ギャンブル勝ち組にみられる共通点その3

N島自己紹介

さて・・・

このネタ書くとき何かインスピレーションというか・・・・

何かを見て閃かないとネタにしづらいのだけれども・・・

書こう、書こうと思っていたので・・・

記載しようと思う。

今日は買い方だ・・・・

何気にBETの仕方というのは最も重要で・・・・

競馬においては予想よりも、買い方の方が重要だ・・・

どう考えても・・・

合成オッズが低すぎる馬券を購入していては必ず負ける。

以前に記載したととさんの馬券の購入の仕方を見ても・・・

無駄を削っているのだ。

それこそ前回の記事同様外れを受け入れる覚悟と同じ話になるけれども・・・

的中率と回収率は上限の決まった数字同士の掛け算になる。

例えば合計10という数字を分割して乗算して最大の数字は何かと言われれば・・・

5と5に分けて掛け算し25にするのが最大の数字になる。

つまり、的中率は高すぎても勝ちづらいし、低すぎても勝ちづらい・・・

回収率と的中率の最大限に発揮する数値というのは存在するはずなのだ。

的中率を90%とか目指すと・・・

多分、回収率は100%を割り込むことになるので・・・・

勝てない・・・

目的が勝つことだとしたら・・・・

的中率を下げて回収率を上げるのが正しい事になる。

そもそも当たり前の話だが・・・・

これも以前にご紹介したととさんに学んだことだけれども・・・

低すぎるオッズはどれだけ確信があろうとも買ってはいけない・・・

先日の宝塚記念のキタサンブラックに大金勝負とかはどれだけ確信があろうとも・・・

どれだけ自信があろうとも・・・

繰り返せば必ず負ける・・・

単勝1倍台の馬を買う事は・・・

その馬が不確定要素によってお飛びになる可能性を考慮すると勝率は絶対的にオッズを下回る・・・

だから勝っている人は必ずオッズ切をする。

オッズ切とは何倍以下のオッズは買わないと言う基準だ。

リンク先のギャンブル勝ち続けているぷほるすさんもそうだが・・・・

基本、自分の基準以下のオッズは買わない。

私もオッズ切をしているが、購入時間が早すぎると・・・

買ってはいけないオッズ帯の馬券を購入してしまう・・・

だけれども・・・

低いオッズは誰もが来ると思っている馬であり・・・・

低いオッズは安心感や信頼感を醸し出すため・・・

より不利なオッズになりやすいのだ。

誰もが来ると思っている馬は・・・

本来存在しているはずの、その馬が勝ち切る可能性よりも・・・

ずっと売れるため・・・

人気のある時点で最初から不利な負ける馬券を購入しているようなものだ。

だから・・・

何倍以下のオッズは買わないと言う確固たる信念を持ち・・・

オッズ切という買い方をしているのが勝ち組の買い方だ。

逆に・・・・

負けている人は低オッズに根拠もなくアイムオールイン勝負をしてしまっているし・・・

買い目に一貫性がない・・・

いつも参考にさせていただいている50万円のししゃもさんの2017年6月26日の記事の・・・

函館1R・・・

これは典型的に負ける馬券の買い方だ・・・・

14番の単勝を1K買われているのだが・・・

その他に・・・・

12-14のワイドに0.5K

1-12のワイドに3.5K

4-12のワイドに1K

14番単勝1K

の4点勝負なのだが・・・

この買い方・・・・

批判する気はないし、勝手に学ばせていただいているので感謝しなければならないのだが・・・

結構致命的で・・・・

遊びで全部0.1Kなら構わないんだが・・・・・

勝とうと思ったら購入してはいけない買い方だ。

というのも・・・・

どう当たっても無駄が生じる馬券だ・・・

買い方としては・・・

外れを受け入れる覚悟が必要なので・・・・

14番の単勝を購入しているのなら・・・・

この場合12-14のワイド一点のみ買うのは正しいが・・・・

1-12と4-12のワイドが無駄になってしまう・・・

的中した時は無駄がなく、すべて的中する買い方をしなければならない・・・・

また・・・・

このケースで言ってしまえば・・・

軸を決めてワイドを購入する場合・・・・

ワイドは2点までしか買うべきではない。

全部的中があり得ないので・・・

毎回無駄が生じる・・・・

この場合も・・・

14から2点流して買うのはありかもしれないが・・・・

14を外して馬券を買うのは勝てる買い方とは思えない。

そして・・・

合成オッズが何倍なのか不明だけれども・・・・

仮にワイド3点で合成オッズが3倍未満なら・・・

3倍未満にしている一番オッズの低い馬券をオッズ切で外して、上振れを狙って資金均等にして買う方が勝てる可能性があると個人的には思うのだ。

極力・・・

高いオッズのBET金額は下げない方が勝てる可能性がある・・・・

そもそも人気薄の高配当は先ほどの一番人気の低オッズと真逆で・・・

本来それが来る可能性よりも薄くBETされているので・・・

高オッズ帯ほどBETする者に有利になりやすいと思うのだ。

とまあ・・・・

個人的な見解なので正しいかどうかは何とも言えないし、ししゃもさんを否定する気も非難する気もないが、私が勝手に教えていただいたことを私のメディアで記載しているだけなので、それほどご迷惑は掛からないものだと思っている。

不快になる方がいらっしゃたら申し訳ありませんだ。

最初から100%無駄になる馬券を基本的には買ってはいけない

多点買いしている私はどうなんだと言われるかもしれないが・・・

一応合成オッズで考えている。

合成オッズとは複数の買い目を一点として考えた場合のオッズだ・・・・

例えば・・・

1-2 9倍

1-3 16倍

1-4 20倍

の3点を購入した時にその3点をグループAと考えて・・・

グループAを1点購入したら何倍か?

そのオッズで基準以下のオッズ切して購入している・・・・

だが・・・

ワイドの場合、そもそもの下限のオッズが低くて・・・

複数点購入するのは厳しいように思えてしまうのだよな・・・・

同様にこれまた個人的見解だけれども・・・

複勝は100%負ける券種だと思っている・・・

あれは16分の3等で当たるので・・・

本当に差がつきにくい・・・

また、当てたい人の欲求を満たしている

私よりだいぶ前から競馬動画を上げている某野菜の加工食品さんは・・・

複勝のみなので馬券では100%負けていると個人的には思われるが・・・・

youtubeの動画広告費が私の100倍はいっているはずなので・・・

馬券はちょい負けでいいはずなんだよな・・・・

多分、サラリーマンの手取りの倍以上の広告費があるはずなんだよなあ・・・

その目的のために、だいぶ前からいろいろな事をされていらっしゃるようだし、努力の対価としては正当なものだとは思うけれども・・・

多分、何年も前から地方競馬の協賛レースや競艇レースの協賛でセルフブランディングしているからなあ・・・

と話がずれたが・・・・

勝ち組は100%無駄になる馬券は基本的に購入しない・・・

購入するときは合成オッズで見て、グループで1点で購入したとして・・・

過去の統計による的中率と、そのオッズを掛け合わせて回収率が100%超えている馬券のみを購入している。

オッズ切という概念を持っている・・・

今日のネタは少し薄いかもしれないが・・・

買い方が最も重要だと知っているのが勝ち組の共通点で・・・・

買い方が雑なのが負ける共通点だと思っている。

外れを受け入れたうえでの買い方の工夫が大事だと思うのだ。

スポンサーリンク
レクタングル

コメント

  1. いちび より:

    全くそのとうりだと思います。自分も宝塚五万円のベットで馬連五千円と三連複2百円の27万ぐらいの回収でしたが、金額ではなく、すごい納得がありました。前日まではきたさん絡みを買う気まんまんだったからです。断然人気ほど怪しいものはないですからね~。

    • N島 N島 より:

      それはいい回収でしたね。
      断然人気の馬券は当たっても不利な馬券が多いので、それに大金BETは必ず負ける馬券だと個人的には思っていますよ。
      よく前日から変えることができましたね。

  2. てったん より:

    買い方は永遠のテーマですわ!
    僕は明日は勝負レース2鞍有りまして中京6レース10番と中京12レース14番の単勝を買います。自分で予想するのを諦めたし機械的に買うんですがちょっと寂しくなってしまう時もあります。
    N島さんのようにメンタル鍛えなくちゃ。

    • N島 N島 より:

      買い方は奥が深いですよね。
      新馬戦はなかなか買いづらいですがおめでとうございます。
      確かに勝とうとすると面白味はなくなってきますよね・・・
      私もメンタルを鍛錬中です・・・