博打病患者には二種類あり、陽気なタイプと陰気なタイプがある。そして陰気なタイプのほうが強い 阿佐田 哲也

博打病患者には二種類あり、陽気なタイプと陰気なタイプがある。そして陰気なタイプのほうが強い 阿佐田 哲也

ご存じ雀聖と呼ばれた「麻雀放浪記の著者」

麻雀は運の奪い合いという思想をもっている。

麻雀をしていて「朝だ、徹夜だ」という言葉からとったペンネームらしい。

20年ほど前に少年マガジンでやっていた「哲也」もこの方の作品がモチーフになっている。

これに関してはよくは分からない。

分からないが・・・

陰気な方が、相手を自滅へと追い込むのが巧そうなイメージがある。

陰気なタイプとギャンブルやった記憶がないので分からないが・・・

雀聖が言うくらいなのだからきっとそうなんだろう。

と当時は思っていたが・・・・

これは今なら分かる・・・・

陽気な者は他にも選択肢があるので執着が薄れるが・・・・

陰気な者はそれしかない・・・・

そうなると、執着が違う・・・

かけた時間と努力の分だけ物事は差が生まれるようにできいている・・・・

そして・・・・

陽気な者は信じるが陰気な者は疑う・・・・

その執着の差なのではないかと私は思うが・・・・

どうだろうか・・・

それしかない人間は強いかもしれないな・・・・

そんなことを思わされる・・・・



・自己紹介
http://daihametu.com/profile

・youtube
https://www.youtube.com/channel/UC9otcP-so8g8qV8wNUkWyqw

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。