騎手良し、馬良しは賭け良し ピッツバーグ・フィル

騎手良し、馬良しは賭け良し

騎手下手馬良しは賭け少々

馬良し騎手並も賭け少々  ピッツバーグ・フィル

米国の超有名馬券師。

1800年後半から1900年あたりに活躍した伝説の馬券師。

本名はジョージ・E・スミス。

1905年2月に43歳の若さで死亡。

競馬はビジネスで、馬は格だと言う信念を持つ。

1900年代に競馬だけで500万ドルの資産を作り出した。

現状の円換算でも4億円だが、当時の貨幣価値を考慮すると、どれほどの資産か想像できるだろうか。

これは私も常々感じているが・・・・

ちょっと足りないと思わされる。

個人的に感じているのは騎手良し、馬良し、オッズ良し。

ここまできて初めて賭け良しだと思われるのだ。

このピッツバーグ・フィルも言っているが・・・

レース中はありとあらゆる不利が起きるのだ。

そして・・・

不利の度合いはオッズによって変動する。

オッズが低く、人気がある馬であればあるほど・・・

マークされ、他の馬がその馬を負かしに来るので不利を受けやすく好走しづらくなる。

だからこそ・・・

オッズ良しまで必要なのだ。

単勝1倍台の馬が何気に勝ち切れない要因もここにあると思っている。

現代では騎手良し、馬良しまででは足りない。

そこにオッズ良しも加味する必要があるだろう。

やはり見ていると・・・・

人気の先行馬などもマクリをしてくる人気薄の馬がいるとそこで脚を使わされてしまい他の馬に差されたりしてしまったりする・・・

やはりオッズまで加味する必要があるのではないかと思える・・・・

スポンサーリンク
レクタングル