自己紹介

2005年3月1日より楽天ブログ「ギャンブルで大破滅」を11年運営しているN島です・・・

この度自由さを求めて独自ドメインのこちらに引っ越すことにしました・・・

こちらの方でもよろしくお願いします。

初めましての人もいるかと思いますので、簡単に自己紹介させてもらいます・・・

ハンドルネーム N島

生年月日    1979年11月21日

血液型     AB型

地域      神奈川県

略歴

1982年、34年前3歳の時にゲームセンターに置いてあったピカデリーサーカスというルーレットゲームにハマリ、それ以来ギャンブルの虜になる。

1994年、NECの98シリーズのPCを両親に購入してもらったことをきっかけにダービースタリオン2をやるようになる。ホワイトキュウコにはどうしても敵わなかった。

1995年、高校1年生の時にダービースタリオン3が熱狂的に流行り、例外に漏れず競馬好きになる。サイキョウクラウドは本当に強かった。

1998年、遠い先輩にブラック企業の象徴とされる創業者がいる都内某マンモス大学に進学をきっかけに競馬サークルに入るという暴挙を行い、府中競馬場のG1がある日は前日から徹夜で並び、開門と同時にゴール前一般席奪取のため、人間スプリンターズステークスに出走するようになる。

2000年、二十歳になったことをきっかけに、バイトとゲームとパチンコと競馬というサイクルを繰り返し、学校には週に1度1時間ゼミのみ出席という親不孝を行うようになる。

2002年、試験問屋として友人たちのノートの右から左を繰り返すことで、22歳にて無事卒業するも、4年間で勤勉さを損なわれた私は何も考えることができず、斜陽産業のブラック企業に入社するという新卒プラチナカードを最も切ってはいけないところで切る愚挙を犯す。

そして、就職氷河期という事もあったが、学生生活という温めの露店温泉から斜陽のブラック企業という極寒の地の旅館までの距離で風邪を患い、入社3日目にして3年以内の退社を堅く誓う。

毎月1回土曜出勤あり、早朝出勤別途あり、毎朝7時出の0時帰宅の繰り返しでの手取り18万程度の生活は生きている事の意味を問わされる。2016年に問題となった電通のT大卒の女性社員もこんな感じだったのだろう。

何のために生きているのか?そう思うようになったら、心の底から環境を変えることをお勧めする。

学生時代に何も積み重ねて来なかった者に社会は厳しく、社会生活におけるコミュニケーションの基本も理解できておらず、仕事の実績もまるで出せず、ブラック企業における視線も日に日に厳しいものになり腸炎を患うようになる。

それまでまともに挫折を味わった事がなかったため、現実の己を知り衝撃を受けると共に、このままで終われるかと思うも、ブラック企業で見返しても努力がいずれにしても報われないと思い、そこでの立場を完全に捨てることを決意する。

毎日、ビジネス本・自己啓発本を3冊以上読み、東大卒と同じ確率である1万人に1人しか読んでいないと言われるビジネス誌「日経ビジネス」を読み始める。

同時に日々のストレスでますます競馬とスロットにのめり込むようになる。

2005年1月、待望のブラック企業退社する。

この当時は25歳で25年間生きてきた中でこの会社を辞めた事が一番嬉しかった。

最後の方は読書の効果か新規で大手を取れたこともあり、見返したと思っているが、なんでお前なの?と質問された事で退社が正解だったと確信する。

2005年3月、楽天ブログを開始する。ここからスロットで1年を暮らす。

この当時はスロットも楽天ブログも全盛で知識だけで勝てたが、今は懐かしい。

私のスロット生活は2005年3月から2006年の3月のぴったり1年だった。

興味がある方は、引っ越し前のブログを読んでいただければと思う。

2006年3月、5号機になるとはいえ、まだスロットに活気があったし、景気がよさそうだったのでP業界のメーカーに入社。

まさか規制RUSHでこんな斜陽産業になるとは思っていなかったが、一般的にイメージが悪いためか、他の業種に比べてライバルとなる相手が弱いこともあり、利益率も高いので間違っていたとは今でも思わない。

ここから競馬のレートが上がることになるが、いまだに張り続ける事ができている。

2017年現在、新しい事を始めようとブログ引っ越しを決意。

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする