私は弁護士かプロのポーカープレーヤーの道のどちらかを選ぶことに迫られた。そしえより名誉ある選択を選んだのだ。 デビッド・チップ・リース

私は弁護士かプロのポーカープレーヤーの道のどちらかを選ぶことに迫られた。そしえより名誉ある選択を選んだのだ。 デビッド・チップ・リース

ポーカープロ

なんとなくだけれども・・・

より好きな方を選択しろと言っている気がする。

ウォーレンバフェットの言葉にもあった。

今、楽しめないものを今後10年間に楽しむことが出来るでしょうか?

たぶん、それは無理でしょう。

今、好きなことをやりなさい。

それと同じだ。

一番好きなことを選択すべきと言っている気がする。

一般的に考えればポーカープレイヤーが弁護士よりも栄誉があるとは思えない。

好きであれば本人にとってそちらがより名誉な選択なのだろう。

こう言える仕事をしなければ駄目だろうと思わされる。

ただ・・・・

思うのだが、普通の仕事ってのはそれほど常に自分を試されない・・・

投機的な内容においてはすべてがセルフマネジメント・・・・

社長と同じだ・・・

資金マネジメントもそうだし、セルフマネジメントもそう・・・・

雇われの身の弁護士とではより求められる物が違ってくるだろう・・・

もちろん独立したらまた別だが・・・

弁護士業は失うことはほぼない・・・・

そう考えると・・・

より苦しい方の選択をしたことが名誉となっているのかもしれない・・・・

スポンサーリンク
レクタングル