調教大将はいつか走る 競馬格言

N島自己紹介

調教大将はいつか走る 競馬格言

競馬格言の一つ

実戦ではイマイチでも調教となると俄然走る馬がいる

いわゆる「調教大将」と呼ばれる存在の馬であり、調教で走るのでレースでも人気を集まるのだが、結果はいつも案外

しかし、この手の馬たちは絶対に忘れない方がいい

調教でそれだけ走るのだから能力がないはずがない、能力のない馬が調教だけ走る訳がないのだから

要は気持ちの問題で、馬がその気になれば必ず走ってくる

特に、調教欄を見てオープン馬と併せている馬はチェックしておいた方がいい

調教師も走らない馬をわざわざオープン馬と併せたりはしない

これも非常にもっともらしい。

だが・・・

それだったら後輩の過去推奨とまるで同じだ。

いつか必ず走ってくると思う。

そのタイミングが難しいのであって、調教大将がいつ走るか分からないのであればあとはその精度次第だろう。

ただ考え方は非常に好感が持てる。

意図を読もうとしているのだから。

世の中の社会の基本だ。

確かに走らない馬をわざわざオープン馬と併せないだろう。

なんらかの意図があってオープン馬と走らせるのだから。

期待していると言えるのかもしれない・・・・

それでもオッズがつくようなら買ってもいいけれども、回収できないくらいの連敗の場合もある・・・

読めない以上、来るかもしれないと分かっていてもなかなか買いづらい・・・・

逆に考えれば、調教が良くて人気で負けてオッズがつき始めてからが勝負なのかもしれないが・・・・

永遠に来ない可能性もあるのでそれが難しい・・・・

ペイされない可能性もあるが、調教が良いうちは負けても狙った方がいいのかもしれない・・・・

スポンサーリンク
レクタングル