格こそがサラブレットの走力を統御している

スポンサーリンク

格こそがサラブレットの走力を統御している

格は漠然としていて定義しにくいが、所定の距離を所定の競馬場で命じるままに走りぬく能力である。 

格とは心臓であり、神経であり、すべてを束ねた能力である。ピッツバーグ・フィル

米国の超有名馬券師。

1800年後半から1900年あたりに活躍した伝説の馬券師。

本名はジョージ・E・スミス。

1905年2月に43歳の若さで死亡。

競馬はビジネスで、馬は格だと言う信念を持つ。

1900年代に競馬だけで500万ドルの資産を作り出した。

現状の円換算でも4億円だが、当時の貨幣価値を考慮すると、どれほどの資産か想像できるだろうか。

非常に曖昧な表現だが、私なりの解釈をすれば心肺機能ということだろう。

心肺能力と気性というか・・・・

まあ、総合力なんだろうが。

数値化できない以上、格と言われても難しい。

日本でも、1格、2調子 3展開とあるが・・・

その格ってそもそもなんだろうという話だ。

心肺能力と気性による総合力だとしたら・・・

格が大事といえども、格の違いを判断するのが難しい。

なので・・・

個人的にはバテない心肺能力という意味だと思っておく。

バテなさはどう算出するか、ハイペースでも走力が衰えない事なのだろう・・・

そもそも日本とアメリカは競馬の種類が違うと言われている・・・・

日本には当てはまらないかもしれないが・・・・

どう考えても逃げてバテない馬が勝つよな・・・・・

切れ味よりもスピードよりも・・・・

何よりもスタミナかもしれないな・・・・

そんなことを思わされた・・・・・