思考を操る者の正体

スポンサーリンク
神奈川県社会人競馬サークル
さて、これは前々から考えていた事ではあったんだけれども・・・・ 今回の父の通夜で絶対にやろうと決めたのだ。 私は、社会人競馬サー...
復活した後輩のブログ

復活した後輩の競馬予想ブログ

泥沼の競馬予想

ようやく犯人を突き止める事に成功した。

そうだったんだよ・・・

ちょっと前に・・・

やる事為す事裏目で何もかもが間違った方を選択するように思考を操られているなと感じた事がある。

自分で考えているようで、そう考えるように仕向けられているというか・・・・

本当に自分で考えているんだろうかとかなり疑問を感じていたんだけれども・・・・

分かったのだ。

思考を操る者の正体が・・・

その犯人は・・・・

無意識の自分なんだよな・・・・

とその話をする前に・・・

本当はルール的には止めた方が良いレースだったんだけれども・・・・

感性がグイグイ、イケイケと推していたので・・・

ラッキーしか起きない私の感性がこれだけ推すんだから買うべきだなと思って後輩の推しレース中京12Rを勝負した

20210613中京12R的中

おかげさまで帯的中!!

こういうレースが多々あるといいんだけれどもね・・・・

でもって何故感性がこのレースを推したのだろうかとふと疑問に思ったんだよな。

裏目の時はあれほど避ければ当り、買えば外れるなのに・・・

何故今回は当たるタイミングで絶対の自信的な感性の推しがあったのか?

それは感性って自分の無意識の思考のサインというか合図なのではないかと思うのだよな・・・

ちょっと前に記載した長文のこの記事・・・・

さて、心理学者ウィリアム・ジェームズをご存じだろうか 結構座右の銘にしている人も多い言葉で・・・・ 「心が変われば行動が変わる。...

今、私は私にラッキーしか起きないと決めている。

何が起きても超絶ラッキー、超ハッピー思考

すべての事象は私がラッキーになるために起きていると決断したので・・・

儲ける者は信じる者と書くと言わんばかりに・・・・

自分にはラッキーしか起きないと決めた事を信じているんだよな。

でも結果的に言い続けてからラッキーしか起きていないし・・・・

上記の記事のように自分の過去や、今のラッキーな部分・・・

都合の良いところだけ切り取って記載していき読み直してみると・・・

どう考えても自分はラッキーとしか思えなくなっているし・・・

実際に客観的に見ても今の私はラッキーにしか見えないと思うのだ。

でもって、結果と言葉と決断が同じベクトルになるようになると、より自分の言葉と決断を信じるようになり、望む結果が訪れる。

正のスパイラルになってくれるわけだけれども・・・

自己啓発本やマーフィーの法則や・・・

名経営者の話にも、何度も記載しているが・・・

天とわくわくありがとうとか、ツイている変な人の話とか、仏様がとか・・・

論理教の信者からすれば否定したくなるような話が多かったりするのだけれども・・・

今ナウ、論理教の自分に起きている結果は果たして正しいだろうかと思ってしまうのだよな。

結果に否定され、肯定されていなければ多分間違っている。

もう望む物が何もないくらい今が満たされているのであれば、考え方も行動も受け止め方も正しいが・・・

そうじゃなかったら何かが間違っている。

でもって・・・

結構浸透している言葉に・・・

人間は自分が考えているような人間になるという言葉がある。

精神論だなんだという話になるとは思うんだけれども・・・

でもこれってセルフイメージもそうだけど正しいのではないかと思うのだ。

というのも・・・

ギャンブルに教えられたのだけれども・・・・

すべて自分で判断しているつもりでも、ピンポイントで間違いを連続して選択し続けてしまう時がある。

本当に考え方が間違えるよう、間違えるように考えるように仕向けられていて・・・・

何者かが自分をこう考えるように操っているというか・・・・

本当にこれは自分で考えているんだろうかと自分を疑う瞬間・・・・

去年なんか競馬でそうだったんだが・・・

買い方を絞ったら帯を取りこぼしたりとか・・・・

そうだな・・・

過去のスズカフューラーの時に500万馬券を取りこぼした時・・・

フラガラッハの時の一千万馬券を取りこぼした時・・・・

どちらも一瞬手をかけたのだけれども、結果的に間違える選択を自分で考えてやってしまっている。

そうビットコインが1ビット8銭だったときに1000円買おうかなと思ったけれども、結局やらなかった時もそうだ。

何故、自分はそう考えてしまったのか?

多分なんだけれども、思考を操る者の正体は無意識の自分・・・・

他の書籍とかの言葉を借りれば潜在意識ってやつなんじゃないかと思うのだ。

北斗神拳ではないが・・・・

人間は持っている能力の30%しか使っていないと言われる。

確かに常に全力で本気だったらすぐに死んでしまうんじゃないかと思うのだけれども・・・

火事場のクソ力と呼ばれている物も能力をフルに使っていない証明だと思うし・・・

マラソンの発祥となった42.195kmを本気で走り切って敵軍の接近を知らせて絶命した男も本気だっただろうし・・・・

ということはだ、脳も多分、自分の意識して使っている部分ってそんなに多くないんじゃないかと思うのだ。

よく翻訳の仕事をする人が脳を酷使しすぎて疲労するからチョコレートを小刻みに食べるなんて話を聞いたことがあるが・・・

翻訳くらいでもそれだけ脳を酷使することになってしまうのだから・・・

脳のフル回転なんてありえないんじゃないかと思うのだ。

てことは・・・

自分の意識で支配している脳の能力は一部分でしかないのではないだろうか。

大部分は自分の意識しないところの支配下にある。

西田文朗氏の書籍とかもあるが・・・・

その無意識が支配している脳に自分がどういう人間かを刷り込めば・・・・

自分の考えている人間になろうと勝手に補正しようとするんじゃないかと思えてきたのだ。

だからこそ、人間は自分が考えているような人間になる。

自分でラッキーしか起きない人間だと私は決めてしまったため・・・

無意識の私がラッキーなんだから現実を、思考に合わせなければ、認識レベルの事実と異なってしまい、矛盾を抱える事になるとラッキーになるように思考を操ってきているのではないかと思うのだ。

逆にいえば・・・・

確かになんだけれども・・・

自分にはラッキーしか起きないと決めるまで、なんでこんなに流れが悪いとかツイていないんだろうと薄っすら考えてしまっていたんだよな。

だから、無意識化の自分がツイていないと思っている人に現実を合わせなきゃパラドックスだと悪い結果が起きる方に思考を操ってくる。

でも逆にラッキーしか起きない人にアンラッキーを起こしたら矛盾が生じるため・・・

感性などにこうだよとサインを無意識が送ってくるんじゃないかと思えてきたのだ。

だからこそ、決める事げ重要なんだよな多分・・・・

自分がどういう人間かを・・・

20代の時にとっくに書籍に答えは書かれていたのに・・・

私にそれを本当の意味で、そのレベルで認識できるレベルにいなかっただけなんだよな。

だからこそ・・・

私以外の人も・・・・

皆自分にはラッキーしか起きない人に決めてしまった方がいいんじゃないかと思うのだ。

そんなわけで・・・

今日の勝負だが・・・・

まあオッズ的には普通なので・・・・

大勝負というわけでもないんだが・・・

当初エプソムカップが面白いと思っていたけれども・・・

いざ馬券を組んでみるとちょっと違う気がしてきた・・・・

なので・・・

お遊び程度に・・・・

買うのは予定通り、セダブリランテスとエアアルマスとヴェロックス・・・・

ガロアクリークとザダルと・・・

後輩のコメント見てアドマイヤビルゴかな・・・

G1で1番人気が負ける流れなので・・・

アルジャンナもメインで負けてくれるんじゃないかという気がしているけれども・・・

感性がなんか違うなと言ったので・・・・

ちょっと控えめにしてみたが・・・・

どうだろうな・・・

まあ今日は思いっきり回収できるような馬券の組み方していないので・・・

また来週かなと言った感じ・・・・

私にはラッキーしか起きないので、来週連勝を伸ばしてやりたい。