土俵際いっぱいで粘るのではなく、押し出されてから粘ろうとする キャプテン渡辺

N島自己紹介
スポンサーリンク

投機格言・ギャンブル名言・格言・金言

土俵際いっぱいで粘るのではなく、押し出されてから粘ろうとする キャプテン渡辺

キャプテン渡辺は、日本のお笑いタレント。

パチンコ店のクズな客のあるあるネタが最初の定番ネタとなり、このネタから発展してスーツ姿、上半身裸にハーフパンツ姿、居酒屋の店員、弁当屋の店員、警備員など色々な格好で「〜だよ!」と言った言い切り口調での「クズ漫談」「あるある漫談」であらびき団などに出演。

ウィにング競馬に2017年現在出演中

パチンコ屋のイベントで競馬の解説など行っているが、自信あって外れると仕事中にもかかわらず本気で腐る正直者。

中野シェイプレスの地下でゴットとブッダと言うチェリーボーイかんちゃまと月に一回ライブをしているが・・・

チケット価格が前売:1000円

当日:24億円

というなかなかの格差社会をチケット価格に投影している。

競馬で本命が神がかり的にお飛びいただける。

逆張りに最も向ているかもしれない。

これは準備について考えさせられる・・・

桜井章一氏の言葉に強い人は間に合うと言う言葉があり・・・

制限された時間の中で・・・・・

間に合うようにするというが・・・

これは真逆・・・

制限時間過ぎてから頑張っても意味がない・・・・

反面教師として考えさせられる言葉だ・・・・・

試合が終わってから本気出したって・・・

昔好きだった追い込み馬ナムラホームズのようなもの・・・

ゴール板過ぎてから他馬が止まって見える・・・・

でもそれじゃ意味がない・・・・

この言葉は・・・・

時間マネジメントの甘さを指摘しているのかもしれないな・・・・

そんなことを思わされる・・・

過ちもまた学習の宝庫だ・・・

土俵を押し出されてから粘る・・・

よくよく考えると、思わされることが多い言葉だ・・・・

スポンサーリンク
レクタングル