ギャンブルは毒だ。勝ちには上限があるのに、負けは底なし。負けている時ほど分別をなくす。 塩崎利雄

N島自己紹介

ギャンブルは毒だ。勝ちには上限があるのに、負けは底なし。負けている時ほど分別をなくす。 塩崎利雄

日本の競馬評論家。

その型破りな生き方から極道記者の異名をとった。

1965年に東京スポーツに入社し、1982年に東京スポーツを退社。

ケイシュウニュースを経て、その後1986年から日刊ゲンダイ紙上で、自らの馬券生活を題材としたリアルタイム小説『止まり木ブルース』を連載していた。

負けているときほど・・・・

被せるように判断を誤るといった感じが個人的にはするが・・・

概ね正しいかもしれない。

不調タームが4カ月も続くと・・・・

この言葉が身にしみる。

そう・・・

負けているときほど・・・・

どういうわけか判断を必ず間違える。

一貫性をもって臨んでも駄目、降りても駄目、立ち向かっても駄目。

パチンコもスロットもまるで当たらず・・・

競馬は必ず紐抜けか順番間違え・・・・

麻雀は上がりに向かえば必ず掴む・・・

回りきった毒を解毒する方法は皆目見当がつかない。

一度は・・・

究極の不調タームに漬からないと・・・・

この言葉は響かないかもしれない・・・

まあ、それでも・・・・

正しい事を可能な限り続けていけば・・・・・

必ず正しい結果をもたらせる・・・

毒になるのは心がその毒に負けてしまっているからだ・・・

ぶれければ・・・

方法が間違っていない限り・・・・

床は抜けないと私は思っている・・・・

スポンサーリンク
レクタングル