相手にひとつのイメージを与える。次にやることはそのイメージを裏切っていくことだ。それが勝負なのだ 阿佐田哲也

N島自己紹介

投機格言・ギャンブル名言・格言・金言

相手にひとつのイメージを与える。次にやることはそのイメージを裏切っていくことだ。それが勝負なのだ 阿佐田哲也

ご存じ雀聖と呼ばれた「麻雀放浪記の著者」

麻雀は運の奪い合いという思想をもっている。

麻雀をしていて「朝だ、徹夜だ」という言葉からとったペンネームらしい。

20年ほど前に少年マガジンでやっていた「哲也」もこの方の作品がモチーフになっている。

これも相手の読みの裏をかけと言っている。

降りるにしても降りているように見せない。

向かっているように見せなければ舐められて被される。

恐れさせなければ麻雀も他の勝負も勝てない。

そういうことの典型的な言葉だろう。

丁度先日サンマーをしてきたが・・・・

私は基本面前派なので・・・・

そういう癖が分かっているとか言われたので・・・

とことんダマにしてやったら・・・

結構勝てたものな・・・・

相手が自分をどう思っているかを察したら・・・・

勝負事においてはそのイメージが崩れるようなトリッキーな仕掛けをすると有利に事が運ぶかもしれない・・・

麻雀をすると思うのが・・・

いい流れの保持の仕方が難しいよなあと・・・

ミスはしていないつもりなんだけれども・・・・

どこかにミスがあるのだろうな・・・

2択で間違えたりとかすると顕著な気がするけれども・・・・・

スポンサーリンク
レクタングル