競馬で勝つ人は勝ち続け、負ける人は負け続ける ピッツバーグ・フィル

競馬で勝つ人は勝ち続け、負ける人は負け続ける ピッツバーグ・フィル

米国の有名馬券師。

1800年後半から1900年あたりに活躍した伝説の馬券師。

本名はジョージ・E・スミス。

1905年2月に43歳の若さで死亡。

競馬はビジネスで、馬は格だと言う信念を持つ。

1900年代に競馬だけで500万ドルの資産を作り出した。

現状の円換算でも4億円だが、当時の貨幣価値を考慮すると、どれほどの資産か想像できるだろうか。

これもそうだろう。

勝つのは偶然、負けるのは必然という言葉もあるが・・・

負けるには負ける理由が必ず存在している。

その理由を探し、改善もしなければ・・・

必然的に負ける。

競馬に限らず・・・

何故負けたのかを分析し改善しない限り・・・

未来はない。

負けた理由なんだろうか?

振り分けで負けただけなのか。

買い方が悪かったのか。

考え方が悪かったのか・・・

それを探る者にしか未来はこないのではないだろうか・・・

結局のところ、本人の心の状態が重要で、勝つ人はちゃんと管理ができている人であって、負ける人はそうではない人だと今の私には思える・・・

人間の心は弱く、すぐに良績を求めて、我慢ができない人は負けるのだと思う・・・

スポンサーリンク
レクタングル