弥生賞からダービー直行で勝った馬はいないので、ダノンプレミアムに抗う

スポンサーリンク

さて、無敗の馬ダノンプレミアムがダービーに出走する。

ネット競馬見る限り当たり前なんだけれども1番人気想定・・・・

ワグネリアンやブラストワンピースが2~3番人気想定でエポカドーロが4番人気って・・・・

エポカドーロ舐められすぎだよなあ・・・

この馬は消してはならないと思わされる。

にしても田辺先生のジュネラーレウーノが思ったよりも大分人気がない。

前走は強い3着。

田辺先生だろうし、これはもっと人気になってもいいと思うのだけれども・・・・

個人的には本命はまだ決め切れていないが、ステルヴィオかエポカドーロかジェネラーレウーノの予定。

ダノンプレミアムの頭は否定する。

馬は突き抜けて強いとは思うけれども・・・・

皐月賞回避した時点でこの馬はもう持っていない。

本当に持っている馬だったら・・・・

弥生賞後に順調に皐月賞に出走して勝っているはず。

休み明け初戦でダービーで1番人気・・・

距離も未知だし、人気もある。

馬券的には消しだ。

先行馬が多くなりそうなのでペースが速くなりそうなので、差し、追い込み馬かなと思えるけれども・・・

ダノンプレミアムが控えるようなら・・・・

案外先週のラッキーライラックのように伸びないと言う展開も十分考えられる。

ダービーは運がいい馬が勝つと言われている。

運が良い馬は皐月賞前に怪我をしたりしないと思うのだ。

そう考えると、ダノンプレミアムの運はロジユニヴァースの皐月賞の時のような枯渇状態になっているのではないか?

私としてはそう感じる。

ダイナガリバーの時代まで遡っても、前走皐月賞からダービー制覇した馬が多いし・・・

例外はキズナとかウォッカとかアグネスフライトやフサイチコンコルドといったどうにか間に合った馬が多い。

ディープスカイやタニノギムレットのようにNHKマイルカップからの組もいるけれども・・・

弥生賞から直行でダービーを勝った馬を私は知らない。

間に皐月賞で負けて等を挟んだりしている・・・

例外はたまに起こり得るけれども・・・・

ダノンプレミアムが1番人気である以上、馬券的には抗うべきだ。

過去のジンクスや常識を覆すほどダノンプレミアムが強かったらそれは仕方がないではないか。

素直に祝福すべきであって。

ただ、回収率的に考えたらここでダノンプレミアムを軸に買うのは正しくはない。

私は皐月賞に出れなかった時点でダノンプレミアムが運のいい馬とは思えない。

過去の格言の繰り返しにになってしまうけれども・・・・

ダービーは運のいい馬が勝つのだ。

運がいい馬が弥生賞後に故障はしない。

フジキセキのような感じもするけれども・・・

もしもフジキセキがダービーに出走していたらの想像をダノンプレミアムに重ねたい。

サラブレットの世代頂点を取るのはそんなに簡単な事ではないと思うのだ。

比較的ダービーは1番人気が勝ちやすいレースではあるけれども・・・・

ここはギャンブラーとしての抗いどころ。

絶対は存在しないし、皆が絶対そうだと思う事ほど逆の事象が起きやすいと個人的には思っている。

思い込みと決めつけ、競馬においても実生活においてもこれほど危険な物はない。

ダノンプレミアムがモンスター級の馬であったら馬券は外れるが・・・

凱旋門賞とかの夢を感じれる分それはそれでいいんじゃないかと思える。

ダービーは私はダノンプレミアムにきっちり抗う!!

真っ向勝負の相手がステルヴィオかエポカドーロかジュネラーレウーノか・・・

マークされなければジェネラーレウーノが田辺騎手だし人気もなくていいかなと思えてしまうけれども・・・・

そういえば・・・

先週の回収率が出てたな・・・

大分吐き出してしまった・・・・

折角ヴィクトリアマイルの時にこのダブルベット成功したのになあ・・・・

2018年5月13日東京6R エングローサー

ダービーに向けて景気良くなるように、当たり画像を再掲載してみる。

そして・・・

この回のyuotubeもあげたのでついでに貼っておく。

ダービーの日もこの回のような快勝を狙いたい。

何度でもいう。

弥生賞勝ってからダービー直行でダービー馬になった馬は30年くらいいない。

というより出走した馬が1987年までいない。

それが1番人気なら・・・・

是非とも抗うべきだ。

乗り越えられたら化け物級として素直に今後を応援しようと思う。