。
    全くツイッターのこと知らないのですいません。

    • N島 N島 より:


      どうすればよろしいですか?
      可能でしたら、私のブログの下の方にお問合せがあるのでそこでメール送っていただければ私しか見れませんが・・・