命金には手をつけるな 相場格言

命金には手をつけるな 相場格言

これも著名な相場格言のひとつ。

負ける余裕のない金をリスクに晒せば、精神状態は極度に不安定になる。

そして、致命的なダメージを負う。

企業家が滅するのも基本的に復活ができないほどのダメージを負うからだ。

成功するまで継続するが唯一の正攻法であり成功法だとしたら・・・・

最初の時点でもう負けている。

常に再帰が図れる退路を用意しておけと言うことなのだろう。

と当時は思ったけれども・・・・・

これはある意味人の心の弱さを指しているように見受けられる・・・・

焦燥感に包まれると選択を間違える・・・・

そう人の心は基本的には弱いのだ・・・

昔の格言にそれを再認識させられる・・・・

スポンサーリンク
レクタングル