競馬で稼ぐ唯一の真実

スポンサーリンク

これは、永遠の命題かもしれない。

結構競馬で稼ぐ方法を探している人は多いが・・・

不可能ではないが当然相当に難しい。

私も試しに検索してみたが・・・・

言っていることは正しいものの、入り口だけなんだよなあ・・・

具体的にどうすればいいかが書かれていない。

まあ、競馬のリテラシーが高くないと、具体的に記載されていても理解はできない。

それに・・・

私が知る限り競馬で稼ぎ続けている人はいるが、勝ちに上限もあるし、労力の割には見合わないと思っている。

それでも、これで稼ぎたいんだと強い意志を持つ人のみが本当の茨の道を突き進めばいいと思うけれども・・・・

競馬で稼ぐことはまったくもって簡単な事ではない。

でも上位5%になればひとまずトントンにはなれる。

上位2%になれば胸を張って勝っていると言えるだろう。

特に、最近は若者のギャンブル離れが激しく、競馬人口もサラブレットの数も減っている。

ライバルが強くなっているのと、売り上げが下がっているので当然勝ち額の上限は限定されていく。

普通の午前中のレースであれば、単勝の売り上げは3000万円位しかない。

関谷記念で3億円弱・・・・

当然3000万円しか入らないようなレースに単勝を10万円入れると0.3%でそれなりにオッズが動くのだ。

競馬で一年で億とか勝ち続けると言うのはオッズとの兼ね合いで私は難しいと思っている。

例えば、私のように10万円BETの単位でも年間勝てるのはせいぜい1000~2000Kくらいだと思われる。

もっと効率の良いやり方もあるのかもしれないが、それを体得するのにいくら使うか分からない。

そもそも勘違いしているのが競馬で当てる事と競馬で儲ける事、稼ぐことはまるで別物ということだ。

例えば当てるだけなら単勝を全通り買えば当たると言うのもバカにしているのかと思われるかもしれない。

けれども、よくよく考えると、似たようなことをしてしまっているのだ。

いわゆる多点買いだ

例えば単勝複数点とか・・・

複勝複数点買とか・・・・

買った時点で負けている馬券を買っているのに、それは是として単勝全通り買いは違うと思っている。

このあたりの感覚も十分じゃないとならないんだけれども・・・・

さて、そんなわけで競馬と稼ごうとしたらかなりの勉強が必要で・・・

しかも優先順位を的確に把握する必要がある。

それは他のギャンブルにも共通することが多く、他でも応用が利くがそもそもギャンブルをちゃんと理解している人は少ないため、大部分が稼ぐことは不可能だと考える。

確かに非常に難易度は高いが・・・・

競馬で稼ぐことは不可能ではない。

では、競馬で稼ぐためには何が必要か?

他の記事でも共通することが多いけれども・・・・

改めて記載する。

まず、大前提として他のギャンブルにも共通するけれども・・・・

ギャンブルで、競馬で勝つための大原則がある。

それが期待値を稼ぐことだ。

期待値とは・・・

的中率×合成オッズ>100%

こうなっている馬券のみを購入し続ける事。

頭の記事に固定している初心者が回収率100%を超える方法を見てもらった方が早いかもしれないが・・・・

大事なのは期待値を稼ぐと言う事。

ここまではどこにでも記載しているだろう。

じゃあ、どうやって期待値を算出すればいいか?

これが難しい。

そもそも、当たり前だけれども他者より情報を得ようとしたら競馬ソフトを使わなければならない。

一番のおススメはターゲットになるし・・・・

これは月額かかるけれどもやってみると競馬新聞が不要になる。

競馬新聞やスポーツ新聞代だと思えば安い物。

勝っている人で競馬ソフトを使っていない人を見た事がない。

なので、競馬で稼ごうと思ったら馬券代を削ってでも競馬ソフト導入する必要がある事が一点。

競馬ソフトを導入すると合成オッズが見れるし、合成オッズでオッズ切で馬券をCSVで買えるので有利になる。

なので、競馬で稼ぐための第一歩は競馬ソフトターゲットを導入する事。

次に期待値の算出の仕方だが・・・・

重要なのは目に見える要素としてオッズだ。

競馬ソフトを使用しない場合は1点勝負で当てなければオッズが算出しづらい。

なので普通の人が競馬で稼ぐためには1点勝負の買い方ができる単勝しかないと私は思う。

単勝であればオッズが複勝と違って見れるので、期待値を算出しやすい。

では、どの単勝を買うかだが・・・・

結果的に1番人気は仕方がないが・・・・

最初からグリグリの1番人気は避ける事。

2倍台の1番人気は不問で避けるべきだ。

それ以上のオッズであれば、予想の精度と条件で変わってくる

さて・・・

ここからが過去にも記載したもう一つの要素・・・

的中率だ。

競馬のこれの算出が難しく労力がかかる。

この的中率と言う物・・・・

予想の仕方で変わるし・・・・

ある種いつでも比較できる物差しと言うか・・・・

常に同じ結果になる数値化できる予想方法を持っていないとそもそも算出ができない。

ここで予想方法が重要になってしまう。

私は馬の心肺機能を見るのに結果的にラップタイム理論による予想法が一番アプローチとして正しいのではないかと思っているが・・・

その他でも毎回同じ結果になる予想方法ならそれでもいいと思う。

そして・・・

その予想方法で過去の結果の統計を取り、的中率を全体と毎年で輪切りにして算出する事・・・

逆にターゲットを利用して、過去の競走馬のラップタイムを見れるのでそれで予想してどのくらいの的中率になるか計算する事。

私に競馬の勝ち方を教えてくださった方が、過去の的中率が一定であれば的中率×オッズ>100%なら負けようがないと言う話をされていた。

これは期待値と言う考え方そのものだけれども・・・

例年と全体の的中率が近似値であればアテになる的中率を算出できオッズを皿のようにしてみれば期待値100%超えも可能だ。

なので、予想結果がブレない予想法で的中率を算出する事。

これが物凄く労力がかかる。

そして働いた方がいいんじゃないかと言うほど労力の割に報われない。

期待値100%超えをしていたからと言って、必ず勝てるとは限らないし・・・

私の的中率は30%くらいなんだけれども・・・・

20連敗は当たり前のように起こるのだ。

その連敗も受け入れなければならないし・・・・

正しい事をしていても結果が応えてくれないストレスも耐えなければならない。

それほど競馬で稼ぐことは割に合わない事だと分っていてやろうとするのはありかもしれないが・・・

おすすめはできない。

勝っていても負けていても苦しいし・・・・

勝とうと思えば思うほど、結果的に浮いていても焦れるし、苦しい。

資金のマネジメントも重要だしブレないメンタル、自棄を起こさないメンタル・・・

勝負がない時に張らずに忍耐するメンタルが必要。

それだけそろえば何でも他の事できるんじゃないかと思うのだ。

ただ、それでも競馬で稼ごうと思うなら・・・・

茨の道を自覚して・・・・

期待値を稼ぐこと・・・

期待値を算出するために統計を取ると言った悪夢のような作業がある事。

正しい事をしていても20連敗する覚悟が必要な事。

資金を一定にパンクしないように張り続ける事。

勝負を選んで張れないレースを張らない事。

競馬ソフトを導入する事・・・・

ブレない予想方法を確立する事(ラップタイム理論による予想のような)

上記が必要になってくると思われる。

多少酒が入っているので、以前の他の記事の方がまとまりがあっていいかもしれないけれども・・・

リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする