私は弱い賭人なのである。正攻法はとらない。そんなことをしたら負けてしまう。いつもゲリラ戦法。そして最近は「一撃離脱」 森巣 博

私は弱い賭人なのである。正攻法はとらない。そんなことをしたら負けてしまう。いつもゲリラ戦法。そして最近は「一撃離脱」 森巣 博

作家、ギャンブラー

ギャンブル系の小説を多々記載しているらしい。

確かにこれは私も思わされる。

普通に麻雀を打ち、正攻法で行くと10中8、9私が掴まされる。

何で?と言うタイミングでそれがそこにいる。

どっかできいた

そこに北はあるんだよ

というくらい・・・

そこでお前は掴むんだよと掴まされる。

そう掴む君なのだと気付いた時から・・・・

私も正攻法は捨てたのだ。

負けないようにするためには相手のミスを誘発すること。

逆にいえば・・・

相手が常に正解をし続けたら・・・・・

先ず勝てない。

でもってこの方は最近は勝ち逃げするようにしているらしい。

浮いた時点で即ヤメ。

スロットやパチンコに似ている。

そもそも私は浮いているポイントになかなか巡り合えないが・・・

うん・・・

スロとパチはミスの相手の誘発させ方が分からないので・・・・

やはりもう降りた方がいいのかもしれないと思わされる。

解釈のしようがないな・・・

でも、負けないためにはいつも正攻法で相手の思惑の内に入り込むなと言うことなのだろう。

奇手で相手のイメージを裏切れと。

阿佐田哲也氏の言葉にもある。

最初にイメージを植え付けそれを後から裏切っていくと。

そういうことなんだろう。

よくよく考えれば正攻法で勝てるのは圧倒的強者のみ・・・・

強くないのであれば・・・・

奇襲しかない・・・

戦国時代の島津家も基本的には奇襲しかしていない・・・・

スポンサーリンク
レクタングル