ぼくのワザのコツは出る引くを不徹底にしないことだ。勝てると思う時は徹底して出る。勝てないと思えるときは、絶対に出ない 阿佐田 哲也

投機格言・ギャンブル名言・格言・金言

ぼくのワザのコツは出る引くを不徹底にしないことだ。勝てると思う時は徹底して出る。勝てないと思えるときは、絶対に出ない 阿佐田 哲也

ご存じ雀聖と呼ばれた「麻雀放浪記の著者」

麻雀は運の奪い合いという思想をもっている。

麻雀をしていて「朝だ、徹夜だ」という言葉からとったペンネームらしい。

20年ほど前に少年マガジンでやっていた「哲也」もこの方の作品がモチーフになっている。

中途半端は最もいけない。

確かにそうなのかもしれない。

八方美人と同じだ。

敵もいないが、味方もいない。

誰からも好かれる誰からも嫌われない人間なんか無関心の対象でしかない。

好きの対義語は決して嫌いではないとよく言われている。

そう対義語は無関心。

興味がないこと。

そう考えると、誰にも嫌われない人間なんてものは究極的に真の意味では嫌われているのかもしれない。

半端が招く実例なんじゃないかとふと思わされる。

にしても麻雀も競馬もそうだが・・・・

押し引きの徹底はよく言われている・・・

そして・・・・

それができること自体がセルフマネジメントでもある・・・・

正しく状況を把握して感情的にならずえいやの勝負をせずに勝てるタイミングを待つこと・・・・

これが重要だと思わされる・・・・

スポンサーリンク
レクタングル