生涯2度目の屈辱

N島自己紹介
スポンサーリンク

Last updated  2005/06/29

を味わいました。
私は先日破滅したため、金銭を所持していなかった。

そこで・・・・

ただでさえヒリツキジャンキーとして常人に一歩及ばない脳を抱えている私は、自宅にいては暑さでさらにそれを崩壊しかねないと判断し・・・

外出した。

安価で涼を取れるところはどこだろう・・・
と彷徨い歩いた結果・・・・

私はゲームセンターへと吸い込まれていった。

店内で涼みながら徘徊していると・・・・
麻雀ゲームが目に付いた。

私はポケットから100円玉を取り出すと・・・・
その投入口に投入した。

この時は・・・・
まさか、生涯2度目の屈辱に見舞われることになるとは思いもしなかった。

コイン投入をゲーム機が認識し・・・・
スタートボタンを押す。

サイコロは・・・トイ7とジ9を表示した。
コンピューターが親だ。

配牌が4枚ずつ配られる。
12枚目まで配られた時・・・

私は快勝を確信した。
中3枚、白2枚、發2枚・・・・

さすがゲームだ。
大三元がほぼ確実に思える。

そして残りも・・・
1万、2万、3万、8万、9万の12枚。

そして最後の1枚は9万だった。

できすぎだ。
さすがゲーム。

さあ、始めよう!!
その瞬間・・・・

私は信じられないものを目にした。

それは・・・・

コンピューターの手牌が倒されて、天和とかいてあったのだ・・・

私は一牌もツモることなく、何かを選択することの無いまま・・・

席を立たされた。

私がやったことといえば・・・・
コインを入れたことだけだ。

ゲーム画面には・・・

コンテニュー?

とかかれている。

するわけないだろっ!!
ゲームにすら舐められているのであろうか・・・・

これでゲームセンターの麻雀ゲームに天和を喰らったのは生まれて2度目だ。
ふざけないでくれ。

ゲームのコンピューターは天和や地和は禁止だろう。
私は憤り、店を後にした。

なんか・・・
私が悪いことをしたのであろうか・・・?

その時、思い出したのは高校一年生のときだ・・・

麻雀を覚えたての私は、面白くて仕方がなく、当時のお小遣い事情では50円玉握りしめてゲームセンターに通うのが精いっぱいだった・・・

そして、50円1枚しかなかったとしても、下校時にゲームセンターに寄ったりしたものだった・・・

その日、50円しかなかったが、私はゲームセンターに向かい、麻雀ゲームにその1枚きりの50円玉を投入した・・・

麻雀が楽しくて仕方がなく、わくわくしていた・・・・

どんな配牌がくるかな・・・・

期待に満ちたキラキラした目で画面を見つめていた時だった・・・・

流れ作業のように、配牌が配られ・・・・

僅か一度きりのチャンスの麻雀ゲームに取り掛かろうとしたその時・・・・

死刑宣告のような黒い悪意に満ちたオーラを纏った天和という文字を見たのだ・・・・

私は、店員に何もいう事も出来ず、わざわざ寄り道して投入した50円玉で何もできないままとぼとぼと自宅に帰ったのを覚えている・・・・

あの時以来・・・・

歴史は繰り返すという言葉を思い出させられる・・・・

最強法法則ブログランキング

↓競馬ブログランキング応援クリックお願いします


競馬ブログランキングへ

N島チャンネルとLINE

↓N島のyoutubeです。チャンネル登録お願いします。

宇宙一ツイているギャンブラーN島の今日こそは巻き返すTV

N島のLINE@

ID @gsa9996k

LINE@ QRコード

LINE@ 友達申請

友だち追加

関連広告
スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログ村
ブログランキング
スポンサーリンク
レクタングル