競馬の最強馬(過去)

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...

こう記載すると記憶によるところが大きいとか・・・・

馬場の作り方を変えているのでタイム的にとか・・・

そういう話になると思うけれども・・・

私のようにダービースタリオン3世代としての視点で最強馬を記載したい。

多分、最近だとオルフェーブル最強説が唱えられていると思うのだけれども・・・

それでも3冠馬同士ならディープインパクトの方が強いと今でも思う。

オルフェーブルは崩れることがあるが、ディープインパクトは崩れることはないし、天皇賞春と宝塚記念の勝ち方を見るとこんなに敵うわけないだろうと思わされる。

オルフェーブル最後の有馬記念とかは嘘だろうと思うほど強かったけれども・・・

それでも無敗の3冠馬はやはり普通の三冠馬とは違うと思うのだよな。

ディープインパクトは凱旋門賞で3着の後、政治的要因としか思えない内容で失格になったが・・・・

NHKで心肺機能を紹介されたサラブレットは後にも先にもディープインパクトだけ。

あの3着の時もハリケーンランとシロッコと言う強豪に同じ位置にいて先着しているのだから・・・

純粋に馬としてはディープインパクトは強かった。

逆にオルフェーブルが2着に負けた最初の凱旋門賞も未だに納得いかないのだが・・・

あれ、本当に実力で負けたんだろうか・・・・

シンボリルドルフが最強と言うのもうなずけるが・・・・

今、世代が変わりすぎていて馬も進化しておりさすがにもう通じないと思うのだ。

だが、ディープインパクトの心肺機能とスピードは今でも十分通じると思っている。

産駒が好走しているのがその例だが・・・・

ただし、これは今でも思うが・・・・

2000mまでならサイレンススズカが最強だと思うのだ。

ハイペースで飛ばしてバテないのだから・・・

勝てるはずがない。

競馬における本当に強い馬は逃げ馬だよなと思うのだな。

逃げて上がり最速出せば絶対に差されない

それができたのはサイレンススズカだけだと思っている。

逆に牝馬で言えば・・・

ダイワスカーレットが今でも最強だと思う。

ウォッカもブエナビスタもジェンティルドンナも化け物だったけれども・・・・

ダイワスカーレットは前に行って、押し切れる強さを持っているし・・・

2着だった天皇賞秋も普通ならビリでもおかしくない状況・・・・

あれで2着に来るし、ウォッカにも何度も先着している。

何しろ勝った有馬記念のメンバーが強い。

JC馬のスクリーンヒーローもいたし・・・・

G14勝のメイショウサムソンもいた

昨年の覇者マツリダゴッホとオルフェーブルの兄ドリームジャーニーもいた。

これらの馬相手に前行ってついてきた馬全滅させての勝利・・・・

異常なまでに強いとしか言いようがない。

負けた天皇賞秋の方が東京専用のウォッカと僅差なので・・・

状況を考えたらあちらの方が強い負け方だったけれども・・・

なので、牝馬なら迷わず最強はダイワスカーレットだと思っている。

その他でもこれは化け物だよなあと思えた馬は多々いるけれども・・・

ドゥラメンテなんかもおかしいくらい強かった・・・・

後はタイキシャトルも走っているころはモンスター級に強かったなあ・・・

引退直前はもう馬に走る気が無くなっていたみたいだが・・・・

普通に走っていた時のあの強さは異常だった。

東京コースのウォッカとブエナビスタもおかしかったけれども・・・

そんな馬鹿なと言うレベルに・・・・

最近ではキタサンブラックが異常に強かったかな・・・・

でも、本当に強い相手だったら負かせない相手ではないように見受けられる。

全盛期のディープインパクトにはどうやっても勝てる気しなかったもんな・・・

後にも先にも抗う事を諦めたのはディープインパクトとタイキシャトルとサイレンススズカくらいだもんな・・・

オルフェーブルにもダイワスカーレットにも1番人気と言うだけで抗ったけれども・・・

当然、ウォッカにもジェンティルドンナにも抗った。

ドゥラメンテにも抗ったし・・・・

キタサンブラックなんかには抗い続けている。

古くなるけれども・・・

ミホノブルボンも異常に強かったなあ・・・

あれも菊花賞先手取っていても厳しいとは思うんだけれども・・・・

でも皐月賞とダービーを1番人気で逃げ切るとかおかしい・・・

スペシャルウィークも強いとは思うんだけれども、勝てない強さではないんだよな・・・・

それだったらオグリキャップのバンブーメモリーを指したマイルチャンピオンシップとか異常に強いし・・・・

化け物と思える感じだよな・・・

今の競馬であんな差し見た事がない・・・

勝ったと聞いていても途中まで間違いでしょうと思うしな・・・

ナリタブライアンの3冠レース全部異常に強かったけれども・・・

あれも股関節炎起こしてからは駄目だしな・・・

マヤノトップガンとの阪神大章典は見応えがあったけれども・・・・

相手が弱かったと言ってしまえばそれまでだし・・・・

テイエムオペラオーも異常に強かったが・・・・

勝ち方が地味なせいか何故か人気がない。

この馬も勝てない相手じゃないように見えてしまうので・・・・

最強とは言えないのだろうなと思える。

となると・・・

これは勝てないだろうと思える馬と言うと・・・・

やはり最強はディープインパクトになってしまうんだろうな・・・・

もしくは距離限定されるがサイレンススズカ・・・・

あの毎日王冠はすごかったし・・・

故障してしまった天皇賞秋の1000m通過のペースも異常に早く・・・・

あのまま行けていれば上がり3ハロン40秒でも凌げるような着差が開いていたらしい。

2000mまでならディープインパクトでも届かないような競馬をする馬だった・・・・

今後、これには勝てないと思うような馬・・・・

見れることあるだろうか・・・

サラブレットの生産頭数が全盛期の半分以下になってしまっている現状で・・・

そんなことを思わされる。