函館スプリントステークスの過去の傾向と予想

スポンサーリンク

さて、もう夏競馬の醍醐味とも言うべき函館競馬が始まる。

そして今週は函館スプリントステークス。

早速過去の傾向を記載しようかと思う。

このレースだけれども、3連単の配当を見ると分るが・・・・

比較的荒れ気味だ・・・・

平均単勝配当も1220円と安田記念の平均単勝配当を上回る

そして、1番人気はほとんど連にも絡めていない。

勝ったのはカレンチャンとキンシャサノキセキで、ロードカナロアでさえ2着だったレース・・・・

G1勝てるレベルじゃないと馬券に絡めないのがこのレースの特徴だ。

そして荒れるときは人気薄の追い込み馬が追い込んでいる。

直線が短くカーブも緩くなさそうなので前かかりの競馬になりやすい。

なので、逃げ馬は楽にいかせてもらえず鼻を切っても大体沈む・・・・

そのため、2~5番手くらいまでの先行馬と・・・・

無欲の追い込み馬がよく来るようだ。

そのおかげで結構荒れる。

荒れるレースは私のように競馬ソフトを使用してのオッズ切を行う者にはちょうどいい。

そんなわけで早速荒れやすい重賞として考えていきたい。

まず1番人気想定は高松宮記念3着のナックビーナスだが・・・・

1番人気はG1馬になるような馬じゃないと殆どきていないのと・・・・

函館の洋芝は重いイメージがあって高松宮記念とか好走する馬だと適正が違うと思うのだ。

それに重賞の芝で1番人気から買うこと自体が期待値を下げているのでこれは軽視。

来られたら仕方がない。

そして2番人気想定がダイアナヘイロー・・・・

これも勝つときと負ける時が両極端・・・

今回はハマって勝つタイミングかもしれないが・・・・

これほどムラがある馬を2番人気で買うのはギャンブラーとして間違っている。

なのでこれも軽視だ。

3番人気想定がワンスインナムーン・・・

これも悪くないと思えるけれども・・・・

函館スプリントステークスは逃げ切りが難しいのでこれも軸にする気はしない。

もっと人気がなければ別だが、この人気では降りた方がいい。

4番人気想定がG1馬セイウンコウセイ・・・・

ここのところの負け方を見るとこれで4番人気は割に合わない気がするが・・・・

G1馬だし消し切るにはどうかと思う。

かといって本命にはしきれない。

5番人気想定がキングスハート

これは馬が5歳で若くて昨年差してきて2着の馬・・・・

適正もありそうだし、この馬はいいんじゃないだろうか・・・

誰が乗るかも重要だけれども・・・・

けれども5番人気で買いたい成績ではないんだよなあ・・・・

オーシャンステークス30倍で勝っての人気と言うと期待値が低い気しかしない。

6番人気想定が去年の覇者ジューヌエコールだ・・・

これ近走負けすぎだし、高松宮記念で120倍ついていた17着の馬をいくらなんでもG3で20倍前後で買うのは違くはないだろうか・・・

そそらない・・・

今のところキングスハートだけれども・・・

荒れると想定するなら違うよなあ・・・・

7番人気想定は去年キーンランドカップ買ったエポワスだけれども・・・・

流石に10歳・・・

そして今年2走目で三か月ぶり・・・・

かなり買いづらい・・・・

それだったら前走人気薄で勝って3年前の覇者ティーハーフの方が面白い。

前走も12番人気で勝ってフロックだと思われがちだが・・・・

相手がカラクレナイとかセカンドテーブルとかここに出てきたらそこそこ人気になってもおかしくはない馬・・・・

保留だが、本命候補・・・・

ライトフェアリーは前走前に言った組で残った馬・・・

侮れないので消し切れないが紐までかなあ・・・・・

ラインスピリットは美味しい馬で、いつも人気がないがいつも僅差の着差まで好走している。

これを紐で買わないのはありえない。

気になるのはヒルノデイバローだ・・・

休養明けだけれども去年のスワンステークス2着だし・・・・

これも実績の割には異常に人気がない・・・・

本命候補だ。

そしてユキノアイオロスは年齢的にもうきついが・・・・

結構頑張って走る馬・・・・

紐には抑えておきたい。

でもってアドマイヤゴットも近走は悪くないと思うのだよな・・・・

この馬絶対に抑えておきたい馬だ・・・・

そんなわけで荒れる想定で・・・・・

軸にしたい候補がキングスハート、ティーハーフ、ヒルノデイバロー、アドマイヤゴット

紐で絶対に買っておきたいのがラインスピリットとユキノアイオロスかな・・・・

後は枠と出走馬と新聞と調教採点とオッズ見て考えようかと思う。

荒れる傾向のレースなので、人気馬から行くのは違うかなと思っている・・・