前の2頭はもうどうでもいい 杉本清

前の2頭はもうどうでもいい 杉本清

ご存じ競馬実況の名アナウンサー。

元関西テレビアナウンサーで、現在はアライバルに所属するフリーアナウンサー、タレント、競馬ライター。関西放送記者クラブ会友。

「関西競馬実況中継の神様」と謳われ、数々の名台詞で知られる。

昔とんねるずとハンマープライスという番組に出ていたのを思い出す。

92年の大阪杯。

トウカイテイオーが故障から復帰した大阪杯の実況で3コーナーの時。

当然、みんなの注目はトウカイテイオーだったが、4コーナーでイクノディクタスが先頭に、2番手にゴールデンアワーがやってきた。

すると、テレビのカメラがその2頭に寄ってトウカイテイオーが画面から外れてしまった。

そのレースは勝っても負けてもトウカイテイオーが主役のレースでした。

なので内心「トウカイテイオーを映せ!」と思いましたが、実況中で言うことができない。

それでつい「前の2頭なんてどうでもいい!」と実況してしまったとのこと。

感情的で好感が持てる実況だが・・・・・

今だったら、馬主や関係者からクレームとか入るんだろうなと思えてしまう・・・・

国の景気が良く、競馬に勢いがあった時は寛容な社会だたっと思うのだが・・・・

今のように、小さくまとまってしまうと・・・・

魔女狩りのような社会になる・・・・・

こういう実況はもう聞けないんだろうなと思えてしまう・・・・

形や決まりから外れることを恐れる社会が・・・・

こういう捻りというか機転を許さない・・・・

古き良き時代というと笑われるかもしれないが・・・

寛容さがあった社会には個性があったよなあと思えてしまうのだ・・・・

まあ、かくいう私もリアルタイムに聞いた実況ではないけれども・・・・・

スポンサーリンク
レクタングル