「市場は常に間違っている」というのは私の強い信念である。 ジョージソロス

N島自己紹介
スポンサーリンク

投機格言・ギャンブル名言・格言・金言

市場参加者の価値判断は常に一方に偏っており、その支配的なバイアスは価格に影響を与える

私が確かに人より優れている点は、私が間違いを認められるところです。

それが私の成功の秘密なのです

言わずと知れたジムロジャースと共にクォンタムファンドの創設者。

10年間で3,365%のリターン。

これは投資という分野においては驚異的な数字。

競馬と違いロットが違うのに33.65倍。

イングランド銀行にポンドの空売りを仕掛けて銀行を潰した男として有名。

ウォーレンバフェット氏と並び投資家のレジェンドであるが、バフェット氏が英雄的な扱いをされるがソロス氏はヒールとして扱われることが多い。

この考え方は個人的には超重要だと思っていて・・・・

基本的に普通の発想自体が大体間違っているのだ・・・

常識が仮に正しいとしたら・・・・

何故、常に常識的な人は羨ましい結果を出していないのだろうか?

一般的に正しい事は決して正しいとは限らない・・・

ギャンブルをやっていると正しい事を実践していても正しい結果になるとは限らず・・・

かといって正解が教えられるわけではない・・・

そして・・・

大体の人は自分が間違っているかもしれないとは考えられない。

常に自分が正しいと思っているのは人間の性だけれども・・・・

間違っているかもしれない事を理解できないと進化はない。

そして・・・

自らの過ちに気づけない人ほど、他者に否定的・・・

自分は他者を否定していないだろうか?

それをしているようでは先がない・・・

間違いを認められることが成功の秘密と結果を出しているソロス氏が言っているのだとしたら・・・

大体の人は間違いを認められない、気づかないのだ・・・

そして・・・

間違っていなかったとしても・・・

結局自分を信じきれないと、何も為せない。

さて・・・

正解を見つけても、それを信じれなければそれも過ち・・・

結局は何を信じるかだな・・・・

何度も思わされる・・・・

スポンサーリンク
レクタングル