勝つ方も、負ける方も、同じように何かを失う。勝つ者の方が、大きいものを失うことが多い 阿佐田 哲也

N島自己紹介

勝つ方も、負ける方も、同じように何かを失う。勝つ者の方が、大きいものを失うことが多い 阿佐田 哲也

ご存じ雀聖と呼ばれた「麻雀放浪記の著者」

麻雀は運の奪い合いという思想をもっている。

麻雀をしていて「朝だ、徹夜だ」という言葉からとったペンネームらしい。

20年ほど前に少年マガジンでやっていた「哲也」もこの方の作品がモチーフになっている。

一体どんな勝ち方してきたらこうなるのか想像はつかないが・・・・

どう思われてもいいという覚悟が必要なのかもしれない。

何かを得ようと思ったら、何かの対価を差しださなければならない。

勝つことによって差しだした対価は一体何なんであろうか?

想像はつかないが・・・・

ただ、これはよくよく考えると分からなくもない・・・

オリンピックではないのだから・・・・

正々堂々戦ってのお互いの健闘を称えるようなことにはならない・・・・

イカサマなどを駆使しながらどうにか裏をかいて・・・・

となれば恨みも残るし、縁も途切れるだろう・・・・

そう考えると・・・

負けたら失うのは金くらいかもしれないが・・・・

勝つとより大きな物を失うのかもしれない・・・・

桜井章一氏のエピソードとか読んでいても・・・・

安全も失うかもしれないなと思えるし・・・・

スポンサーリンク
レクタングル