勝負の時は、相手を間違えるな。 アマリロ・スリム

N島自己紹介
スポンサーリンク

勝負の時は、相手を間違えるな。 アマリロ・スリム

ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)で、1972年に初優勝し、1990年までに合計で4個の優勝ブレスレットを獲得。

1992年にはポーカー殿堂入りを果たしている名プレイヤー

これは麻雀にもある言葉と同じ。

死ぬ敵を狙え。

勝負は手配でするものではなく、勝負する相手と勝負するもの。

孫子の兵法書と同じではないか。

勝てない相手には挑まず勝てる相手に戦いを挑む。

そう・・・

麻雀でも流れが固定化してくると・・・

必ず掴む状況に陥る者が出てくる。

勝負はこの掴む相手とだけすべきなのだ。

戦国武将でも、戦場でも・・・

当たるべきではない相手には銃弾は当たらないと言われている。

その逆と考えればいい。

当たる奴には必ず銃弾が当たるのだ。

その死にゆく者を狙えと言うことなんだろう。

麻雀でもそうなんだけれども・・・・

誰に勝たなきゃいけないかを意識していないと、トップは取れないし・・・・

だんだんと流れが悪くなってくる・・・・

仕上がっている者の足を引っ張り・・・・・

自分が勝てる状況を作る必要がある・・・・

誰と勝負をするかは、手が勝負手かよりも重要かもしれない・・・・・

スポンサーリンク
レクタングル