馬券師は戦国大名だな・・・

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...

ふと思ったのだが・・・・

ギャンブル・・・・

特に競馬においては、馬券を買う人間は戦国大名と同じだなと思ったのだ。

というのも最近叩くに叩かれ、生きているチャンネル登録が激減している競馬の大根おろしがいるが・・・

彼を見て、それを思いついたのだ。

中国の戦国時代の故事に「合従連衡」という話が出てくる。

戦国七雄のうち強大になりつつあった秦と、周辺六ヶ国(韓、魏、趙、燕、楚、斉)・・・

当初、六国は相互に結び、協力して秦の圧力を防ごうとした(合従策)

しかし、秦に各国が切り崩され、結局はすべて秦に滅ぼされたのだが・・・・

これは秦が各国に同盟されたのを危機感を感じ、個別に同盟を結んで他の小国を滅ぼし、最終的に秦が一番強大になったからなのだが・・・・

競馬の大根おろしはここで言う秦であったが、他者が同盟結ぼうがなんだろうが我道を行くスタイルで全部周りを潰しに行った結果・・・

最終的にピンチに陥った時、周りから袋叩きに合っているのであって・・・・

これも教訓になる。

彼は一応仮想敵をJRAにしていたが・・・・

これは矛先を自分に向けないための張りぼてなんだよな・・・・

そもそも競馬は・・・・

本質的な話をしてしまえば・・・・

プレイヤー同士の奪い合いだ。

つまり、真の敵はJRAではなくライバルと言う事になる。

JRAが運営しており、テラ銭を抜いているので一見敵のように見えるが・・・・

戦国時代で考えれば朝廷であり、手の出せぬ領域の存在だ。

ルールを作成し、朝敵を作り出す他の戦国大名とは一線を画した存在だ。

実質は朝廷であるJRAがいて・・・・

馬券を購入する者同士が勝つために精進している戦国大名のようなもの。

だが・・・

戦国大名だからと言って全員敵だと個別で戦うと、大根おろしのように袋叩きに合う可能性もあるし・・・

かといって全員が全員味方であるわけでもない。

ただ、これは戦国大名も同じで、外交を駆使して同盟を結べるものは結び、小さい敵を倒していく・・・

まあ、群雄割拠しすぎているのでほとんどが見えない敵と考えてもいいんだが・・・

見えない敵相手に個の力で立ち向かうのは効率が悪すぎると思うのだよな。

可能であれば、基本自力よりも他力を使うべし。

本当にゲームのペルソナ5もそうなんだが・・・

コープと言う協力者を得ることでどんどん有利になっていく。

会社の営業だってそうだ。

1人の営業が個別で物を売りに行ったって苦しいだけで結果は伴わない。

基本的には誰かと協力し、紹介や相互メリットによって自動営業システムとなっていくもの。

売りを上げたり、拡大している会社で他力を使わない会社などない。

同様に競馬もそうだ。

競馬関係のyoutuberもそうだが、誰かと組む方がよっぽど効率がいい。

勘違いは避けるべきで、保険としても・・・

情けは人の為ならずで極力他者と協力した方がいいだろうな。

馬券の方も・・・

敵が見えないほど強大で多数いるなら・・・・

他力を使用すべきだよなと私は思っている。

私の場合は後輩の予想と言う他力を使用することで回収率を高く保てている。

そして・・・・

これまた分かったんだけれども、人間はやはり分かっていることでさえその通りに実行することはできない。

協力したとしても他力を上手く活用できない可能性も高いし・・・

人の協力を得るって凄い事なんだよな、本来・・・

だからケイタササグリの動画とかも誤解を招くようなやり方と言うか・・・

誇張した叩き方もやりすぎだと思う反面・・・

それでも協力するスタッフがいると言う事が評価できるんだよな。

例えば、私が私の動画を作るのに協力者を集めようとしたってかなり難しい。

そんなにメリットがある状態にもならない気がするし・・・

そもそも面倒くさいし・・・

自分の目的のために、人を協力させるのは凄い事なんだけれどもね。

そう考えると、大根おろしや大黒とケイタでは役者が違う。

最近NET777が胡散臭くなりすぎて、恐ろしくないが・・・

このyoutuberも他力を活用していると思うのだ。

あの急速な編集のレベルアップは独学でできるとは思えない。

この世の中、普通に生きることも難しく・・・

皆が皆戦国大名状態。

他人は敵でもあるが味方でもある。

ただ、普通に生きる事さえ難しい現代では・・・・

誰かの協力、同盟を結びながら生きないと・・・

普通に生きる事さえ難しいのではないだろうか。

今は、人手不足で本当に人を雇えないようだが・・・・

普通に働いて生きている時代は本当にとうに終わったよな・・・

いつなんどき、何が起きるか分からないのだから・・・・

保険として自分で生きていける術を得ようとし、そのための同盟を得ないとならないのだろうな・・・

馬券師だけじゃない、戦国大名なのは。

普通に仕事していても、その業界が大丈夫ならいいが・・・・

折角同盟を築いても、その業界が無くなれば零スタートになる可能性も否定できない。

馬券も一緒だよな・・・・

私も独学ではこれほど回収率を上げることはできなかった。

そもそもの回収率が20%くらいしかなかったのだから・・・

買い方が神がかり的に下手で・・・・

我慢ができず・・・

期待値の低い行為を繰り返し・・・・

そして学ばず、誰とも協力しない・・・

まさに「あの世いきドロップ」を喰らいに自ら首を差し出すようなもの。

たまたまかもしれないがブログをやっていたおかげで、勝っている人たちとの接点を持つ事ができ、学ぶ事ができたし・・・・

負けている方々にも学ばせていただいて・・・・

結果的に他力を得ている。

予想力の無さは後輩の予想を他力として使い・・・・

負け方はししゃもさんに学び・・・

勝ち方はぷほるすさん、ととさん、くりりんの分さんに学ぶ。

一つのヒントの大事さを思わされるが・・・・

戦国時代だったら何度もお家滅亡の危機を迎えているから・・・・

現代の競馬で本当に良かったと思える。

さて、同盟を覚えた戦国大名として・・・・

より回収率を高くしていきたい。

全部自分でやってはいけないのだ。

過去にも記載しているが、自作で車を0から作ろうとしたらどれだけ時間がかかるだろう。

タイヤは作ってくれる人から買った方がいいし、エンジンもそうだ。

知らない事を学ぶより、知っている人の協力を得るべきなのだ。

ある種、大根おろしも反面教師として協力を得たようなもの。

前進を目指したい。