マーメイドステークス過去の傾向と予想

スポンサーリンク

さて、引き続マーメイドステークスの過去の傾向と予想を記載したいと思っている。

まず1996年まで遡ってみたけれども単勝配当が1200円と荒れる安田記念の1100円よりもついていた。

これは荒れやすいのかと調べたところ、重馬場だった時に勝ったトーホウシャインと言う馬が単勝万馬券で買っており、平均配当を押し上げていることが分かった。

なのでそれを除けばそれほど大荒れするレースではない。

ただ、例年ハンデ戦だけあって中荒れが見込まれ3連単は10万馬券台が多い。

1番人気は過去21年で6勝と勝率が30%を割り込む

なので、配当を考慮してもやはり1番人気の頭は否定すべきだろう。

逃げ先行馬が強いので、これも人気がそれほどない前に行く馬を狙うのが正しそう。

かといって、逃げ先行同士でバシバシ決まるわけでもないので・・・・・・

1頭前に行く馬がいたら、1頭はある程度後ろからという組み合わせがいいのかもしれない。

エプソムカップ同様に、こちらも前に行く馬が結構馬券に絡んでいる。

ハンデの斤量にもよるが、ある程度前に行ける人気がほどほどの馬を積極的に狙っていきたい。

今年のマーメイドステークスはフルゲートになりそう。

で1番人気想定が前走福島牝馬ステークスを勝ったキンショーユキヒメ

いやいやいや、人気薄で勝った馬の次走人気は圧倒的に消し要素。

重賞を勝ったことでハンデもそれほど楽ではないだろうし、これはお飛びいただけると想定。

差し馬と言うのも傾向にちょっと合わない。

これが来られたら仕方がない。

2番人気想定がミリッサ・・・

これも1600万勝って、重賞で負けて2番人気と言うのは過剰人気に感じる。

これもこられたら仕方がないんじゃないだろうか。

3番人気想定がトーセンビクトリー

この馬確かに悪くないんだが・・・・

ここ最近の成績は田辺騎手が乗ってのもの。

田辺騎手とデムーロ騎手は騎手の中で特別競走の単勝だけ買っていれば勝てる上手い騎手。

その田辺騎手が乗っての成績が近走だとしたら、乗り替わったら当然落ちる。

なので、これも紐では買うけれども軸にするには頼りない。

4番人気想定はレイホーロマンスか・・・・

これは後ろからと言うのが気になるが悪くない。

軸候補としては保留だ。

まあ紐では絶対に買う。

5番人気想定はエテルナミノル・・・

これは追いかけている馬なので軸候補だが・・・・

この馬も前に行けないのでちょっと厳しそう・・・・

でも、追っている馬なのでこれまた保留。

6番人気想定がミエノサクシード・・・

実はこの馬結構強いと思っている。

阪神牝馬ステークスもある程度前につけての競馬ができていて0.4秒差・・・

これも軸候補だ。

にしても前に行く馬が少なすぎる・・・・

後ろすぎると余程の脚がないと厳しいし・・・・

となると無難なのがトーセンヴィクトリーかもしれないが・・・・

この負け方で人気と言うのはちょっと違うと思うのだ・・・

今のところミエノサクシードかなと思えてしまう。

後は愛知杯の時のようにエテルナミノルかワンブレスアウェイが前に行く想定で狙うか・・・・

どちらにしても追い込み馬を軸にはしたくない。

可能な限りマークの薄い前に行く馬を買いたいが、1000万勝ったばかりの馬ではちょっと心許ない。

1番人気とかで前に行って押し切ったならいいが・・・・

4番人気とかでマーク薄くて押し切った場合実力が足りない気がしている。

エマノンはそう考えると買いづらい・・・・

カワキタエンカがいたら迷わず本命だったメンバーだ・・・・

レイホーロマンスかエテルナミノルかミエノサクシードでオッズと斤量を考慮して考えたい。

ガチガチにはならない気がしている。

リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする