いわゆる「ツキ」というのは時には予想のファクターになります。メジロマックイーンの「運のなさ」がそれを教えてくれたね 大川慶次郎

N島自己紹介
スポンサーリンク

いわゆる「ツキ」というのは時には予想のファクターになります。メジロマックイーンの「運のなさ」がそれを教えてくれたね 大川慶次郎

ご存じ競馬の神様と呼ばれた予想家。

予想家としては通算4度パーフェクト予想を達成した。

亡くなる直前に有馬記念でグラスワンダーの優勝を予想していたのを記憶に残っている。

上記のコメントはメジロマックイーンについて。

いわゆる「ツキのある・なし」というのは予想をする上である程度尊重しなければならないファクターだ、と僕は思います。

平成3年の秋の天皇賞で、1位入線しながら進路妨害で18着に降着処分、乗っていた武豊君が3週間騎乗停止のペナルティを課された事件がありましたが、もちろんあの降着はマックイーンと武豊にツキがなかったから、とはいいません。

でもそのわずか2ヵ月後に、有馬記念でマックイーンが自身レコードタイムで中山2500Mを駆け抜けたのに、足もとを14番人気のダイユウサクにすくわれて2着。

あれを見た時に、「ああ、この馬は今完全にツキに見離されているんだ」と心底思いました。

確かに人でもなんでもそうだが・・・

ツキを感じない時は何やっても駄目・・・

ただ・・・

それが長い場合どうするのか・・・

自分の逆張りが一番正しいときもあると思うのだが・・・

その逆張りをすると思う発想自体が罠だったりする。

こんな偏重ありえないと思うようなことが平気で起きて、確率を軽く超越してくる。

もし確率が収束するのだったら・・・

軽く宝くじ当選4連続分くらい引いている。。

流れの有無・・・

そこは是が非でも考慮に入れるべきだろう。

流れがないことが分かったら・・・

その捻じ曲げ方はどうするのか?

個人的にはそれが気になって仕方がない。

未だに良い答えを私は持っていない。

それと同時に・・・・

見えざる物を信じない者で大成した人を私は見た事がない・・・・

見えない物は存在しない物ではない・・・

ツキもそうだけれども・・・・

桜井章一氏も天運や地運という表現をしているし・・・・

バフェット氏でも愛情が100万ドルで買えるなら安いものという見えない物に対する価値を認めている・・・

同時にビジネスでも突出した人は京セラの稲森氏もそうだけれども仏を信じている・・・・

たまごボーロの故竹田和平氏とかもそうだったな・・・・

ツキも私は存在すると思っているし・・・・

理論だけじゃ詰め切れないところは往々にしてあるものだ・・・・

スポンサーリンク
レクタングル