ルーレットの必勝法。馬鹿に徹して単純に考えること。ゲームの初めから終わりまで常に自己を抑制し、興奮しないこと。 ドストエフスキー

ルーレットの必勝法。馬鹿に徹して単純に考えること。ゲームの初めから終わりまで常に自己を抑制し、興奮しないこと。 ドストエフスキー

ロシアの小説家

「賭博者」や「罪と罰」が有名。

ドストエフスキーは賭博中毒者であったらしい。

上記発言は知人にルーレットで勝つ方法を伝授した時の言葉

果たして上記が必勝法なのかと疑問を感じるのだが・・・

シンプルイズベストは間違いない。

よくウォーレンバフェット氏が言っている。

物事は単純化させることが正解にもかかわらず、難しい方が価値があると盲信する人間を納得させるために単純なことを複雑化させると。

確かに、愚者は単純な事を複雑化させ、賢者は複雑なことを単純化するという言葉を聞いたことがある。

セルフマネジメントは必要だろう。

だが、果たしてこれが必勝法かと言われると違うんじゃないかと思うんだが・・・

必勝法ではなく、負けにくい方法なのではないかと思うのだ。

皆、同じことを言っている・・・

感情に支配されず、資金と自分をコントロールしろと・・・

これは私も本当にそう思う。

競馬においても連敗すると腐りたくなるし・・・・

感情的に負の感情を抱きがちだ・・・・

そして・・・

連敗中は未来を恐れるようになる・・・・

恐れを抱いたら負けだと言うのは良く分かるが・・・・

だから・・・

ルールが必要なのだよな・・・・

感情にブラされないために・・・・

ルールを守っていれば、大丈夫と言う確信があるのであれば・・・・・

それこそ村の伝統というレベルに頑なにそれを守る必要がある・・・

期待値が高い行為を繰り返していれば、どれほど偏ろうとも継続できる限り負けることはない・・・・

それが遅々として進まず焦れるかもしれないが・・・・

それでも・・・・

いつか必ず勝てる・・・

問題はそれが継続できるかどうか・・・・

社会生活においても一緒だよな・・・・

セルフマネジメントと感情のコントロールは・・・・・

スポンサーリンク
レクタングル