買いを入れるのは他の投資家がレミングのごとく一斉に売りに傾くときです。 ウォーレンバフェット

投機格言・ギャンブル名言・格言・金言

買いを入れるのは他の投資家がレミングのごとく一斉に売りに傾くときです。 ウォーレンバフェット

私が投資をするときに誰を真似すべきかと何年も考えた結果この方になった。

オマハの賢人。

株式投資のみで世界第二位の資産を築いた投資家。

最も息が長く最も結果を出した尊敬すべき人物。

バークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。

運用成績としては複利計算で約21%のリターンを40年以上に渡って出している。

これも基本だ。

株でも馬券でも、過小評価の物を買わなければならない。

気がないときに買い、人気があるときは売る。

売の基本であり、ギャンブルにも等しく同じことが言える。

馬券でも人気薄が人気馬になった時嫌い、人気馬が人気薄になったときに買うべきだろう。

同じバフェット氏の言葉だが、原則は決して変わらない。

これを基本として考えてわかったのだが・・・・

暴落が来ない限り株式を買えないのは変わりない。

ということは・・・・

暴落が来たら儲かるポジションをもって・・・・

ひたすらその時を待つべきなのではないかと思えたのだ・・・

それこそ・・・

長期投資もそうだけれども・・・

長期暴落待ちもありなのではないかと・・・・

そこでFXの円高待ちでショートを入れたのだが・・・・

ずっと我慢の展開が続いてる・・・・

これで・・・

とんでもない円高が来るような・・・・

そんな暴落が来るまで・・・・

長期ショートもありなのではないかと思えるのだ・・・・

実際に不穏なこの世の中では何が起きるかなんて誰にもわかりはしない・・・・

ひたすらその時が来るのを待ちたい・・・

一斉に投資家が逃げ出すときに・・・

ただ・・・

暴落の初期であれば即売りして買いなおすは結構有効な手段だと過去の経験に学んでいる・・・

恐れを克服し、忍耐する事・・・・

ギャンブルの真髄はそこにあると思っている・・・・

スポンサーリンク
レクタングル