勝負の世界で、「勝つ」とか「強い」とか「運がある」というのはどういうことかと言えば、変化に強いということである。 桜井章一氏

スポンサーリンク

勝負の世界で、「勝つ」とか「強い」とか「運がある」というのはどういうことかと言えば、変化に強いということである。 桜井章一

言わずと知れた雀鬼である。

牌の音という麻雀教室を開いていたかと思われる。

20年間無敗というのは凄まじいが、実証はできていない。

ただ、格闘家ホイスグレイシーと懇意にしているようで、勝負師同士通じるものがあるのだろう。

個人的には本当なのではないかと思っている。

一度テレビか何かで積み込みを見せてくれたが、見事な腕だった。

変化への強さ・・・

勝負の世界に限ったことじゃない。

いや・・・

社会生活そのものが競争である以上・・・・

それは勝負なのかもしれない。

生物の生存勝負。

変化に追い付けなければそれは生き残れないだろう。

状況の変化・・・

そこに目を向けるのが生き残りをかけた勝負なのかもしれない・・・

と以前は同じ言葉でも受け止め方が大分違う・・・・

昔「チーズはどこに消えた?」という本が読み手を試していると感じたことがあるが・・・・

同じ言葉でも経験等をしていくと違う意味が含有されていると言うか・・・

解釈が変わる・・・・

言葉自体も真意は本人以外は分からないのだなと最近思うのだ・・・

これも・・・・

注意力についての話に聞こえる・・・・・

投機性の強い物に一番必要とされている注意力・・・・

変化に気付けるか否かも含めてそれを言っているのではないかと思うのだ・・・

まさにチーズはどこに消えた?の話と同じで・・・・

変化をしてしまったら同じ方法は通じない・・・・

切り替えて、変化に合わせていかなければならないだろう・・・・

現状維持では駄目なんだよな・・・・

常に進化しなければ・・・・